会社設立ソフト [会社設立 freee] (15G121150)

会社設立ソフト [会社設立 freee] (15G121150)

会社 設立 会計

平成21年12月22日に閣議決定されました「平成22年度税制改正大綱」により特殊支配同族会社(いわゆる一人オーナー会社)の役員給与の損金不算入制度が廃止されることになりました。 【制度の概要】  新会社法における一人会社の全面的解禁や最低資本金規制の撤廃等を背景として、個人事業主との負担の公平性を確保する観点(法人段階におけるオーナー給与の損金算入と個人段階における給与所得控除の「二重控除」の問題)から、いわゆる一人オーナー会社において発生するオーナー給与の合計額のうち給与所得控除額相当額が損金不算入とされていました。(平成18年度改正) 、「実質1人会社」の社長の役員給与について、給与所得控除額相当分を、法人の所得の計算上で損金不算入『経費にしない』とされました。

つまり実質1人会社とは「同族関係者で、株式の90%以上を保有し、かつ常務に従事する役員の過半数を占める会社」(特殊支配同族会社)をいいます。これは個人事業者が法人形態をとれば社長の役員給与について、法人で損金となり、さらに個人の給与所得の計算上、給与所得控除が出来るという「経費の二重控除」を防ぐのを目的とします。

このため10パーセント(ちょうど10パーセントではダメ)を超える株式を自分と自分の親戚以外に引き受けてもらうことが必要でしたが、平成22年4月よりこの制度が廃止されましたので、100%同族会社でも問題なくなりました。 【改正の内容】  本制度は、平成22年4月1日以後に終了する事業年度から適用されないこととなります。

これで、他人に株を持ってもらう必要がなくなりました。

通常の中小企業では、登記されている取締役=役員で会社運営上はそれで問題はありません。 会社法において役員とは、取締役、会計参与、監査役を指します。また会社法施行規則においては、これに加えて執行役、理事、監事その他これらに準ずる者も役員と規定されています。

ここで気をつけなければいけないことは、法人税では会社法の解釈とは違い、登記されている役員とは別に「みなし役員」という制度があります。

みなし役員とは、法人税法において、役員と同じ扱いをされるということになりますので会社設立時によくお考えになり、発起人の持株比率を調整されることをお勧めいたします。

みなし役員と認定されるのは次のような要件に当てはまる者をいいます。

会社設立をするとやらなければいけないことが山積みで、経理が疎かになってしまう社長さんがほとんどです。

サラリーマン時代は「資金繰り」「取引業者への支払い」「請求書の作成」「会計業務」などは、他の方が担当していましたが、会社を始めると最初のうちは社長がすべて行わなければなりません。

当然、会社は利益を上げていかなければなりませんが、「営業」「実務」等ばかりを優先していると、財務が疎かになり、会社の財務状況が一切分からない状態になってしまいます。

会社を人間の身体に例えると、社長は経営上の指示を出す「脳」であり、その指示によって健康な体を維持していきます。

この健康な体を維持していく上で、経理(財務)は非常に重要な役割をになっております。

Source: https://www.hitodeki.com/zeimu/



動画を見ます 会社 設立 会計

会社設立ソフト [会社設立 freee] (15G121150)

詳細について 会社 設立 会計

株式会社の設立手続きを無料相談で丁寧にポイントアドバイス

ご自分で会社設立の手続きを行う場合には、お金に替えることができないコストを支払っています。それは『時間』です。

独学でマニュアル本片手に会社設立に取り組んだ場合、20時間以上もの時間をかけた挙句、不備があって法務局に通ったり、おまけに設立後すぐに事業目的の変更が必要になり、 数万円の手数料が取られたり・・・と、大切な創業時に余計な時間とお金がかかってしまうかもしれません。 当社では会社設立のプロとして、サポート内容も、費用も、スピードも自信を持ってお手伝いいたします。

会社設立にかかる助成金・補助金

会社設立には、設備投資といった初期費用など、何かとお金が必要です。最初の段階ではできる限り固定費を増やさないなどの心がけはできますが、どうしてもかかってしまう分にはやむを得ません。 国や地方自治体では、創業/会社設立をする方に対し助成金/補助金を交付するなどの支援を行っています(実施機関や年度によっても、実施時期や支援内容は異なりますので、最新の情報を確認することが必要です)。会社の初期段階では、少しでも助成金があることで経営や資金繰りも楽になります。 当社でも、助成金や補助金の申請支援を行っております。詳細はお問合せ下さい。

設立以降も、一貫したお付き合い

会社設立後は、組織としての様々な形作りをしていく必要があります。 会計・税務・法務など、さまざまな分野にわたる事案(記帳方法、各種税務届出、雇用等)が発生した際にも、設立から一貫して関わっている専門家がいると、相談もスムーズです。また当社は様々な規模の企業様に対応可能ですので、会社の規模が拡大してからも変わらずにお付き合いいただけます。

小川会計の特徴

設立手続きだけでなく、事業計画の策定や、金融機関からの資金調達など、様々なことについて考えなければならないのが、起業・会社設立です。設立前からの総合的なご支援をお考えの方は、小川会計コンサルティングの「会社設�

Source: https://www.ogawakaikei.co.jp/accounting/others/establishment.php

別れさせ屋 秋田