琉球ドラゴンプロレスリング『那覇バトルフェスタ3』

琉球ドラゴンプロレスリング『那覇バトルフェスタ3』

会社設立 那覇市

琉球ドラゴンプロレスリング『那覇バトルフェスタ3』

詳細について 会社設立 那覇市



このページでは、沖縄県・那覇地方法務局の商業登記・不動産登記の管轄区域についてご案内しています。

那覇地方法務局の各局・出張所では、商業・法人登記と不動産登記で管轄区域が異なっていますので、ご注意ください。

合同会社(LLC)設立サポートでは、沖縄県の合同会社・電子定款をサポートしています。

沖縄県で合同会社・電子定款をお考えの方!お気軽にご相談ください!

(電子定款のみのご依頼も歓迎致します! → 合同会社−電子定款Bコース)

印紙税4万円が不要になります! 合同会社 電子定款    6,800円(全国対応可) 印紙税4万円が不要になります!     株式会社電子定款認証 9,800円(全国対応可) 株式会社の設立・電子定款認証をお考えの方はこちらへ → (合資会社・合名会社の設立・電子定款も合同会社と同価格で対応させて頂きます。)

那覇地方法務局−管轄区域一覧(商業登記・不動産登記)

合同会社(LLC)設立・電子定款のことならお任せ下さい! 西本社労士・行政書士事務所では、お客様のご希望・ご要望にできる限り対応させて頂けるよう合同会社(LLC)設立・電子定款作成代行業務について、 「電子定款への変換のみの代行(電子定款Bコース−6,800円)全国対応」から 「合同会社設立の完全代行(完全サポートコース−89,800円)」まで、 6つ のサポート・メニューを用意しております。 (合資会社・合名会社の設立・電子定款も合同会社と同価格で対応させて頂きます。) 合同会社(LLC)の設立・電子定款をお考えの方、お気軽にご相談下さい! 合同会社設立・電子定款

Source: http://llc.nishi-jimu.com/kankatsu_1008.html



県内に居住し、県内で事業を開始しようとする者又は事業開始後一定期間を経過していない者で、次のいずれかに該当する者。ただし、対象業種に限る。

【融資対象1】 創業前の者で、次の各号に該当するもの (1) 事業を営んでいない個人で、次のいずれかに該当するもの   ア 事業を開始する業種と同一の業種での勤務年数が通算で3年以上の者で、所要資金の

  20パーセント以上を自己資金で賄えるもの   イ 商工会等の創業セミナーの受講を終了した者で、所要資金の20パーセント以上を自己資

  金で賄えるもの   ウ 1ヶ月以内に新たに事業を開始する具体的計画を有する者で、借入金額と同額以上の自

  己資金を賄えるもの   エ 2ヶ月以内に新たに会社を設立し、当該会社が事業を開始する具体的計画を有するもの

  で、借入金額と同額以上の自己資金を賄えるもの   オ 産業競争力強化法第113条の規定により市町村が作成し主務大臣から認定を受けた創業

  支援事業計画に基づき、特定創業支援事業による支援を受けたことについて市町村長の証

  明を受けたもので、所要資金の10パーセント以上を自己資金で賄えるもの (2) 中小企業である会社が、自らの事業の全部又は一部を継続して実施しつつ新たに会社を設

  立し、当該会社が事業を開始する具体的計画を有するもので、所要資金の20パーセント以上を

  自己資金で賄えるもの 【融資対象2】 創業後1年未満の者で、次の各号に該当するもの (1) 事業を営んでいない個人が新たに事業を開始し、事業開始から1年を経過していない者で、

  所要資金の10パーセント以上を自己資金で賄えるもの (2) 事業を営んでいない個人が会社を設立し、設立から1年を経過していない者で、所要資金の

  10パーセント以上を自己資金で賄えるもの (3) 中小企業である会社が、自らの事業の全部又は一部を継続して実施しつつ新たに設立し、設

  立から1年を経過していない者であって、所要資金の10パーセント以上を自己資金で賄えるも

  の 【融資対象3】 創業後1年以上5年未満の者で、次の各号に該当するもの (1) 事業を営んでいない個人が新たに事業を開始し、事業開始から1年以上5年未満のもの (2) 事業を営んでいない個人が会社を設立し、設立から1年以上5年未満のもの (3) 中小企業である会社が、自らの事業の全部又は一部を継続して実施しつつ新たに会社を設

  立し、設立から1年以上5年未満のもの

【融資対象4】 「創業計画策定力向上支援事業」により策定した創業計画を有する者で、所要資金

         の20パーセント以上を自己資金で賄えるもの

・預金残高証明書及び支払済み領収書等

・見積書、請求書等(設備資金の場合)

・許認可証の写し(許認可業種の場合)

・不動産賃貸借契約書(事業所を借りる場合)

<融資対象1に該当する場合の追加書類>

・勤務経歴証明書(融資対象1(1)アの場合)

・創業セミナー受講証明書(融資対象1(2)イの場合)

・特定創業支援を受けたことの認定書(融資対象1(1)オの場合)

<融資対象2に該当する場合の追加書類>

・事業税納税証明書(事業税の納税が到来していない時は県民税及び市町村民税納税証明書)

・税務署受付印のある個人事業の開業届出書(写し)又は県税事務所受付印のある事業開始等届出書(写し)

・預金残高証明書及び支払済み領収書等

・見積書、請求書等(設備資金の場合)

・許認可証の写し(許認可業種の場合)

・不動産賃貸借契約書(事業所を借りる場合)

<融資対象1に該当する場合の追加書類>

・勤務経歴証明書(融資対象1(1)アの場合)

・創業セミナー受講証明書(融資対象1(2)イの場合)

<融資対象2に該当する場合の追加書類>

・事業税納税証明書(事業税の納税が到来していない時は必要なし)

・定款及び商業登記簿謄本又は登記事項証明書

Source: http://www.pref.okinawa.jp/site/shoko/keiei/kinyu/sougyousyashienn.html

別れさせ屋 岐阜県