商登法16 10 株式会社についてする設立登記 | 小泉司法書士予備校

商登法16 10 株式会社についてする設立登記 | 小泉司法書士予備校

会社 設立 法

商登法16 10 株式会社についてする設立登記 | 小泉司法書士予備校

詳細について 会社 設立 法



2005年6月29日、新会社法が国会で可決成立しました。

従来の商法の「会社」に関わる部分を大改正し、新たな法律として作られたのが、いわゆる「新会社法」(正式名称)です。これまでも商法の改正はたびたび行われてきましたし、また特例として確認会社制度を生み出したりということが行われてきましたが、今回は「会社」に関わるルールを根本から変えるものになっています。この新会社法が実際に施行される(ルールが変わる)のは、2006年の4月と見られています。

特に会社設立に関わる主な変更点は以下の通りです。

長く親しまれてきた有限会社制度が無くなります。(正確には株式会社に一本化される、統合されるということになりますが)では、現行の有限会社はどうなるのか? 新会社法の施行前に有限会社を設立した場合はどうなるのか? 詳しくは「新会社法で現行の有限会社はどうなる?」をご覧ください。

 ◆ 株式会社設立の要件が大幅に緩和される

従来は、少ない資本金で少ない人数の役員で気軽に会社を設立しようと思えば有限会社を活用したものですが、有限会社制度が廃止されると今後はどうなるのでしょうか?実は新会社法施行後は株式会社を従来の有限会社くらいの手軽さで(いえ、それ以上の手軽さで)設立できるようになります。資本金1円でもOK。役員(取締役)1名でもOKです。

 ◆ 新たな会社制度、日本版LLC(合同会社)制度が新設される

有限会社でもない、株式会社でもない、LLC(合同会社)と呼ばれる新会社形態が誕生します。これは、従来の株式会社とはその概念が大きく異なるものとなります。おそらくはベンチャー企業など、これからの起業家に大きな支持を受けると考えられます。詳しくは「LLCとは?(合同会社)」をご覧ください。

・・・その他、数え上げればきりがないほどの改正点があります。

今後、さらに施行までの間に様々な情報(法律以外にも役所内の各通達などで詳細部分が決まっていきますので)が出てくると思います。

作成:丸山行政書士事務所 丸山学行政書士 監修:296会社どっとこむ

Source: http://www.kaishasetsuritsu-chiba.com/cat-3/127.html



会社法とは、会社法制の現代化に対応するため平成18年5月1日施行された法律です。それまで、「会社法」という独立した法律は存在せず、商法の第二編、有限会社法、商法特例法というそれぞれ別個の法律に基づいて実務が運用されていました。平成に入り、会社分割制度の創設や持ち株会社の解禁など、次々と新しい制度が出来る度に商法を改正して対応してきましたが、新しい時代に対応すべく、一つの法律として再編成されたものです。

会社法施行において目玉となっているのは、なんといっても株式会社における定款自治の拡大です。有名なところでは、株式会社は原則として1,000万円以上の資本金と役員4名(取締役3名・監査役1名)がいないと設立できませんでしたが、会社法では資本金の制限はなくなり、役員についても最低1名いれば設立できることになりました。その他の詳細については後述しますが、旧商法の常識が通用しなくなる大改正でした。

商法時代は定款の記載内容ががんじがらめになっており、どの会社の定款もだいたい同じ内容でしたが、現在では自由度が高すぎて定款案を構成する際はかなり実務家としての知識とセンスを問われます。例えば、一番シンプルなテンプレートどおりに定款を作ってしまうと、株主に相続が発生した場合の定めがなかったりしますので、小規模な会社では株主総会に支障が出るケースが考えられます。最悪の場合、会社を乗っ取られます。詳細については株式のテーマの際にお話ししますが、ただ定款を作るだけなら誰でも出来てしまうのが怖いところです。実は非常に奥が深く、落とし穴も多いのが会社法における定款なのです。逆にいいますと、定款を極めれば会社法も極めることができるといっても過言ではないのではないかと思います。

次回は会社法のメインである株式会社の全体像からお話を進めたいと思います。

会社を設立するうえで、まず決定していただきたい情報は以下のチェックシートをご参照ください。

【株式会社】  株式会社設立チェックシート

【合同会社】  合同会社設立チェックシート

【一般社団法人】  一般社団法人設立チェックシート

【NPO法人】  NPO法人設立チェックシート

空欄にご記入のうえ下記の宛先へFAXまたはメールで送信してください。 現時点で分かる範囲でご記入いただければ、不明な部分は当方にてアドバイスをいたします。 よろしくお願いいたします。

Source: http://www.296kaisha.com/shinkaisha_setsuritsu.html

別れさせ屋 三重