会社設立 一般貨物運送業許可 申請要件など相談しながら進めたい方|行政書士 大阪市

会社設立 一般貨物運送業許可 申請要件など相談しながら進めたい方|行政書士 大阪市

会社 設立 要件

会社設立 一般貨物運送業許可 申請要件など相談しながら進めたい方|行政書士 大阪市

詳細について 会社 設立 要件



会社法改正ポイント1 最低資本金制度撤廃

こちらが今回の会社法改正の一番大きなポイントと言えるでしょう。2003年には中小企業挑戦支援法の制定により「確認会社・1円会社」の制度が出来ました。

この制度も「最低資本金制度の免除」が大きなポイントでしたが、こちらの制度はあくまでも特例措置だったのです。

※特例の条件として、確認会社・1円会社を設立した場合、株式会社1000万円、有限会社300万円まで5年以内に増資する義務がありました。

今回の新会社法の施行後は最低資本金制度は完全になくなりますし5年以内の増資義務もありません。

※確認会社の制度で会社設立をされた方は、定款から「解散事由」を削除し、登記申請することで増資義務、解散事由を抹消することができます。

詳しくはこちら → 定款変更マニュアル

現在では法定実費(ご自身で手続きをしてもかかる費用)が24万円程度かかるものの、資本金は1円からでも 会社を設立できるようになりました。

会社法改正ポイント2 役員の制限がなくなる

これまで株式会社を設立する際には、取締役3名・監査役1名が必要でした が、今後は「取締役1名」で株式会社を設立することが出来ます。

(正確には全ての株式会社が1人でO.Kと言うわけではなく、あくまで株式譲渡制限タイプの中小企業です。)

※株式譲渡制限会社とは・・・「株式を譲渡(売却)する際に会社の取締役会の承認を得なければならない」と定款で定めている会社のことで、ほとんどの中小会社はこちらに該当します。

(譲渡(売却)を認めない場合には、会社が新たな売却先を指定することになります。)

これによって全く知らない第三者や会社にとって迷惑な人物が株主になることを防ぐ事ができます。

新会社法の下では、この「株式譲渡制限会社」のみ取締役1人の株式会社を設立する事が出来ます。

※実際に当事務所へご依頼頂くお客様も、ほとんどはこの1人株式会社のタイプです。

 → 安く簡単に「1人株式会社」を設立したい方はこちらをクリック

これも資本金制度撤廃に次ぐ大きなポイントです。上記、最低資本金制度撤廃合わせると、「お金がなくても、人がいなくても株式会社が作れる」と言うことですね。

また、役員の任期に関しても若干の変更があります。

株式会社 → 取締役2年、監査役4年

新会社法施行後の現在は、定款により取締役 ・監査役ともに最長10年まで任期をのばすことも可能になりました。

これによって一体何が良いのかと言いますと、これまでは任期ごとに、たとえ役員に変更がなくとも、 再任の手続きが必要でした。手間もかかりますし、費用も最低1万円かかります。専門家に依頼すれば更に数万円報酬が必要になります。

定款で任期10年と定めれば、最大10年は手続き不要なわけですからちょっぴりお得です。

任期を10年まで伸ばしたい、定款変更をしたいと言う方はこちら → 任期伸長マニュアル

会社法改正ポイント3 類似商号の規制緩和

この商号ですが、これまでは自由に決める事ができませんでした。

どういう事かと言いますと、同一市区町村内では混同しやすい似たような名前は付けられず、設立の際や社名変更の際には管轄法務局まで出向き、いちいち商号のチェックをしなければなりませんでした。

 → 類似商号に関するもっと詳しい説明はこちら

以前 → 「同一の市区町村にすでに類似の商号が存在している場合は登記できない」

現在 → 「同一の住所にすでに類似の商号が存在している場合は登記できない」

つまり、現在では例えば持ち家(一軒家)を本店登記する場合は、同一住所に他の会社は存在 しないわけですから、手続き上は好きな商号を付けて登記することができます。

ただし、近くに似た商号で同一の事業をしている会社がある場合など、不正競争防止法による商号使用の差止め請求や 損害賠償請求をされるといった可能性もありますし、さすがに近隣のお客様にも混乱を与えます。

