起業をスピードアップし、成功させる方法

起業をスピードアップし、成功させる方法

会社 起業 方法

起業をスピードアップし、成功させる方法

詳細について 会社 起業 方法



株式会社の設立手続きの方法

2006年5月より施行された新会社法により株式会社に制度が一本化されました(有限会社の新設は不可)。今後設立できる会社は、株式会社、合名会社、合資会社、及び新設された合同会社(LLC)の4種類です。 大部分の人は、株式会社の設立になるでしょうから、ここでは株式会社の設立手続きについて簡単にお話します。

●登記が必要

個人事業の場合には、基本的に開業届けを最寄りの税務署に提出すればOKで、特別な手続きは必要ありませんが、会社を設立する場合には「登記」が必要になります。会社の本店所在地を管轄する法務局に設立登記申請をして、初めて法人格を持つ会社として認められます。

●手続きは誰がするの?

株式会社の設立手続きは法律に定められた手順に沿った方法で書類を作成して官公庁に届け出なければなりません。手続きは、もちろん自分でもできますし、司法書士などの専門家に頼んで、手続きを代行してもらうことも可能です。 ただし専門家に依頼する場合には、費用がかかりますが(10万円〜20万円の手数料)、時間や手間は大幅に節約できます。ほとんどの人にとっては、設立手続きは最初で最後になる可能性が高いと思われますので、煩雑な設立手続きは専門家に任せてしまって、持てる力のすべてをビジネスに投入するというのも、ひとつの方法かもしれません。

●手続きが簡単に!

会社設立の手続きはむずかしい、という印象を持っている人は多いと思いますが、新会社法の施行により類似商号の制約が廃止されるなど、以前よりも簡便になっています。また、必要書類の大部分は、書店などで購入できますし、市販されていない用紙についても一部、法務局で無料で入手できるものもあります。 申請手続きでわからない部分があったとしても、官公庁の窓口などで教えてもらうことができますし、記載例を掲載したマニュアル書も多く販売されていますので、それらを参考にするのもよいでしょう。

●自分でやってみる

専門家にすべてを任せていては、「経営者」「起業家」としての自覚がなかなか持ちにくいという面もあります。ですから、もしも時間的に余裕があれば、自分でやってみるのもいいでしょう。じっくりと自分で一つひとつわからないことを調べながら、手続きをしてみるというのも、今後のビジネスを考える上でよい経験になるはずです。

Source: http://www.kaigyou.net/kigyo/



個人事業で起業する方法は?

起業する際に、多くの方は法人を設立せずに、まずは個人事業として始めています。

個人事業で始めるメリットは、最低限の資金で起業できるところです。

言ってしまえば、0円で起業することができます。

また、法的な手続きを必要とせずに起業することができます。

個人事業として始めても、途中から会社を設立することはできるので、無理に最初から法人を設立する必要はないのです。

ここでは、個人事業で起業する際に、必要なものについて説明していきます。

これらのものを用意し、税務署に開業届けを出すだけで個人事業として起業することが可能です。

簡単に始められると言うメリットは大きいので、事業が大きくなるまでは個人事業主としてスタートすることをオススメします。

株式会社・合同会社で起業する方法は?

ここでは、株式会社・合同会社で起業する方法について説明していきます。

�@まずは、発起人・商号・本店所在地・事業目的・事業年度といった会社を設立する際に必要な事項を決めましょう。

�A同じ住所に同じ商号が存在していないか法務局で確認しましょう。また、事業目的が法律で規制されていないか確認しましょう。

�B会社を経営していく上で必要な印鑑を作りましょう。

�C会社の基本原則である定款を作成し、公証人に認証してもらいます。

�D定款で定めた資本金を、出資者の名義で振り込んでください。

�E法務局で会社の登記を行いましょう。株式会社なのか合同会社なのかで、法務局に提出する書類は変わってきますので、気を付けてください。

�F無地に会社の登記を終えたら、税務署や社会保険事務所といった関係機関に必要な書類を提出しましょう。

法人として設立する際に、株式会社と合同会社による手続きの違いはほとんどありません。

しかし、合同会社は、株式会社よりも安い費用で設立することができます。

また、株式会社と同じように法人格を得られ、設立した後の維持費は株式会社よりも安く抑えられるというメリットがあります。

そして合同会社の最大の特徴は、所得の利益配分を自由に決められるのです。

法人として設立する際は、株式会社にするか合同会社にするか決めなくてはなりませんが、費用を安く抑えたいという方には合同会社をおすすめします。

Source: http://www.watashi-kigyou.com/000224.htm

別れさせ屋