会社設立・法人化(法人成り)による節税メリット~消費税~【東京都港区の税理士が解説】

会社設立・法人化(法人成り)による節税メリット~消費税~【東京都港区の税理士が解説】

会社設立 東京都

スタートアップや週末起業という言葉が頻繁に使われるようになった昨今、「自分も将来は会社を…」と考えている方は多いのではないでしょうか。

実際に会社の設立する時には、資本金や設立費用の他にも用意しておくべきものがあります。

以下の図をご覧になって下さい。これは、会社設立の大まかな流れをあらわしたものです。※合同会社の場合は「定款の認証手続」のステップが不要で、登記書類も少ないため、比較的簡単に設立することができます。

このように見てみると、会社設立の手続きは意外とシンプルであることがお分かりだと思います。

そして、実際に会社を設立する時に、事前の準備をしっかりと済ませていると、その後の流れが非常にスムーズになります。そこで、当ページでは事前に用意しておきたい10個の項目をご紹介します。ぜひ、あなたが独立・起業する時のために参考にして頂けると嬉しいです。

また、当ページで記載している内容は、株式会社でも合同会社でも使えるものです。株式会社と合同会社で用意しておくべき項目が違う場合は、それぞれの項で、その違いも詳しく解説していますのでご安心下さい。

目次:株式会社を設立する前に用意しておくべき10の項目(会社設立の流れ)

※目次をクリックすると各項目に飛ぶことができます。

1.会社名(商号)を決める 1.1 会社名をかんがえる時に知っておきたい5Iルール 1.2 会社名をかんがえる時に参考になる記事のリンク 1.3 会社名をかんがえる時に守らなければいけない4つの決まり事 1.4 会社名を決める時の判断基準2つ 2 事業目的を決める 2.1 事業目的とは? 2.2 事業の目的を決めよう 3 本店所在地を決める 3.1 本店所在地とは? 3.2 本店所在地を決める時に注意すべき2つのポイント 3.3 本店所在地の書き方2パターン 4 資本金の額を決める 4.1 どれだけ必要?資本金の適切な額とは 4.2 資本金を決めるときの注意事項2つ 5 資本金(株主/出資者)を集める 5.1 会社設立時の資本金を誰が出すか? 5.2 発起設立(一般的な株式会社と全ての合同会社) 5.3 募集設立(特殊な場合の会社設立) 6 機関設計 6.1 機関設計とは? 6.2 株式会社の機関設計 6.3 合同会社の機関設計 7 事業年度を決める 7.1 節税に効果的な事業年度の決め方 7.2 消費税免除期間を基準に事業年度を決める方法 8 会社の印鑑をつくる 8.1 会社の運営に必要な印鑑は4種類 8.2 会社用印鑑のおすすめネットショップ 9 個人の印鑑証明書を用意する 9.1 印鑑の登録方法と印鑑証明書の取得方法 9.2 印鑑証明書は2通取得しておこう 10 設立費用を用意する   10.1 会社設立に最低限必要な額とは 10.2 手続きを行政書士や司法書士に依頼する場合の費用

1 会社名(商号)を決める1.1 会社名を考える時に知っておきたい5Iルール

会社名の決定は、創業者に与えられた特権です。それだけに、会社を設立するときに最も悩むポイントですよね。そこで、会社名をかんがえる時には『5I(ファイブアイ)ルール』というネーミングのルールを参考にしてみましょう。

5Iルールとは? Impact:一目で覚えられるようなインパクトがあり Interest:興味を持たれやすく Information:いろいろな情報がこめられており Impression:初めて聞いた人の記憶に残り Idea:それらを含め優れたアイデアがあること

