高知家エクストリームトラベル社(第2回JACEイベントアワード一次選考通過作品)

高知家エクストリームトラベル社(第2回JACEイベントアワード一次選考通過作品)

会社設立 高知市

高知家エクストリームトラベル社(第2回JACEイベントアワード一次選考通過作品)

詳細について 会社設立 高知市



出店に際して、一番に考えるのは「お客様歓喜」。 「100店舗100業態」の実現を目指し、走り続ける!

 ダイヤモンドダイニング。競合ひしめく外食業界の中で、いつまでも輝きを失わないように。そんな思いがこの社名に込められている。同社のこだわり。売上でもなく、利益でもなく、店舗数でもなく、目指すは業態開発ナンバーワン。そのとおり、現在まで53店舗を開業してきたが、同じ店がひとつとしてないのだ。1号店である、「21世紀によみがえったドラキュラ伯爵の館~VAMPIRECAFE」ほか、「幻想の国のアリス」「竹取百物語」「黒提灯」「三年ぶた蔵」「ベルサイユの豚」「九州黒男児」「CANDY」などなど、ユニークな店名も、物語性ある店内の雰囲気も、提供する厳選されたメニューも、すべて異なるレストランを展開し続けてきた。そしてなんと、今後3年で「100店舗100業態」を達成する目標だという。ダイヤモンドダイニングは2007年3月、大証ヘラクレス市場に上場を果たした。これまでの飲食店チェーン展開の常識を覆した経営手法で、業界の異端児として各界から注目を集めている若き経営者、松村厚久氏。今回は、そんな松村氏に、青春時代からこれまでに至る経緯、大切にしている考え方、そしてプライベートまで大いに語っていただいた。

<松村厚久をつくったルーツ.1> 野球にはまった小学生時代。行動評価は「落ち着きがありません」

 高校を卒業するまでずっと高知県の高知市で過ごしました。両親とも高知で生まれた人で、父は小さな町工場を経営していましたが、今では引退してのんびり暮らしています。兄妹は5歳上の姉が1人。彼女は小学校時代の恩師に憧れて、大学は教育学部に進学し、実際に教師となりました。今も高知の小学校で教師の仕事を続けています。

 高知は野球王国と言われるくらい、野球が盛んです。僕も小学校時代から野 球にはまり、野球三昧の毎日を送っていました。また、自然が身近にたくさんありましたから、海、山、川でたくさん遊んだこともいい思い出ですね。勉強は、普通よりはできたほうだと思います。特に算数は大の得意でしたよ。でも、通知表の行動評価欄には、毎回、毎回、先生から「落ち着きがありません」というコメントが。それも6年間ずっと。担任の先生も何度か変わっているのに、全員がその同じコメントを書いているんです。まあ、本当に落ち着きのない児童だったんでしょうね(笑)。

 中学でも野球を続けようと、強豪の私立高知中学校に進みました。入学して野球部に入部しようと思っていたのですが、なんと1学年の半分以上が野球部に入部するという。ですから、同級生のうち100人以上が野球部なんです。本気で驚きました。エスカレーターで進学できる高知高校は、甲子園での優勝経験がある。なので、県外からも甲子園を目指す球児がたくさん集まっているんですよ。これじゃあ、3年間やっても絶対にレギュラーにはなれないと判断して、サッカーに転向しました。

 高知中学はスポーツがとても盛んでしたが、勉強はからきし。当時の話ですから、今は詳しくわかりませんけど。野球部入部という当初の目的もなくなったんだし、そのまま受験なしで行ける高知高校へは進まず、勉強して進学校へ行こうと。けっこう頑張りまして、県内公立高校の頂点と言われている県立高知追手前高校に合格できたんです。本当にこの選択は間違っていませんでした。なぜなら高校時代は最高に楽しい3年間でしたから。

<松村厚久をつくったルーツ.2> 最高に楽しく過ごした高校生時代。サッカー漬けの毎日で、勉強はそこそこ

 高知追手前高校は、高知市内の中心地、高知城の真下に校舎がありまして、その隣に、高知女子大学と土佐女子中学高校があるという、この上ない好立地(笑)。そのうえ高知追手前高校も男女共学ですから、学校の周辺には女の子がいっぱいなわけです。だから、毎日、学校に行くのが楽しくてしょうがなかったですね(笑)。高校でもサッカー部に入部したんですが、つらい部活の練習だって、そりゃ張り切りますよね。女の子に注目してほしいから(笑)。そんな軟派な、進学校の僕たちですから、いわゆる周辺でのパワーポジションがめちゃくちゃ低かったですね。簡単に言えば、喧嘩が弱いやつらとみなされてたということ。だから他校ともめるなんてとんでもなくて、明るいオシャレ系でみんな楽しくってという感じだったと思います。

