富山県の行政書士がデートスポットに行くと【ひばり事務所動画】

富山県の行政書士がデートスポットに行くと【ひばり事務所動画】

会社設立 富山市

富山県の行政書士がデートスポットに行くと【ひばり事務所動画】

詳細について 会社設立 富山市



起業を考える方は「お金がない」、「時間がない」、「ノウハウがない」、「ネットワークがない」といった悩みを抱えているものです。 なにより、営業開始までの手続きが大変!

そんな悩みにお応えし、起業に関わるすべての手続きをトータルサポートいたします。

関与先企業300社の信頼と実績。 豊富な経験で培った起業時にこそ必要となるノウハウはお任せ下さい。 決算期、株主・役員構成など節税ポイントはたくさんあります。 貴社にとって最適な節税の有効活用法をご提案いたします。 経営戦略に活かす月次決算書を作成します。 弁護士、司法書士、社労士、土地家屋調査士等多彩なネットワークで会社経営をあらゆる角度からサポートします。 お得情報も満載です。 起業時の助成金もご提案いたします。 条件にあった助成金は逃さず受け取りましょう。 融資については金融機関の紹介や交渉もお手伝いいたします。 起業については、当社手数料0円でお引き受けします。

起業後の会計・税務もお任せください

会社設立直後は、経営を軌道に乗せるためにやらなければならないことがたくさんあります。 決算も複雑になり、経理や税務申告も厳正に行うことが求められます。 会計業務に時間をとられるより、本業に専念するためにもスタート時点から税理士と会計・税務委託契約を締結することをおすすめします。

税理士は、会計税務の専門家で、様々なケースを経験しています。 的確なアドバイスで、適正で有利な税務処理が行われるだけでなく、月次決算において会社の損益・資金繰りなどの効果的な提案を受けることもできます。

税理士は長期的な視点からお客様の事業を軌道に乗せていくための最良のパートナーです。 お客様の経営判断に税理士を是非役立てて下さい。

Source: http://chatani-office.com/kaisya_2.htm



HOME > 会社設立 > NPO・公益法人設立申請手続き

  NPO・公益法人設立申請手続き   NPO法人設立

  ●特定非営利活動法人(NPO法人)設立認証の申請 その他     関係する申請(変更・解散など)。   ●一つの都道府県内にのみ事務所を置く特定非営利活動法人     を設立するには、事務所が所在する都道府県知事の認証が     必要となります。   ●特定非営利活動促進法の定める要件に該当し富山県内にのみ     事務所を有する団体が、特定非営利活動促進法第10条第1項     に基づき、法人の設立をするときに申請します。   ●提出先:都道府県知事     窓口 : 各都道府県の環境生活部、生活環境部、県民生活部、          男女参画・ボランティア課 へ申請。   ※ 所轄庁の認証後、「設立の登記」が法人設立の要件です。   ※ 二つ以上の都道府県にまたがって事務所を設置する場合は、     内閣総理大臣が所轄庁となります。     (窓口:内閣府国民生活局NPO室)

   提出する書類

 ・ 設立認証申請書 [1通]  ・ 定款 [2部]  ・ 役員名簿(役員の氏名及び住所又は居所並びに各役員について   の報酬の有無を記載した書類をいう。)[2部]  ・ 各役員が法第20条各号に該当しないこと及び法第21条の規定に   違反しないことを誓約し、並びに就任を承諾する書面の謄本  ・ 各役員の住所又は居所を証する書面として条例(第2条第2項)で   定めるもの  ・ 社員のうち10人以上の者の氏名(法人にあっては、その名称及び   代表者の氏名)及び住所又は居所を記載した書面  ・ 法第2条第2項第2号及び第12条第1項第3号に該当することを   確認したことを示す書面  ・ 設立趣旨書[2部]  ・ 設立についての意思の決定を証する議事録の謄本  ・ 設立当初の事業年度及び翌事業年度の事業計画書[2部]  ・ 設立当初の事業年度及び翌事業年度の収支予算書[2部]  

   手続の流れ

  ●<NPO法人の事務所が一都道府県にのみ存する場合>                   申 請 者                     ↓    [ 申請 ]                 都道府県知事              (環境生活部、生活環境部等)                     ↓              定款等の公衆縦覧期間二ヶ月間                     ↓                   審   査                     ↓    [約二ヶ月]                認証、不認証の決定                     ↓    [ 通知 ]                  申 請 者  

  NPO法人の活動

 ●特定非営利活動法人(NPO法人)の活動対象となる特定非営利    活動については、これまで「保健・医療・環境の保全、国際協力    など12の活動が定められていました。    そして、平成15年5月施行の法改正によって以下の文言・活動    分野の追加がなされています。   �@学術、文化、芸術またはスポーツの振興を図る活動(学術追加)   �A情報化社会の発展を図る活動   �B科学技術の振興を図る活動   �C経済活動の活性化を図る活動   �D職業能力の開発または雇用機会の拡充を支援する活動   �E消費者の保護を図る活動   その他法改正により、NPO法上の収益事業は「その他の事業」   とされ、その収益は特定非営利活動に係る事業に使用することが   明確化されました。   また暴力団等の排除措置、罰則規定の新設、認定NPO法人に   対する寄付金控除の特例適用の明記などがなされています。  

                 PAGE TOP

Source: http://www.seturitu-toyama.com/

www.rikon-ya.com