会社設立 横浜市

会社設立 横浜市

会社設立 横浜市

 メリットその1 税金の負担が軽くなる

個人事業の場合、所得税は超過累進税率で課税されます。これは所得が多くなるにしたがって税率もアップしていくというものです。法人税は一律ですので、年間所得が一定の金額に達したときには会社を設立した方が税金面で有利だと言えます 。

 メリットその2 対外的信用が増す

個人事業者よりも会社のほうが、取引先や金融機関等の信用度が高いといえるでしょう。その結果、営業活動がやりやすくなったり金融機関からの事業資金の融資を受けやすくなったりしますし、優秀な人材の獲得にも会社組織のほうがメリットがあるといえます。

 メリットその3 資本金を増やすことができる(増資)

株式会社において株主を募集するなどして、会社の資本金を増やすことができます。出資者のほうも利益の配当等を受けられることを期待して出資しますので、利息がつかず返済期限もないという形で資金を集めることができるわけです。

 メリットその4 決算期を選択できる

会社形態にすると決算期は自由に選ぶことができますし、決算期を年に2回とすることもできます。個人事業の場合は年に1回、1月1日から12月31日までと決まってしまいます。

 メリットその5 倒産したときの責任が軽い

会社形態を取らず個人事業をしている場合には、事業を行うにあたり生じた借金は無限に支払義務が生じます。これに引き換え、会社を作るということは事業主とは別の擬似的な人間を法的に作り上げるということなので、全ての権利、義務関係は会社に帰属し、倒産した場合には借金はその法的に作られた人(法人)である会社が責任を負うことになります。

Source: http://1zeirishi.jp/kanagawa-ku/



動画を見ます 会社設立 横浜市

横浜市の会社設立手続きを完全サポート。明確でお得な多数プラン有り

詳細について 会社設立 横浜市

横浜市神奈川区での起業・開業◆ 神奈川区の概要

横浜市神奈川区は、横浜市で初めにできた区の一つで、9番目に大きい区です。 JR東神奈川駅・京急仲木戸駅周辺はかなっくシティと呼ばれ、再開発が行われています。

2009年10月には、東神奈川駅東口にフィットネスクラブなどの入った大型ショッピングモール(駅ビル)が完成しました。 横浜線大口駅から京急子安駅まで続く大口通商店街は、市内で一番長い商店街です。

東神奈川 子安 新子安 仲木戸 大口 東白楽 神奈川 反町 京急新子安が主な駅となっています。

◆ 神奈川区での起業・会社設立のポイント

横浜市神奈川区の事業所数は9,337事業所、従業員数は127,8474人となっています。 卸売業・小売業の事業者数2,247、従業員数23,920人が最も多く、 ついで不動産業・物品賃貸業、宿泊業・飲食サービス業と続いています。 (平成21年7月1日現在)

従業員4人以上の工業事業所数は101事業所、従業員数は5,088人で 横浜18区中6番目となっています。 (平成24年12月31日現在)

起業支援においては、(公財)横浜企業経営支援財団などの公的機関が専門家相談や創業支援、 創業セミナーなどでのバックアップ体制も充実しています。

商店街などの空き店舗を利用した、創業者への経費の助成金などもその代表例です。

融資の面においても、横浜市内でこれから起業を目指す方の為に、 創業ベンチャー促進資金や女性起業家支援など資金繰り面での支援も充実しています。

◆ 神奈川区での起業をサポート

神奈川区で起業をお考えであれば、是非、当センターにご連絡ください。 当センターは、川崎・横浜の起業家支援に特化した地域密着型サービスを提供している税理士事務所です。

「川崎・横浜で起業に挑戦する方をドンドン増やしたい、サポートしたい」

という理念で仕事をさせて頂いています。

無料相談を行っていますのでお気軽に下記フリーダイアルかメールフォームによりお問い合わせください。 ご連絡を待っています!!

Source: http://www.office-takada.net/kaisyatop.htm

別れさせ屋 奈良県