えっ?こんだけ?会社設立出来ました

えっ?こんだけ?会社設立出来ました

会社 設立 法務局

対面して行う場合は、東京多摩地区、東京23区、東京近郊など、当センターまで来所して頂けるお客様や、当センターからの無料出張をご希望されるお客様に対応させて頂いております。

【東京多摩地区】 立川市、 武蔵野市、 町田市、 八王子市、 三鷹市、 西東京市、 狛江市、 国分寺市、 国立市、 調布市、 府中市、 武蔵村山市、 東大和市、 小平市、 小金井市、 福生市、 多摩市、 稲城市、 日野市、 羽村市、 青梅市、 あきる野市、 日の出町、 檜原村、 奥多摩町、 瑞穂町、 昭島市、 清瀬市、 東村山市、 東久留米市

【東京23区】 東京都、 千代田区、 中央区、 港区、 世田谷区、 大田区、 目黒区、 品川区、 渋谷区、 杉並区、 中野区、 練馬区、 新宿区、 江東区、 墨田区、 葛飾区、 江戸川区、 台東区、 文京区、 荒川区、 足立区、 北区、 豊島区、 板橋区

【神奈川県】 横浜市( 鶴見区/ 港北区/ 都筑区/ 青葉区/ 神奈川区/ 緑区/ 西区/ 保土ヶ谷区/ 旭区/ 瀬谷区/ 中区/ 南区/ 磯子区/ 港南区/ 金沢区/ 栄区/ 戸塚区/ 泉区)、 川崎市( 川崎区/ 幸区/ 中原区/ 高津区/ 宮前区/ 多摩区/ 麻生区)、 相模原市、 厚木市、 小田原市、 大和市、 海老名市、 綾瀬市、 座間市、 鎌倉市、 横須賀市、 三浦市、 葉山町、 藤沢市、 茅ヶ崎市、 寒川町、 伊勢原市、 平塚市、 清川村、 秦野市、 大磯町、 二宮町、 中井町、 大井町、 松田町、 開成町、 山北町、 南足柄市、 箱根町、 湯河原町、 真鶴町

【埼玉県】 さいたま市( 西区/ 北区/ 大宮区/ 見沼区/ 中央区/ 桜区/ 浦和区/ 南区/ 緑区/ 岩槻区)、 川口市、 戸田市、 蕨市、 和光市、 朝霞市、 新座市、 所沢市、 志木市、 富士見市、 ふじみ野市、 川越市、 入間市、 三芳町、 狭山市、 草加市、 八潮市、 三郷市、 越谷市

【千葉県】 千葉市、 浦安市、 市川市、 船橋市、 習志野市、 松戸市、 鎌ヶ谷市、 流山市、 柏市、 我孫子市 八千代市

Source: http://www.goudo-co.com/houmukyoku/index.html



動画を見ます 会社 設立 法務局

えっ?こんだけ?会社設立出来ました

詳細について 会社 設立 法務局

「株式会社?」それとも「合同会社?」

「株式会社」と「有限会社」。以前は会社と聞いて思い浮かべるのはこの2つでした。しかし平成18年5月1日施行の新会社法により、現在はもう有限会社を設立する事はできなくなり、新しく「合同会社」が設立できるように! ただし「株式会社」と「合同会社」は、法人としての仕組みそのものが違います。それぞれにメリットとデメリットがありますので、お客様の設立したい会社の内容を踏まえた上で、どちらの法人で設立した方が良いか必ずご検討下さい。場合によっては一般社団法人にした方が良いケースもあります。 尚、初期費用の都合だけで合同会社にした場合、後日運営の際に問題となるケースが多発していますので、専門家には必ずご相談下さい。

司法書士は、登記申請と商法と会社法の専門家。社団法人・医療法人・社会福祉法人など、その他の各種法人の設立登記申請や、ご相談も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。 また、外国の方の会社設立もお受けしております。詳細についてはまずお問合せ下さい。

株式会社 設立登記申請   総額 金24万円(税込) (※印紙代15万円・公証人定款認証費用約5万2千円込。) 合同会社 設立登記申請   総額 金10万円(税込) (※印紙代6万円込。公証人費用・定款貼付印紙代は不要。) 一般社団法人 設立登記申請 総額 金15万円(税込) (※印紙代6万円・公証人定款認証費用約5万2千円込。) ※ 顧問契約の締結などの条件は一切ありません。ご安心下さい。 ※ その他の法人設立についてはお問合せ下さい。 ※ 会社設立後の謄本代1通の実費が含まれています。 ※ 謄本通数の追加、印鑑証明書の取得がある場合は実費のみ追加されます。 ※ 現物出資される場合は、1万円が加算されます。 ※ 本店所在地が札幌法務局の管轄ではない場合、1万円が加算されます。

会社設立登記は司法書士が専門家です!