  高校時代は、青春時代特有の甘酸っぱい経験もある程度はしましたし、サッカーにとことんのめりこみました。僕のポジションは、ずっと守備的ミッドフィルター。今でいうボランチで、3年生がいなくなるとキャプテンを任されたんです。いい線までは行くんですけど、結果的にベスト4とか、準優勝どまり。残念ながら、全国大会の切符を手にすることはできませんでした。当然、青春優先ですから、勉強のほうはそこそこです。高校2年に上がる時の選択で、僕は理系進学コースを選ぶんです。小学校の頃から算数が得意だったという理由もありますが、最終的に「そうだよな」と納得したのは、父から「男なら、当然、理系だろ」と言われたこと(笑)。この選択が失敗でした。まだ16、17歳の少年に、理系の将来も、文系の将来もわかんないですよ。案の定、高校3年で僕は国語が大好きになり、「文学部へ行きたいなあ」と思った時には遅かった。結局僕は、日本大学の理工学部へ進学するのです。

 当時の高知はピザ店もない、マクドナルドもない。「どんな味がすんだろう? 食べてみたいなあ」って、思うわけですよ。一度は何でもそろってる大都会で生活してみたい。それが、東京の大学を選んだ一番の理由です。受験のために初めて上京した時に、電車に乗ったんですよ。驚きましたよ、「みんなテレビと同じしゃべり方してる!」って。今考えれば標準語ですから当然なんですが(笑)。まあ無事に大学に合格し、最初の一人暮らしは千葉県の北習志野でした。陸上自衛隊の駐屯地が近くにあって、何度も自衛隊に勧誘されたことを覚えてます。

Source: http://www.sensorswitchinc.com/%E9%AB%98%E7%9F%A5%E5%B8%82%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E8%A8%AD%E7%AB%8B%E7%A8%8E%E7%90%86%E5%A3%AB/



高知市で会社設立代行を税理士に依頼できる?会社登記に強い代行事務所

高知市で会社設立を考えている人はご存知でしたか?

会社設立手続きの代行業務ができるのは、司法書士だけなのですよ。

しかし、高知市内でも税理士、弁護士、もちろん司法書士など色々な士業の専門家達の事務所が、会社設立法人代行を行っています。

なかには、税理士事務所や弁護士事務所が会社設立代行の窓口となっていて、提携している司法書士へ依頼しているケースもあるようです。

そして、会社設立後に必要なサポートを継続して依頼するために、税理士事務所や弁護士事務所に依頼する企業家の人もいるのです。

会社の事業展開に伴う財務や税務に関して専門知識のある税理士事務所を、会社設立時からあえて選ぶ人もいるようです。

それでは、高知市で会社設立に、そして設立後にも心強い税理士にはどうような税理士事務所を探せばよいのでしょうか?

その方法について、ご紹介していきましょう。

高知市で会社登記に強い税理士はこちら↓ 0円で会社設立ができるのはコチラ

高知市で会社設立するには、それぞれの士業の専門分野がある

会社設立登記の代行を請け負う専門業者は、専用のソフトによって電子定款を作成し、完成したら電子定款認証を行っています。

通常は認可を受けるためには収入印紙代として40,000円がかかりますが、電子定款認証を行うとその印紙代40,000円がかからないので、この時点で40,000円を節約することができることになります。

そのため会社設立を自分で行うよりも、代行業者の方が安く代行業務を請け負うことができるというわけです。

しかし、この代行手続きは司法書士が専門分野となる仕事になります。

では、会社設立に関わるそれぞれの士業は、いったいどんな役割をしているのか紹介していきましょう。

司法書士の役割とは?税理士の役割とは?弁護士の役割とは?

このように、3つの士業の役割をまとめると以下のようになります。

同じ会社に携わる士業でも、その専門分野によって役割は全く異なってきます。

高知市で会社設立代行に強い税理士6つの特徴とは?