ですので、類似商号の調査は引き続き行う事をお勧め致します。

そして似たような社名が近隣にあれば、 それは避けて別の名前に変更した方が無難でしょう。

多くの方が商号に関しての規制はなくなったと勘違いしていますので、気をつけましょう。

Source: http://www.1-kigyou.com/newcorp.html



特定派遣事業の場合には一般派遣事業と違い事務所の広さの要件(20�u)が基本的にはございませんが、個人情報を扱うことから独立性は問われます。

以上のことを踏まえて事務所をどこに置くかを選定されるとよいでしょう!

ちなみに派遣事業をおこなう事務所は、本店所在地とは別の場所でもOKです。

もちろん自宅でもOKですが、賃貸の場合は事務所使用が可能かどうか、個人で借りている場合は新たに設立した法人への転貸が認められる物件かどうかも事前に確認しておく必要があります。

*弊社のほうで転貸契約書あるいは使用承諾書はご用意いたします。

会社設立時に労働者がいる場合には、労働保険(労災保険・雇用保険)には加入する必要がありますので、すぐに新規加入の手続きを行わなくてはいけません。

また社会保険(健康保険・厚生年金)については、社長ひとりの法人であっても強制加入となっておりますで、すぐに新規加入の手続きを行わなくてはいけません。

また、労働者をまだ雇用していない時点でも、先に特定派遣事業の届出をおこなうことは可能ですが、誓約書や申立書が必要になります。

*弊社で誓約書や申立書はご用意いたします。

特定派遣事業の場合でも、派遣元責任者の選任が必要です。

ただし、派遣元責任者講習の義務がありません。

派遣元責任者になるには、原則的に雇用管理経験が3年以上必要となります。

社長自らが派遣元責任者を兼任することは可能です。

ただし派遣元責任者は常勤である必要があることから、他社にお勤めの方の名義借りとかは認められていません。

[3]以下の添付書類2通(正本1通、写し1通)

2.履歴事項全部証明書(登記簿謄本)

3.役員(監査役も含む)の住民票の写し

*(本籍地の記載のあるもの。外国人にあっては、外国人登録証明書。)

  *(入社退社などの履歴の空白がないように記載。)

  *(賞罰の有無についても記載。)

5.事業所の使用権を証する書類(賃貸契約書など)

  *自宅(本人・家族所有)の場合は建物の不動産登記簿謄本

6.事業所のレイアウト図(間取り図)*机やロッカーの配置がわかるもの

  *(本籍地の記載のあるもの。)

  *(入社退社などの履歴の空白がないように記載。)

  *(賞罰の有無についても記載。)

  *(雇用管理経歴についても記載)

※複数の事業所を届け出る場合は上記5〜9については事業所ごとに必要です。

会社の事業目的には「労働者派遣事業」を入れておく必要があります。

もしなければ、早急に事業目的の変更登記を法務局で行う必要があります。

また、資本金ですが、特定派遣事業には資産要件がありませんので、資本金は1000万円未満でもかまいませんが、最近は資本金が1円とか少額の派遣会社とは派遣契約を結ばない会社もあることから、注意が必要です。

*異業種進出時の助成金が受給できる場合があるのでお問い合わせください。

特定派遣事業の場合には一般派遣事業と違い事務所の広さの要件(20�u)が基本的にはございませんが、個人情報を扱うことから独立性は問われます。

以上のことを踏まえて事務所をどこに置くかを選定されるとよいでしょう!

