起業 経費削減 都内

起業 経費削減 都内

会社 設立 経費

起業 経費削減 都内

詳細について 会社 設立 経費



法人ならではの節税対策!

会社を設立するきっかけは、信用面のメリットと併せて、やはり節税を狙ってのことが多いでしょう。 法人ならではの節税対策をいくつかあげると以下のとおりです。 自分や家族に給与を支給し、 給与所得控除を受けることができる 会社が獲得した利益を、会社と個人に分散できる 生命保険料を必要経費にできる 個人では経費と認められないものが、法人では経費にできる 繰越欠損として赤字を9年間繰り越すことができる そもそも法人は個人より税率が低い 消費税の納税義務が一定期間免除される 減価償却費をその年の所得に合わせて任意で計上できる 経営者やその家族に対する退職金を、 法人の必要経費にできる 将来の相続対策に利用できる

ほかにもここに挙げきれないほどの様々な節税対策があります

その中でも比較的容易で、かつ、効果的な節税対策をご紹介します。

役員報酬を支給することで、所得を会社と個人に分散させ、かつ、給与所得控除を受ける

個人で事業をしていた場合、獲得した所得には全額所得税が課税されます。 しかし経営者自身に対して給与を支払うことで、法人では役員報酬として費用計上され、さらに経営 者自身については給与所得控除として一定の金額が控除されます。

仮に役員報酬が年600万円の場合、174万円もの金額が控除されることになります。 さらに所得(=利益)が法人と個人に分散されることにより、個人で事業していた場合より税率が安 く済みます。

ただし役員報酬の支払いには十分な注意が必要です。というのも役員報酬の金額は一度決めたら1年間は変更できないからです。金額が多すぎても少なすぎても逆効果となってしまう可能性があります。 必ず顧問税理士のアドバイスを受けるようにしましょう。

小規模企業共済に加入

小規模企業共済はいわば経営者自身のための退職金の積立保険です。 掛け金は月額1,000円~70,000円の間で自由に選ぶことができます。

小規模企業共済は他の保険とちがい、払った掛け金の全額が個人の所得から控除することができます。 (一般の生命保険料は最大50,000円の控除、小規模企業共済は最大840,000円の控除)

さらに掛け捨てではなく積立なので、解約時には相当の金額が回収されます。

自宅家賃を会社の経費にする

賃貸住宅にお住まいの経営者の場合、借主名義を法人にすることで自宅家賃を法人の経費にすることができます。また法人で住宅を購入し経営者に貸し出すことでも多くのメリットがあります。

ただし、いずれの場合も合理性や家賃相場などが問われる可能性がありますので、顧問税理士に相談したうえで実践しましょう。

Source: http://www.sbc-seturitu.com/tax.html



平成21年12月22日に閣議決定されました「平成22年度税制改正大綱」により特殊支配同族会社(いわゆる一人オーナー会社)の役員給与の損金不算入制度が廃止されることになりました。 【制度の概要】  新会社法における一人会社の全面的解禁や最低資本金規制の撤廃等を背景として、個人事業主との負担の公平性を確保する観点(法人段階におけるオーナー給与の損金算入と個人段階における給与所得控除の「二重控除」の問題)から、いわゆる一人オーナー会社において発生するオーナー給与の合計額のうち給与所得控除額相当額が損金不算入とされていました。(平成18年度改正) 、「実質1人会社」の社長の役員給与について、給与所得控除額相当分を、法人の所得の計算上で損金不算入『経費にしない』とされました。

つまり実質1人会社とは「同族関係者で、株式の90%以上を保有し、かつ常務に従事する役員の過半数を占める会社」(特殊支配同族会社)をいいます。これは個人事業者が法人形態をとれば社長の役員給与について、法人で損金となり、さらに個人の給与所得の計算上、給与所得控除が出来るという「経費の二重控除」を防ぐのを目的とします。

このため10パーセント(ちょうど10パーセントではダメ)を超える株式を自分と自分の親戚以外に引き受けてもらうことが必要でしたが、平成22年4月よりこの制度が廃止されましたので、100%同族会社でも問題なくなりました。 【改正の内容】  本制度は、平成22年4月1日以後に終了する事業年度から適用されないこととなります。

これで、他人に株を持ってもらう必要がなくなりました。

通常の中小企業では、登記されている取締役=役員で会社運営上はそれで問題はありません。 会社法において役員とは、取締役、会計参与、監査役を指します。また会社法施行規則においては、これに加えて執行役、理事、監事その他これらに準ずる者も役員と規定されています。

ここで気をつけなければいけないことは、法人税では会社法の解釈とは違い、登記されている役員とは別に「みなし役員」という制度があります。

みなし役員とは、法人税法において、役員と同じ扱いをされるということになりますので会社設立時によくお考えになり、発起人の持株比率を調整されることをお勧めいたします。

みなし役員と認定されるのは次のような要件に当てはまる者をいいます。

会社設立をするとやらなければいけないことが山積みで、経理が疎かになってしまう社長さんがほとんどです。

サラリーマン時代は「資金繰り」「取引業者への支払い」「請求書の作成」「会計業務」などは、他の方が担当していましたが、会社を始めると最初のうちは社長がすべて行わなければなりません。

当然、会社は利益を上げていかなければなりませんが、「営業」「実務」等ばかりを優先していると、財務が疎かになり、会社の財務状況が一切分からない状態になってしまいます。

会社を人間の身体に例えると、社長は経営上の指示を出す「脳」であり、その指示によって健康な体を維持していきます。

この健康な体を維持していく上で、経理(財務)は非常に重要な役割をになっております。

Source: https://www.hitodeki.com/zeimu/

www.wakare-pro.com