これらのルールを満たした会社名をかんがえるのは決して簡単なことではありませんよね。そこで、実際の会社名を参考にしてみるのもオススメです。

1.2 会社名を考える時に参考になる記事のリンク

以下のリンクは会社名をかんがえる時に参考になると思います。

さまざまな会社名がありますが、会社名を考えるさいは最低限の決まり事を守る必要があります。次に、それらの決まり事を抑えておきましょう。

1.3 会社名を考えるときに守らなければいけない4つの決まり事

今までは会社名として使用可能な文字には、とても厳しい規制がありました。しかし、今では、登記法が改正されて、多彩な社名を作ることができるようになっています。それでも守らなければいけない最低限の決まり事はあります。

 会社名のどこかに必ず「株式会社」という文字をいれる
 : 一般的には会社名の前から後ろにしますが、真ん中に入れても構いません。  記号やアルファベット、数字もつかえる: 記号は「&」「‘」「,」「-」「.」「・」を使うことができます。 「○○事業部」など会社の一部門を示す文字はつかえない: 例えば、銀行業でもないのに「銀行」という文字を使用したりするなど混乱をまねくような文字は法律上、使用が禁止されています。  NTTなど実績のある有名企業の名前を使うことはできない: 上記と同じ理由で、見た人の誤認をまねくような会社�

Source: http://www.naka-tmanage.com/



動画を見ます 会社設立 東京都

会社設立・法人化(法人成り)による節税メリット~消費税~【東京都港区の税理士が解説】

詳細について 会社設立 東京都

記帳代行と顧問契約はどう違うの

今までの税理士事務所では顧問契約という形で契約をし、顧問料という具体的な中身の提示の無い一括料金が決まっていました。一方、最低限必要な損益計算書、貸借対照表、総勘定元帳の作成を、格安の料金で毎月処理するのが記帳代行です。必要なことを格安料金で処理します。しかも毎月。必要な相談事ができたらそのつどオプションでオファーしてください。無駄な料金を払う必要はありません。

記帳代行って実際にはどうするの

領収書、請求書、通帳コピー、給与明細を毎月送っていただくだけでOK。 しかも経理のわからないところはいつでも質問OK。電話、メールで丁寧にお答えします。 また、記帳代行を始める前には、法人税、節税ポイントの無料ガイダンスを1時間ほど受けていただくので、初めての方でも安心です。

特別相談事ができたらどうするの

オファーをください。1時間1万円でご相談に応じます。計算業務が伴うものはあらかじめ相談料の見積もりをさせていただきます。

決算申告はできますか

決算申告は申し込みいただければ、お受けします。第一期は、¥100,000(税別)です。

決算予測と対策はどうなってるの

9ヶ月目に決算予測を出します。儲かっていれば予測税額、納税対策、節税対策。赤字であれば資金繰り対策。これが企業にとって1番大事なものになります。顧問料を取っていながら、決算時になっていきなり税金が出ました、なんていう税理士との大きな違いがここです。毎月処理することが企業を大きくします。そのお手伝いが、9ヶ月目決算予測です。

平成26年11月に中森税理士事務所は、荒井税理士事務所と経営統合し中森・荒井税理士法人にリニューアルとなりました!!

個人事業主の方はこちらをクリック 個人から法人へ!節税のチャンスです!!

創業支援・助成金のエキスパート!社会保険労務士 三枝孝裕

専門の社会保険労務士にお任せ!ビッグチャンス!雇用関係助成金

創業計画書を全面サポート!新創業融資制度で3,000万円の融資を!!

Contents Menu 会社設立の流れ Q&A 会社設立費用 会社設立サービスプラン 起業・会社設立 記帳代行プランA 起業・会社設立 設立プランB 料金表 会社設立後に必要なこと 記帳代行とは お客様の声 建設業許可申請 会社の経営 会社の税金 社員ブログ トップページ 会社案内 相続改正冊子プレゼント中 会社設立が相続対策!? 個人情報保護方針 リンク サイトマップ 公証役場・法務局のご案内 税務署のご案内 都税・県税事務所のご案内 営業対応エリア 東京23区(豊島区池袋、板橋、渋谷、新宿、品川、目黒 など)を含む東京都 全域、埼玉県、千葉県、神奈川県

Source: http://inqup.com/10things-to-prepare

別れさせ屋 名古屋