ちなみに派遣事業をおこなう事務所は、本店所在地とは別の場所でもOKです。

もちろん自宅でもOKですが、賃貸の場合は事務所使用が可能かどうか、個人で借りている場合は新たに設立した法人への転貸が認められる物件かどうかも事前に確認しておく必要があります。

*弊社のほうで転貸契約書あるいは使用承諾書はご用意いたします。

特定派遣事業の場合でも、派遣元責任者の選任が必要です。

ただし、派遣元責任者講習の義務がありません。

派遣元責任者になるには、原則的に雇用管理経験が3年以上必要となります。

社長自らが派遣元責任者を兼任することは可能です。

ただし派遣元責任者は常勤である必要があることから、他社にお勤めの方の名義借りとかは認められていません。

[3]以下の添付書類2通(正本1通、写し1通)

2.履歴事項全部証明書(登記簿謄本)

3.役員(監査役も含む)の住民票の写し

*(本籍地の記載のあるもの。外国人にあっては、外国人登録証明書。)

  *(入社退社などの履歴の空白がないように記載。)

  *(賞罰の有無についても記載。)

5.事業所の使用権を証する書類(賃貸契約書など)

  *自宅(本人・家族所有)の場合は建物の不動産登記簿謄本

6.事業所のレイアウト図(間取り図)*机やロッカーの配置がわかるもの

  *(本籍地の記載のあるもの。)

  *(入社退社などの履歴の空白がないように記載。)

  *(賞罰の有無についても記載。)

  *(雇用管理経歴についても記載)

※複数の事業所を届け出る場合は上記5〜9については事業所ごとに必要です。

特定派遣事業の場合には一般派遣事業と違い事務所の広さの要件(20�u)が基本的にはございませんが、個人情報を扱うことから独立性は問われます。

以上のことを踏まえて事務所をどこに置くかを選定されるとよいでしょう!

もちろん自宅でもOKですが、賃貸の場合は事務所使用が可能かどうか、転貸の場合は認められる物件かどうかも事前に確認しておく必要があります。

*弊社のほうで転貸契約書あるいは使用承諾書はご用意いたします。

既に、労働者がいる場合は、必ず労働保険(労災保険・雇用保険)に加入する必要がありますので、加入手続きをとっていない場合は、すぐに加入手続きを行います。社会保険(健康保険・厚生年金)については、労働者が5名未満であれば、任意加入ですので、加入手続きをとる必要はありません(届出の際にはこのことを説明した申立書の添付が必要となります)。

なお、5名以上の場合は強制加入となっていますので、個人事業であっても加入手続を行う必要があります。

また労働者をまだ雇用していない時点でも、先に特定派遣事業の届出をおこなうことは可能ですが、誓約書や申立書が必要になります。

*弊社で誓約書や申立書はご用意いたします。

特定派遣事業の場合でも、派遣元責任者の選任が必要です。

ただし、派遣元責任者講習の義務がありません。

派遣元責任者になるには、原則的に雇用管理経験が3年以上必要となります。

代表者自らが派遣元責任者を兼任することは可能です。

ただし派遣元責任者は常勤である必要があることから、他社にお勤めの方の名義借りとかは認められていません。

[3]以下の添付書類2通(正本1通、写し1通)

*(本籍地の記載のあるもの。外国人にあっては、外国人登録証明書。)

  *(入社退社などの履歴の空白がないように記載。)

  *(賞罰の有無についても記載。)

3.事業所の使用権を証する書類(賃貸契約書など)

  *自宅(本人・家族所有)の場合は建物の不動産登記簿謄本

4.事業所のレイアウト図(間取り図)*机やロッカーの配置がわかるもの

  *(本籍地の記載のあるもの。)

  *(入社退社などの履歴の空白がないように記載。)

  *(賞罰の有無についても記載。)

  *(雇用管理経歴についても記載)

※複数の事業所を届け出る場合は上記3〜7については事業所ごとに必要です。

Source: http://www.tokyohaken.net/jigyou/jigyou04.html

www.wakare-pro.com