会社設立 兵庫県

会社設立 兵庫県

会社設立 兵庫県

会社設立はお近くの専門家に御依頼下さい

会社設立を代行するだけならば、遠く離れた地域の方からも依頼を受けることはできます。実際、弊社でも事務所がある阪神地区から遠く離れた北海道や静岡県、神奈川県、東京都、福岡県、福井県などで会社を設立した実績があります。(御依頼いただいた皆様本当にありがとうございました)

しかしながら、事務所から遠く離れた方には会社設立後の「会社経営に関する疑問」までをサポートすることはできません。

もちろん、インターネットによる電子メールやスカイプ、電話・FAXなどの通信手段を用いてできる限りのサポートはさせていただいておりますが、「気軽に来所して実際にあって相談する」ということは遠く離れた地域の方では時間上・距離上不可能です。

インターネットの普及で「距離の壁が破壊された」といわれていますが、

「大阪や神戸で頑張る起業家を本当にサポートできるのは、大阪や神戸に気軽に足を運べる専門家のみ」

関西で頑張ろうと決意されたあなたを応援する為にこのWebサイトを立ち上げています。皆様のご利用お待ちしております。

格安事務所よりちょっと価格が高いのには訳がある!

甲子園法務総合事務所は「言われたままに手続を代行するだけ」「会社設立だけで、はいサヨナラ」の事務所ではありません!株式会社の設立代行比較表

大きく異なってくるのは事務所が定めている「手続の代行料(依頼料)」の部分。

甲子園法務総合事務所の会社設立依頼料は9万7200円(消費税込み)です。インターネットで検索していると格安代行事務所の価格提示が目立ちますので高く感じられる方もいらっしゃると思います。しかしながら弊社はこの価格にて提供させていただくサービスの内容には絶対の自信を持っています。

上の表をご覧ください。他の格安会社設立代行事務所と弊社との間のサービス内容の比較をしたものです。

◆会社設立にかかる交通費

甲子園法務総合事務所では、兵庫・大阪・京都・奈良・滋賀・和歌山といった近畿地方にて会社設立される場合は、交通費は一切いただきません。 格安代行事務所に御依頼される場合は、   「何円分の交通費までが依頼料に含まれているのか?」   「私が依頼した場合、どれぐらいの交通費がかかるのか?」 を必ずご確認ください。普通に考えれば3〜4万円の依頼料にて手続代行している事務所が1万円といった交通費を負担できるはずがないのです。

◆会社実印代

会社を設立する際に「会社の実印(代表印)」の作成が必要になります。個人の実印でも代用できますが、あまり格好良くなく見た目が悪いのでおすすめしません。通常会社の印鑑セットは購入すると安くても1万円ほどします。格安代行事務所の依頼料の数十%を占めることになりますので、当然サービスには付いていないはずです。会社の実印なんていままで作成したこと無いはずですので、ご自分で購入すると結構手間です。 甲子園法務総合事務所は「会社実印」「銀行印」「角印」の法人印鑑3本セット込みの価格です。お客様のご購入の手間も省かせていただきます。

◆会社設立時のメール相談料

格安代行事務所に多いのが、 「初回メール相談のみ無料。2回目からは3000円の有料メール相談

Source: http://takahara-office.com/?p=497



動画を見ます 会社設立 兵庫県

神戸市で資金調達に強い!税理士。会社設立もお任せください!

詳細について 会社設立 兵庫県

当事務所は、会社設立の電子定款認証において全国対応しております。

従来の紙での定款認証は、4万円の収入印紙が必要でした。

国の推進する行政の電子化に沿って、総務省の登記・供託オンライン申請システムによる公証人役場への電子化した会社定款の認証にすることによって、その印紙代4万円を節約できます。 

社会的信用が高くなる これが一番のメリットと言ってもいいでしょう。大手企業や自治体などと取引しようとする場合、法人化していないため取引をしてもらえないことが多々あります。個人のお客様相手でも、個人事業より株式会社のほうが信用が得られやすいです。

節税できる 利益が大きいほど会社にした方が税金面で有利です。一概には言えませんが、一般的には年間の利益が800万円以上で法人化を検討したほうがよいと思われます。

有限責任になる 個人事業の場合、債務について無限責任を負います。個人の財産まで債権回収されます。

株式会社の場合は出資の範囲内での有限責任を負います。出資した額より負債の額が大きくても出資した額以上、債権を回収されません。ただし会社名義での借り入れの際に代表取締役などが連帯保証人になることが多いです。この場合は無限責任と同じになってしまいます。

法人で許認可を取得できる 許認可の中には法人でなければ許認可が下りない事業があります。

また、個人事業主の場合、子供などに事業承継する場合に原則、新たに許認可を取得しなければなりませが、法人で許認可を取得すれば、役員変更等の手続きをすることで事業の承継が可能です。

住民税が高い 法人の所得に関係なく赤字であっても住民税(均等割り)7万円が発生します。

交際費が認められる範囲が狭い 資本金が1億円以下の会社は交際費が400万円を超えると税法上の費用になりません。また、400万円以下の部分も交際費総額の9割だけ費用となります。

また、資本金1億円以上の会社は全額費用になりません。

事務処理費用が増える 法人化すると社会保険や厚生年金などの費用が発生します。これはメリットとも言えますが、設立当初には負担が大きく経営者にはデメリットと言えるでしょう。

当事務所では、株式会社、NPO法人、医療法人、社会福祉法人、学校法人、組合等といった法人の設立手続とその代理(登記申請手続を除く)及び事業運営の支援を行います。

■株式会社設立の手続き 基本事項の決定

発起人・商号・所在地・資本金の額・事業目的・組織など 会社を運営していく中で基本的な事項を決定します。特に商号、事業目的は非常に重要な事項です。変更などがない様、十分に検討して決定します。

ポイント 助成金等設立以前に申請するべきものは、事前に検討が必要です。また、会社の機関設計も行います。同族会社の課税について、規定の変更がありましたので、役員・出資金の配分等にも考慮が必要です。                    ↓

類似商号の調査 本店と同じ住所地に同様の名称の会社がないか、調査します。まぎらわしい名前をつけると、後々面倒ですから入念に調べる必要があります。

ポイント 以前より類似商号については緩和されましたが、商売上まぎらわしい名前では間違えられたり、誤解をうけたりします。また先に商号を使用している会社より、損害を受けたとして賠償訴訟を起こされる可能性もあります。

                  ↓

定款の作成・認証 基本事項が決定しましたら、定款を作成します。定款の作成は、細心の注意を払って作成します。特に事業目的については、あらかじめ法務局で確認を取っておくほうが良いでしょう。 また、作成した定款は、認証を行う公証人役場にて、公証人に内容が問題ないか、確認を取っておきます。 確認後、問題が無いようでしたら、公証をお願いします。公証後、公証人役場にて、定款の謄本を取得しておくことも忘れずに。

Source: http://setsuritsu.ii-support.jp/

別れさせ屋