会社設立 静岡市

会社設立 静岡市

会社設立 静岡市

独立開業、法人成り(個人事業主から会社へ移行すること)を考えるときには、必ず悩まれる部分だと思います。下記に会社を設立する場合の一般的なメリット・デメリットを記載しておりますが、お客様の事業規模、状況等によって大きく変わってきます。 当事務所では、個人事業と会社の特徴を細かく説明し、お客様の場合にはどちらが有利かシミュレーションをしております。また、法人成りの場合、会社を設立するタイミングをいつごろにした方がよいかのアドバイスもしております。

【会社設立のメリット・デメリット比較表】

【メリット(1)(節税効果)】 下の表で示すように、一定の年収を超えると、会社にした方が年収が上がるのに比例して節税効果は大きくなります。その原因のひとつに会社の場合、給与から一定の割合で差し引くことができる給与所得控除があるためです。 例えば、個人事業の年収(売上-経費)が600 万円の場合と会社を設立して社長の給与 (年収)を600 万円払う場合を比較すると約41 万円の節税効果があります。

【個人事業と会社にした場合の税金の違い】

年収とは、個人事業の場合、売上-経費(青色申告特別控除前)。会社の場合、社長の給与(法人の利益が0になるように社長の給与を取ると仮定)

控除は個人事業の場合、青色申告特別控除(65 万円)と基礎控除38 万円(住民税は33 万円)のみ。会社の場合、給与所得控除と基礎控除38 万円(住民税は33 万円)のみ。

法人住民税の均等割は7 万円で計算

個人事業の場合、個人事業税(5%)を考慮して計算

【メリット(2)(消費税)】 消費税の課税のタイミングは、2 期前の売上が1000 万円を超えているかどうかで決まります。法人成りした場合、会社にする前の個人事業の売上が1000 万円を超えていたとしても「個人と会社は別人格」のため設立後、原則2 期間は消費税を納める必要がありません。

(注意点) 設立した会社の資本金が1000 万円以上の場合には、強制的に設立後1 期目から消費税の納税義務が課されるため、資本金の金額は1000 万円未満にする必要があります。 設立した期の上半期の課税売上が1000 万円超かつ上半期の給与の支払額が1000 万円超の場合は、2 期目から消費税を納める必要があります。

【デメリット(社会保険料)】 社会保険(健康保険、厚生年金)は、個人事業の場合は任意加入(ただし、常時5 名以上を雇う一部の業種は強制)ですが、会社は、社長1 人でも加入しなければなりません。 社会保険に加入すると、会社がその保険料の半額を負担しなければならないため、個人事業のときより保険料の負担が増えます。

【社会保険料の会社側の負担額(従業員1 人当たり)】

※介護保険料は無視 ※健康保険料率:9.92% ※厚生年金保険料率:16.77% ※負担増加率とは、会社負担額の合計/月給

Source: http://www.nozuekaikei.jp/



動画を見ます 会社設立 静岡市

浜松市で会社設立手続きは、鹿島会計事務所へ

詳細について 会社設立 静岡市

ホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

当事務所は、起業支援・会社設立を始め、皆様の独立開業のサポートを目的とした税理士事務所でございます。

開業前は創業70年の歴史を誇る会計事務所に18年間勤め、独立開業アドバイザーとして170件以上の開業相談を受けた実績がございます。その豊富な経験と実績により皆様に納得のいくサービスがご提供できることと思います。

当事務所のサービスがあなた様のお役に立てましたら幸いです。

Source: http://www.wada-zei.com/company.html

別れさせ屋 千葉屋