会社設立手続きは、長野県で20年以上の実績の長野会社設立支援センターへ

会社設立手続きは、長野県で20年以上の実績の長野会社設立支援センターへ

会社設立 長野市

会社設立手続きは、長野県で20年以上の実績の長野会社設立支援センターへ

詳細について 会社設立 長野市



税理士顧問

会社設立直後は、事業を軌道に乗せるためにやらなければいけないことが、山積みです。

経営者として、もっとも大切な仕事は「経営判断」を行い正しい会社運営をすること。 株式会社ともなると、株主に対しての責任もあります。経営判断とひとくちにいっても営業から人事、経理、資金調達、リスク管理など、会社が小さいなりにもこれだけのことをバランスよく正しい方向に舵取りしていくことになります。

会社設立センター長野では、税務顧問として立ち上げ直後の初期指導を行い、財務内容の分析・把握などを通じ、税務面をはじめ、お客様の経営者としての適切な経営判断のサポートをいたします。

経理業務サポートや決算書類・申告書を作成するだけではありません。 経営計画や、資金繰り、従業員の管理、事業承継、節税対策など、経営者の最も身近なパートナーとして支援します。

税務顧問とは?

税務顧問とは、顧問税理士が税務に関する代理人として、税務署への対応や、会社の経理・税務処理、節税のアドバイスなどを適切に行っていくことです。

会社を運営するうえでついて回る経理処理や税務処理を、都度相談しながら進めていくことができます。 必要な税務の届出や、申告・納税の期限の管理に失敗して、税務調査が行われたり、加算税などのおもわぬペナルティを課されたり、といったリスクを避けることできます。

税務調査をはじめ税務署からの照会などは、顧問税理士に窓口になって貰うことができます。 税法上の特例などを活用した節税も、顧問契約をすることによって適切かつ効果的な提案をうけられます。 なにより、財務分析によって提供されるアドバイスは経営判断に有効な情報となります。

会社経営をスムーズに軌道に載せます初期指導の6ステップ

きめ細かい指導で、開業まもない企業の経営体制の基礎づくりを後押しします。 お客様自身でできること、できないことを整理し、業務分担にもれが無いよう話し合います。 経理担当者の経理指導などを行います。レベルアップにより、お客様が分担できることが増えると、手数料を引き下げることも可能になります。

① 初期指導 ・領収書・請求書等の書類の正しい整理・保存の指導 ・会計帳簿の作成方法の指導(日時・週時・月次) ② 巡回監査 ・書類の管理 ・会計帳簿 ・書類の管理、会計帳簿が正しく行われているかチェック ③ 自計化 ・自計化(自社で会計ソフトを使い、経理処理を行うこと)をすすめ、会社の財務状況を把握・分析しやすくします。 ④ 継続MAS ・経営計画策定ツール「継続MAS」の導入により、経営者のビジョンを反映した、経営計画の策定を支援します。 ⑤ 書面添付 ・税理士法第33条の2 ⑥ 電子申告 ・電子申告の導入により、申告手続きを効率化します。

企業の成長に合わせ適切なサービスを提供いたします。税務顧問・税務管理サービス

税務に関する事項はもちろん、経営管理のパートナーとしてさまざまなご相談にお応えします。

税務申告や届出にかかわるサービスを提供、税務書類の作成を行います。 [法人税・消費税・所得税・相続税・贈与税・地方税等] たびたび実施される税制改正にも迅速・的確に対応します。

また、税務官公署に対する税法の規定に基づく申告、申請、請求、不服申立てなど税務調査や処分に対する主張について代行いたします。

パソコン会計の導入支援 ~ソフト導入から資金繰り、経営計画書まで~

パソコンを使った効率的かつ適正な経理事務の流れを、導入段階から各企業の事業の形態やお金の流れなどにあわせて土台を作り上げていきます。 その後、お客様自身がデータを入力し計算できるように丁寧に指導いたします。

お客様との相談により、業務分担を決めてすすめます。記帳代行を行いつつ、経営担当者への指導も並行しておこないます(決算対策や申告のサポート、金融機関への対応など)。

定期監査&帳簿データチェックサービス

巡回監査担当者がお客様にて入力されたデータが正しいかどうかをチェックいたします。また、出来上がった帳簿等の見方や活用方法の仕方をご指導します。

決算書・申告書作成サービス

決算書や申告書を作成し所轄官庁へ提出代行いたします。

税務調査の立会い

税務調査の立会いをさせていただきます。税務調査の過程で発生する、税務署との折衝及び指摘事項に関する調査、資料作成等に対応します。

資金調達・資金繰り

会社の資金状況をしっかり把握・分析したうえで、将来の資金状況を予測。 資金プランにもとづき必要な資料を作成し資金繰り改善のアドバイスを行います。金融機関などへの融資交渉もお手伝いしています。返済シミュレーションもお任せください。

税金対策

お客様と一緒に節税対策に取り組みます。法人税、所得税、消費税のほか、中小企業存続の課題である、事業承継のご相談にもご対応します。

電子申告サポート

電子申告・電子納税を推進しています。 法人税、消費税、所得税の申告や申請書、法定調書等の提出を電子申告で行うことが可能です。

Source: http://www.seturitu-nagano.com/after/



合同会社設立サポート

合同会社は新会社法により新しく出来た会社形態です。

ここ最近、合同会社設立の件数は増え、年間1万件近い合同会社が設立されています。

その理由として、合同会社は株式会社よりも安く設立することが出来るということが挙げられます。

特に、介護事業のように法人化が必要であったり、

会社名よりも屋号で活動するこの多い業種では最初は合同会社でスタートされる方が多くなっています。

合同会社設立サービス

合同会社を設立する場合、株式会社設立とは異なり、定款認証手数料、定款謄本代は不要です。

また、登録免許税も株式会社より9万円も安い、6万円で済みます。

更に当事務所では、電子定款を利用する為、定款に貼る印紙代 4万円も不要です。

したがって当社へ25,000円お支払頂いても、通常かかる印紙代4万円を差し引くと、

自分で設立するより15,000円も安く合同会社設立が出来てしまうのです!

      自分で設立するよりも15,000円お得です!!!

合同会社のメリット1.設立時の費用が安い

合同会社設立のメリットは、なんといってもその費用の安さにあるでしょう。 登録免許税が株式会社は最低でも15万円かかるのに対して、合同会社は6万円で済みます。

更に公証役場での認証も必要ない為、認証費用の約5万2千円も不要となります。

設立にかかる費用の安さが最大の魅力です。 したがって、設立時にかかるコストを安く抑えることが出来ます。

2.運営にかかるコストが安い

合同会社は株式会社と違い、決算公告の必要がありません。 そのため毎年の官報の費用(約6万円)がかからないのです。

また役員の任期も無制限なため株式会社のような役員変更登記の必要がありません。 株式会社において、役員変更登記には、1万円の登録免許税がかかります。

上記理由などにより、株式会社よりも毎年かかるコストが安く済みます。

3.意思決定が自由に出来る!

株式会社の場合、株式の所有数に応じて、意思決定における影響度が高くなります。 一方、合同会社設立においては、定款に記載することで自由に意思決定の影響力を決めることが出来ますので、

株式会社よりも自由度は高まるでしょう。

合同会社のデメリット

Source: http://yao-support.jp/kaisyaseturitu/folder3/

別れさせ屋 京都