会社を設立したい方 最初にかかる費用を 賢く抑えたくないですか?

会社を設立したい方 最初にかかる費用を 賢く抑えたくないですか?

会社 設立 要件

新会社法は、小泉改革の中のいわゆる商法改正の一環で、2006年5月に施行されました。50年ぶりとなる大規模な商法改正にはさまざまな項目がありますが、ここでは中小企業の方にとくに関係のありそうな内容についていくつかご説明いたします。

【1円の資本金でも株式会社の設立が可能に】

1円資本金会社とは、旧制度では有限会社は最低300万円、株式会社は最低1,000万円必要とされていた資本金(最低資本金制度)を、1円でもOKとするものです。実は1円資本金会社自体は、従前においても特例制度で設立が可能で、設立後5年以内に資本金を最低資本金まで引き上げるという条件で、会社を設立することが認められておりました(確認会社)。

ただし、厳密には、出資の最低額が1円という意味です。設立時の資本金の額は原則、設立に際し株主となる者が払い込みまたは給付をなした財産の額とされます(会社法445条1項)。しかし、発起人全員の同意があれば、この額から設立費用を控除することができます(会社計算規則43条1項3号)。ただし、資本金が0円であっても、株式の引受人は出資をしており、株式は発行されることになります。

【類似商号規制の廃止】

従前は、会社を設立する際にその会社の商号(会社名)を登記する際に、同一市町村内で同じ営業内容としている会社と同一または類似の商号があれば、新しく設立される会社はその商号を使用することができないと決められていました。そのため、これをチェックするために時間がかかる、という弊害がありましたが、今回の改正でこの類似商号禁止の制度が撤廃され、会社設立の手続きのスピードが向上しました。

ただし、同一住所にて登記する他人の商号と同じ商号は使用することができません。また、不正

Source: http://j-net21.smrj.go.jp/well/qa/entry/Q0021.html



動画を見ます 会社 設立 要件

会社を設立したい方 最初にかかる費用を 賢く抑えたくないですか?

詳細について 会社 設立 要件

合同会社が、法人として成立するためには、最低限以下の条件を満たしている必要があります。

1.出資が信用や労務ではなく、金銭等で払い込みがされていること 2.社員として人(法人を含みます)が実在すること 3.会社の登記が完了していること

合同会社の社員は、株式会社や有限会社の取締役等と違い、社員になるための要件というものがありません。

つまり、刑法上や商法上で罪を犯した人や認知症等により裁判所から審判を受けた人(成年被後見人)でも出資金をきちんと払い、登記が容認されれば誰でも(法人でも)社員になることが出来ます。

Source: http://llc-g.net/how-to/basic/post-8.html

www.wakare-pro.com