会社設立 愛知県

会社設立 愛知県

会社設立 愛知県

事業協同組合の設立・変更手続き、技能研修 国際業務1万人以上の実績 20年以上の経験

愛知県、岐阜県、三重県、静岡県の協同組合設立・変更は行政書士奥田事務所へ。

行政書士奥田順康事務所 岐阜県行政書士会所属 行政書士登録番号 :第88201377号 代表 奥田順康 (岐阜県行政書士会元会長) 【経歴】 昭和63年9月岐阜県行政書士会登録・入会(第88201377号) 平成7年 5月から平成13年5月19日まで岐阜県行政書士会理事 平成13年 5月から平成19年5月まで岐阜県行政書士会 副会長 平成19年 5月から平成23年5月まで岐阜県行政書士会 会長 平成23年5月から現在岐阜県行政書士会 相談役 平成19年6月から平成23年6月日本行政書士会連合会理事 (申請取次行政書士管理委員会 副委員長) 平成23年6月から現在日本行政書士会連合会 申請取次行政書士管理委員会 委員 【賞罰】 平成11年5月岐阜県行政書士会会長表彰 平成14年6月日本行政書士会連合会会長表彰 平成15年5月岐阜県知事表彰 平成21年6月総務大臣表彰

◆「日中岐北協同組合」 理事長 丹羽 稔様から感想を頂きました。

  「日中技北協同組合」 理事長 丹羽 稔様   奥田事務所さんとは、現在の「技能実習」制度が「研修」制度として   本格的にスタートしました平成4年頃からのお付き合いで、20年になります。   協同組合の設立から、入管手続に至るまでお世話になり、   現在は組合員十数社が技能実習生を受け入れ、   大きな問題もなく安定経営を維持しておりますが、   特に入管への手続きは、絶えず改正されるため、   専門家にお任せするのが得策であるとつくづく感じております。   今後も当組合のコンサル的な存在でもあります奥田事務所さんには、   大いにお世話になり、不況の時代を乗り越えて行きたいと思っております。  

結論から言いますと、事業協同組合設立は誰がやっても同じではありません。

行政書士によっては手続に時間がかかったり、問題が発生する場合があります。

私の場合は行政書士会で行政書士に実務を教える講師を行ったりしています。

つまり、一般の行政書士を指導する行政書士の先生です。実績が認められて行政書士会の会長職も勤めていました。

だからと言って、一般の行政書士よりも高額な報酬は頂きません。しかも、完全成果報酬制です。

<事業協同組合の設立> ・発起人4人の場合  498,000円〜   ※業種、組合員数、地区等条件によって異なりますので、 詳細については別途お問い合わせ下さい。

私自身、安定した「国家公務員という職」を捨てて、よりダイレクトに社会に貢献できる仕事がしたいとの思いから

行政書士となり、おかげさまで会長職を勤めるまでに成長する事ができました。

そういった日頃の恩返しを少しでもしたいという思いから、完全成果報酬制をとらせて頂いています。

  協同組合の設立ができなければ頂いた報酬を返金させて頂きます。  

設立できなければ、お金は一切いりません。

行政書士会の元会長の意地とプライドにかけても他の行政書士には負けないサービスをあなたに提供したいと思っています。

「事業協同組合の設立から運営に関する手続きは全て私達にお任せ下さい。」

愛知県、岐阜県、三重県、静岡県対応いたします。電話料金が発生してしまうので、

お問い合わせフォームに「電話相談希望」と入力して頂ければ折り返しお電話させて頂きます。

このお問い合わせフォームは個人情報を保護するSSLジオトラストを使用。

ジオトラストは、SSL証明書、暗号化技術と第三者認証サービスにおける、全世界シェア 第二位のリーディングブランドです。

メール相談は無料です。どんな内容でもお気軽にご相談ください。お問い合わせフォームに相談内容を記入して下さい。

電話相談も無料です。電話料金が発生してしまうので、 お問い合わせフォームに入力して頂ければ折り返しお電話させて頂きます。 もちろん無料なのでご安心ください。

対応エリアは愛知県、岐阜県、三重県、静岡県での対応が可能です。

協同組合設立の基準を満たしているのか無料で確認できますか?