「司法書士に会社設立を頼むと高いよ!」 誰かに相談された時、こんな話を聞きませんでしたか?でもちょっとお待ち下さい。自分で会社設立の登記をした方が安いのは昔の話。 インターネットの普及により、定款の電子認証が可能になり、司法書士に依頼しても、費用がぐっとお安くなりました。 最近、司法書士ではない業者が設立登記申請の手続き代行を行っていますが、法律でお客様の「代理人」として法務局に登記を申請する事は、司法書士だけに認められています。(下記Q&A参照) 司法書士は「商法・会社法」の国家試験をパスしている会社登記の専門家です。 「会社設立・札幌相談室」では、会社法と登記のプロである司法書士が、ご相談から登記申請まで、お客様の代理人として責任をもって会社設立手続きを行っております。 顧問契約等の条件も一切ありませんので、安心してご依頼ください。

司法書士は法律でお客様の代理人として法人登記の申請が認められている専門家です。 お客様に法務局・公証人役場へ行っていただく必要は一切ありません。 法務局から連絡がくることも一切ありません。 顧問契約の締結はありません。追加請求もありません。(※)  

司法書士は、会社法と登記の専門家です。 法律を踏まえて将来の事も考慮したアドバイスが可能ですので、お客様の会社の「業種」「内容」「今後の方向性」等よくお聞きし、安心・安全な設立登記の申請を行っています。 定款の内容は、後から訂正する場合に費用がかかります。後で後悔しないためにも、まずは会社法のプロである司法書士にご相談下さい。 ご自分で登記される場合でも費用は変わりません!

会社を設立後も司法書士なら相談できます!

※北海道内の法人登記の管轄法務局について※ 現在、札幌法務局の法人登記申請の管轄区域が拡大されました。⇒ 札幌市以外のお客様からのご依頼も多数お受けしておりますのでお気軽にご相談下さい。まずはメールやお電話にて、ご相談をお受けしております。相談は無料です。 尚、札幌法務局以外での会社設立依頼もお受けしております。司法書士はインターネット登記申請が可能ですので日当交通費は一切頂いておりません。安心してご依頼下さい。

札幌駅北口から徒歩5分、相談は無料! まずはお気軽にお問い合わせ下さい。 (電話受付 AM9:00〜PM6:00 土日祝日定休)    「やっぱりプロに頼んだ方が安心!」 とお考えの方はこちらもご覧下さい! 「いや、高くついても自分で会社設立したい」 とお考えの勇敢な方はこちらへ!

顧問契約はありますか?顧問料はいくらですか? 最近「本当に顧問契約はないの?」というお問合せが増えました。当事務所は司法書士事務所ですので、顧問契約などの条件は一切ありません。安心してご依頼ください。

私が法務局へ行く必要はありますか? 司法書士は、お客様から委任状をいただいて代理人として登記申請をします。お客様に法務局へ行っていただく必要は一切ありません。委任状は申請時に法務局へ提出しますので、法務局からお客様のところへ連絡がくる事も一切ありません。

どうして費用が安くなったのですか? インターネット申請のおかげです。司法書士はお客様の代理人としてオンライン登記申請が可能になりました。さらに、会社設立の際に必要な公証人役場での定款認証もインターネットで可能になり、収入印紙4万円が不要になりました。よって価格を引き下げた次第です。 

会社設立の専門家は?代行業者とは違うの? 会社設立には登記申請が必要です。登記申請は司法書士の専門業務となっております。「商法・会社法」を含む司法書士国家試験をパスしている商業登記の専門家ですので、お客様の代理人となり、責任をもって登記申請を行う事が法律で認められています。 司法書士ではない代行業者が横行していますが、代理人として登記申請する事は司法書士にしかできませんので、斡旋費用が加算される場合、「顧問契約」の締結等が条件となる場合、違法に登記申請を行っている場合等があり、司法書士法違反で逮捕される業者も出ていますので、ご注意下さい。 尚、設立後には役員変更などの会社に関する各種変更、増資や会社分割など様々な登記申請や相談は司法書士の業務です。会社の登記申請は直接司法書士をご用命下さい。 代行業者に依頼する際は、司法書士が代理人として登記申請するのかを確認しましょう。

許認可の手続きもしたいのですが。 各種許認可の手続きは、行政書士の専門業務です。当事務所では、各種許認可が必要な場合は、提携行政書士と連携して会社設立手続きを進めています。安心してご相談下さい。事前に行政書士からお見積もりをお渡し致します。紹介料等は一切いただいておりません。

労務や税金関係の相談もしたいのですが。 当事務所には、提携している税理士、社会保険労務士が多数おりますので、お客様の会社の所在地や、ご要望に合った方をご紹介しております。紹介料等は一切いただいておりませんので安心してご相談下さい。

資本金はいくら必要ですか? 株式会社は1円からでも可能です。合同会社は0円からでも可能です。

役員と言っても自分しかいません。他に誰か必要ですか? ご安心下さい。お一人でも大丈夫です。

会社の目的は後で追加や変更はできますか?費用はかかりますか? 追加や変更はいつでも可能ですが、申請の際には法務局に登録免許税として3万円を納める必要があります。近い将来に営業する予定のある目的については、予め目的の中に入れる事をお勧めします。ただし、あまり多く入れる事で弊害の出るケースもありますので、目的を決める際にはお客様の会社の内容や業種に合わせてご提案させていただいております。

Source: http://seturitu-soudan.sakura.ne.jp/

別れさせ屋 宮崎