会社設立にまず必要となる定款をはじめ、必要書類は、税理士事務所でも作成することは可能なのです。

しかし、法人登記は税理士ではなく司法書士の仕事になるため、多くの税理士事務所が会社設立代行を請け負うため、司法書士と提携をしているのです。

または、会社設立代行を取り扱っている税理士事務所では、司法書士が在籍していて一緒に働いているケースも多いようです。

会社設立だけでなく、順調な会社運営ができる様にサポートをしてくれる

会社設立後には、税務署、自治体、労働基準監督局、ハローワーク、年金事務所になどの管轄公的機関に重要書類を数多く届出する必要があります。

そのため、各専門知識をもった士業の人達がそれぞれを専門的な観点から支援、サポートすることが重要なポイントになってくるのです。

税の専門家である税理士による税務全般でのサポート

確定申告を始め税務に関する書類作成や申告、必要であれば税務代行全般なども行い、会社のスムーズな税務処理をサポートします。

節税に関する適切なアドバイスをしてくれる

会社の節税はもちろんですが、企業家や社員などの住民税や相続税などに関する相談にも乗ってくれ、適切なアドバイスをしてくれることもあります。

助成金や補助金といった資金調達サポートをしてくれる

行政や自治体などが整備している運転資金や設備投資に活用できる助成金や補助金を、それぞれの事業に合わせて支給獲得ができるように適切にアドバイス、サポートをしてくれます。

また、専門家でないとわからないような必要な書類の作成や、どののような融資を受けることができるかなどの助言も行ってくれます。

会社が円滑に事業展開していくうえでとても大切なサポートと言えるでしょう。

会社設立後に必要に応じて弁護士を快く紹介してくれる

会社設立後に法務に関する問題が出てきた時には、経験も知識も豊富な法律の専門家であり信用できる弁護士のサポートが必要になってきます。

そのため、必要に応じて会社設立後に提携している信頼できる弁護士を快く紹介してくれる税理士であることも会社設立に強い証拠になります。

会社の経営状態を常にコンサルとしてくれる

税理士は、会社設立後の様々な届出を始め、会社の会計業務や財務状況ををチェックする事で、設立した会社の経営状況に対して適切にアドバイスすることができる専門家でもあります。

会社設立法人登記のお手伝い、または代行業務の相談や依頼を受けている税理士事務所は、司法書士と提携を結んでいたり、直接税理士事務所に雇っていたりしているので、司法書士に代行業務は任せながらも設立する会社の資金状況などを常にチェックしてくれることもあります。

会社設立は、あくまで会社を経営するスタートラインであり、会社を円滑に運営するには税理士のサポートは不可欠です。

会社設立と共に税理士顧問、また弁護士顧問を依頼するのが理想ですが、その顧問手数料などから考えると設立当初から顧問として契約するのはなかなか難しいでしょう。

だからこそ、会社設立代行業務を依頼して税理士とのパイプを作っておき、設立後はそのまま顧問税理士として継続契約をするというステップを踏む企業家が増えているのです。

高知市で会社設立に強いと評判の税理士事務所の5つのポイントとは?税理士としての専門分野を超えて会社が必要としているサポートができる税理士事務所

会社設立には司法書士が代行しますが、会社経営をしていく中で税や財務といったさまざまな問題をはじめ、届出、書類作成などのその会社がその時に必要としているサポートを的確にしてくれることが、まず大切なポイントです。

時には、税理士以外の専門分野での問題が起こった時には、その専門分野の士業の人とすぐ連携を取って解決できる機転の良さも需要なポイントとなってきます。

事業資金などのお金に関するアドバイスやサポートをしてくれる税理士事務所

会社を運営するために必要な資金や設備投資などに、行政や自治体の補助金や補助金を活用することができます。

このような資金調達に関する情報も、随時提供してくれる税理士事務所を選ぶと資金調達の方法が広がり、事業展開がよりスムーズにできるようになる可能性があります。

常に新しい情報を持っている税理士事務所を選びましょう。

事業展開のサポートをしてくれる税理士事務所

会社設立だけでなく、事業展開を続けていく中で必ず必要となってくる税理面、法務面などの問題解決や公的書類の作成なども、事業展開へ繋がるようにサポートをしてくれる税理士事務所を見つけ、顧問税理士として契約するのがおすすめです。

会社設立後もコンサルタントサポートをしてくれる税理士事務所

会社設立の時だけでなく、設立した会社が大きく事業展開をしていけるように、設立後もコンサルタント的なアドバイスをしてくれる税理士事務所を見つけましょう。

この設立後にその専門知識をベースにしっかりとコンサルトしてくれる税理士事務所が、本当の意味で会社設立に強い税理士と言えるのです。

弁護士と提携を結んでいる税理士事務所

税理士事務所の中には、弁護士と提携を結ぶことによって、 会社設立後に運営の大切な部分となる税務や法務の分野をしっかり支援できる体制を整えている税理士事務所もあります。

できれば、このように他の士業とも強力な連携体制を取っている税理士事務所に依頼するようにしましょう

Source: http://case.dreamgate.gr.jp/mbl_t/id=543

www.rikon-ya.com