はい。無料で確認いたします。何をすれば基準を満たすのか等をお客様からの情報をもとに確認致します。 正式に依頼するまでは一切お金は頂きません。ご安心ください!

協同組合設立後の手続もお願いできますか?

はい。多岐複雑にわたる申請書や添付書類の作成のみについてもアウトソーシングとして、 低料金にて承っておりますので、お気軽にご相談下さい。

◆行政書士の横山先生から奥田事務所の推薦を頂ました。

  ■行政書士横山事務所 行政書士横山直和   「奥田先生は岐阜県行政書士会の会長をされていた事もあり、他の行政書士が一目置く、大ベテランの先生です。   20年以上前から協同組合などの業務を手がけており、現在まで、多数の実績があるので、企業にとっては安心です。   行政書士会の研修会で後輩行政書士への講師をされており、   非常に頼りになる先生ですが親しみやすく凄く優しい先生です。   行政書士の業界は勘違いして殿様のように偉そうにしている人が多い中、   先生は実績があるにもかかわらず偉ぶったところが全くありません。だからこそ、心からご推薦させて頂きます。   協同組合の設立から運営・技能研修まで何かあれば奥田先生にお任せすることをお薦めします。」    行政書士横山直和     ※以下の写真は行政書士横山直和と芸能人新田恵利さんとの雑誌対談風景です。  

「事業協同組合の設立から運営に関する手続きは全て私達にお任せ下さい。」

愛知県、岐阜県、三重県、静岡県対応いたします。電話料金が発生してしまうので、

お問い合わせフォームに「電話相談希望」と入力して頂ければ折り返しお電話させて頂きます。

このお問い合わせフォームは個人情報を保護するSSLジオトラストを使用。

ジオトラストは、SSL証明書、暗号化技術と第三者認証サービスにおける、全世界シェア 第二位のリーディングブランドです。

愛知県、岐阜県、三重県、静岡県の事業協同組合設立は行政書士奥田事務所へ 行政書士奥田順康事務所(岐阜県行政書士会 元会長)申請取次行政書士 行政書士登録番号88201377号  岐阜県岐阜市大洞緑山1丁目4-11 

「日中技北協同組合」 理事長 丹羽 稔様

奥田事務所さんとは、現在の「技能実習」制度が「研修」制度として

本格的にスタートしました平成4年頃からのお付き合いで、20年になります。

協同組合の設立から、入管手続に至るまでお世話になり、

現在は組合員十数社が技能実習生を受け入れ、

大きな問題もなく安定経営を維持しておりますが、

特に入管への手続きは、絶えず改正されるため、

専門家にお任せするのが得策であるとつくづく感じております。

今後も当組合のコンサル的な存在でもあります奥田事務所さんには、

大いにお世話になり、不況の時代を乗り越えて行きたいと思っております。

■行政書士横山事務所 行政書士横山直和

「奥田先生は岐阜県行政書士会の会長をされていた事もあり、他の行政書士が一目置く、大ベテランの先生です。

20年以上前から協同組合などの業務を手がけており、現在まで、多数の実績があるので、企業にとっては安心です。

行政書士会の研修会で後輩行政書士への講師をされており、

先生は実績があるにもかかわらず偉ぶったところが全くありません。だからこそ、心からご推薦させて頂きます。

協同組合の設立から運営・技能研修まで何かあれば奥田先生にお任せすることをお薦めします。」 

※以下の写真は行政書士横山直和と芸能人新田恵利さんとの雑誌対談風景です。

Source: http://www.gifu-kigyou.com/



動画を見ます 会社設立 愛知県

2016中心市街地探訪066・・愛知県豊田市

詳細について 会社設立 愛知県

これから起業をされる方、もしくは起業されて間もない方(起業から2年以内程度)の融資申請・融資獲得をサポートします。

創業融資獲得支援 サービス内容

事業計画書の作成 売上・経費推移表の作成 企業概要書の作成 など、主に日本政策金融公庫への融資申請に必要な書類作成の代行を行います。

創業融資獲得支援サービスの流れ

まずは、お気軽にご相談ください。ご不明な点などございましたら、お気軽にお尋ねください。

当事務所にご依頼をいただく申込書にサインをしていただきます。また、着手金として54,000円をお支払いただきます。(後日のお振り込み等でも結構です) その後、事業内容・起業の動機・売上・経費、など書類作成に必要な事項についてヒアリングさせていただきます。 (ヒアリングと言っても事前にご準備をいただくようなことはなく、当事務所からのご質問に順にお答えいただくだけで結構です。)   

日本政策金融公庫などに融資のお申込みに出向き、融資申し込みに必要な書類一式(申込書など)をもらってください。(後日、郵送で送られてくるケースもあります。)

                ↓

4.融資申請書類の作成、内容のご説明

当事務所が作成した事業計画書等の内容や売上予測の根拠などについてご説明させていただきます。

                ↓

できあがった書類を日本政策金融公庫など金融機関に提出していただきます。 その後、担当者の方との面談となります。 (面談時のアドバイスについても行いますのでご安心ください。)  

               ↓ 6.融資の可否の連絡

面談から早ければ一週間程度で融資の可否の連絡がきます。(通常は2~3週間はかかります。) 融資が獲得できた場合、当事務所へ成功報酬をお支払いただきます。(残念ながら融資が受けられなかった場合は、着手金以外の費用は発生しません。)

創業融資獲得サポート サービス料金

当事務所の融資サポートの報酬は、着手金と成功報酬の2本立てになっております。

1.着手金は融資申請額に関わらず、一律54,000円となります。(融資の可否に関わらず発生)

2.成功報酬は融資の決定額に応じて決定いたします。(融資獲得時のみ発生)

当事務所では合同会社の設立代行を行っております。 合同会社の設立の流れに従って、ひとつひとつの項目について、ご説明をしながら進めて参ります。 お客様は合同会社を設立するための専門的な知識がなくても、スピーディに会社を立ち上げることができます!

合同会社設立サポートの流れ

まずはお気軽にご相談ください。会社設立の疑問点などお気軽にお尋ねください。          ↓ 2.業務のご依頼

合同会社設立に関する委任状にサインをしていただきます。 また、114,000円(登録免許税:60,000円、当事務所報酬:54,000円)をお支払いただきます。        ↓ 3.定款の作成、定款の認証

定款の作成に必要な事項をお決めいただきます。(必要事項について、当事務所がヒアリングをしていきますので、お客様は専門知識がなくても問題ありません。) その後ヒアリング内容をもとに定款を作成いたします。(株式会社設立で必要となる、公証役場での定款認証は合同会社の場合、必要ありません。)        ↓ 4.出資金の払込 出資金(資本金)の振込をしていただきます。

これはお客様ご自身に行っていただきますが、必要な準備・手順等についてはアドバイスいたしますので、ここも専門知識は不要です。        ↓ 5.会社設立の登記申請、印鑑カードの作成

法務局で会社の登記を行います。また、会社の実印の登録を行います。 会社設立登記は登記の専門家である司法書士の方が行います。会社設立の登記を司法書士へご依頼される場合、当事務所から信頼できる司法書士の方へ依頼いたしますので、ご安心ください。(会社設立の登記を司法書士へご依頼される場合、別途司法書士手数料が必要になります。※30,000円~40,000円程度)

合同会社設立の費用総額比較

合同会社設立の費用総額について、お客様ご自身で手続きを行うケースと当事務所が代行するケースを比較いたします。

合計で100,000円必要になります。(登録免許税・・60,000円、収入印紙・・40,000円)

合計で114,000円となります。(登録免許税・・60,000円、当事務所の報酬・・54,000円) 当事務所が代行する場合、収入印紙代40,000円が不要となります。

当事務所が代行する場合、普通に考えると当事務所の報酬54,000円分増えるはずですが、上記の通り、ご自身合同会社の設立を行うと場合比較すると、実質14,000円で会社設立を専門家に丸投げすることができます。

なぜ、自分で合同会社を設立をするより当事務所に依頼をする方が安くなるのか?

会社を設立する際に必ず作成する定款は印紙税法上の課税文書に該当するので、定款の原本に40,000円の収入印紙を貼付しなくてはいけません。しかし、定款を紙ではなく電磁的記録による方法で作成すれば、印紙税法上の課税文書でなくなるため、40,000円の収入印紙が不要となります。この電磁的記録とは簡単に言ってしまうと、PDF文書のことです。PDFデータの定款は、電子文書という取り扱いになり、印紙税法上の課税文書の対象外となり、収入印紙が不要となります。当事務所は定款を紙ではなく電磁的記録による方法で作成するため、40,000円の収入印紙が不要になります。 ※電磁的記録による方法で作成しても、定款としての効力は紙で作成したものと同じですし、また、PDFの状態で保管されている定款を印刷して取引先に渡すなどもできますので、会社経営上、不具合になることは特にございません。

ご自身で会社を設立する場合も、電磁的記録による方法で定款を作成することは可能ですが、この方法で定款を作成する場合には、アクロバットのような文書をPDF化するソフト(電子署名が出来るもの)や電子証明書の準備が必要となります。それらを揃えるだけで数万円は必要になり、パソコンでの様々な設定も必要になるので、一回限りの使用ですと費用・時間からみて、揃えるのはあまりお得とは言えないかも知れません。 ※なお、専門家に頼めば全ての人が電子定款を作成するわけではなく、専門家であっても設備を持っていなければ通常通り紙での定款となり収入印紙の40,000円が必要になりますのでご注意ください。

まずはお気軽にご相談ください。会社設立の疑問点などお気軽にお尋ねください。

株式会社設立に関する委任状にサインをしていただきます。また、264,800円(登録免許税:150,000円、定款認証手数料:50,000円、当事務所報酬:64,800円)をお支払いただきます。

定款の作成に必要な事項をお決めいただきます。(必要事項について、当事務所がヒアリングをしていきますので、お客様は専門知識がなくても問題ありません。)

ヒアリング内容をもとに定款を作成し、公証役場で定款の認証を行います。(定款認証も当事務所が代行いたします。※岐阜県・愛知県に本社を置く場合のみ)

出資金(資本金)の振込をしていただきます。これはお客様ご自身に行っていただきますが、必要な準備・手順等についてはアドバイスいたしますので、ここも専門知識は不要です。

会社設立登記は登記の専門家である司法書士の方が行います。会社設立の登記を司法書士へご依頼される場合、当事務所から信頼できる司法書士の方へ依頼いたしますので、ご安心ください。(会社設立の登記を司法書士へご依頼される場合、別途司法書士手数料が必要になります。※30,000円~40,000円程度) また、法務局で会社の実印を登録していただきます。

合同会社は基本的に、会社に出資をした人全員が経営権を持ち、会社を代表する権利を持ちます。 なので例えば3人で出資をして合同会社を設立した場合、3人ともが会社を代表する権利を持つことになります。 また出資者の中に法人が入っている場合、その法人も会社を代表する権利を持つことになってしまいます。

実際の会社運営上は代表権をもつ人が複数いたり、法人が代表権をもっているより、誰かを代表とする方が社内的にも対外的にも業務運営が行い易いと思います。

そこで合同会社の組織構成は定款で定めれば、出資者のうち特定の人を代表社員(株式会社でいう代表取締役のような役職)とすることができます。 ちなみに合同会社の代表者は代表社員という名称になり、代表取締役とは名乗ることができません。(合同会社には取締役という役職が存在しないため)

合同会社の組織構成例

合同会社のいくつかの組織構成例をご紹介いたします。

1.1人で合同会社を設立した場合 →自動的に設立者(=出資者)が代表権を持ちます。

2.2人で合同会社を設立した場合 →原則として2人ともが会社の代表権を持ちます。ただし定款で代表権を持つ人を定めることにより、代表権を持つ人をひとりに絞ることができます。

3.個人(1人)と法人の出資で合同会社を設立した場合 →個人と法人の従業員が業務執行社員に選ばれた場合、2人とも代表権を持ちます。法人を業務執行社員と定款に定めた場合は、個人のみが代表権を持つことになります。

Source: http://1seturitu.com/

別れさせ屋 鹿児島県