【簡単!あなたが設立する会社の設計図】株式会社設立マニュアル「小さな会社の設立手順書」

【簡単!あなたが設立する会社の設計図】株式会社設立マニュアル「小さな会社の設立手順書」

会社 設立 情報

【簡単!あなたが設立する会社の設計図】株式会社設立マニュアル「小さな会社の設立手順書」

詳細について 会社 設立 情報



「初めての会社設立」お役立ち情報サイト TOP

会社を設立するためには、いろいろと専門的な手続きが必要です、 例えば、まず登記申請書を作らなければなりません。 しかし、普通の人は会社設立などしたことがありませんから、どのようにしたらいいのか、はっきりわからないこともたくさんあります。 そのような時は、わかっている人や専門家に頼むことをおすすめします。 また、最近では、インターネット環境さえあれば誰でもどこでも利用できるような登記簿作成サイトなどもあり、会社を設立したことがない人であっても、特に専門的な知識がなくても会社設立ができる場合もあります。 そういったサイトでは、情報の入力や登記書類の印刷まで出来るようになっています。 そのため、現在では、会社を作ることは一人でもできるようになっているのです。 また、作った書類を法務局に提出することも重要です。 そして、そういったことも、しっかりとした手順がわかっていれば、ひとりでもできることなのです。 しかし、それであってもできない人もいます。 そこで、そのような人は、会社設立代理会社を利用することで、専門的な知識がなくても会社設立を行なうことができるのです。 会社設立代理会社とは、会社の設立を代理で行なってくれる会社です。 会社設立代行の手数料や日数、さらにサービス地域などは、それぞれの会社によって異なっています。 会社設立の時間のない人や、よくわからない人は、そういった代行会社を利用することで、手軽で簡単に、しかも安心して会社設立を行なうことができるのです。

会社設立を設立するためには

会社設立のためには、何をすればいいのかですが、まず、会社の基本事項を決定する必要があります。

それは、社名や住所、事業、さらに資本金や株式数といったことがあります。 また、もちろん取締役も決めなければいけません。 そして、会社法という法律があり、この法律によって、証券が同じ地域に同じ名前の会社はつくってはいけないことになっています。 そのため、会社をつくろうとしている地域に、同じ名前の会社がないかどうかを調査する必要もあるのです。 地域に同じ名前の会社がないかどうかは、法務局に行くとわかります。 法務局には、登記簿データがあるので、それを見れば直ぐに確認することができるようになっています。 そして、次は代表印、つまり会社の印鑑を作ります。これが、会社の実印となります。 実印は作るのに時間がかかる場合があるようですから、早めに注文しておくとよいでしょう。 そして、会社設立には定款が必要です。 定款には、称号、住所、事業目的、資本金額、代表者住所、氏名等を書く必要があります。また、定款には公証人の認証も必要です。 これ以外にも、会社設立には様ざまな書類や手続きが必要になってきます。

1円で会社は作れるのか

さらに、会社設立にはそれなりの資金も必要になってきます。

「1円で会社は作れる」ということを、きいたことがある方もいるのではないでしょうか。 しかし、実際には1円では会社は作ることはできません。 1円でも会社ができるというのは、資本金の話です。 そもそも、会社を作るにはいくら必要になってくるのでしょうか。 印紙代や定款認証手数料さらには、通信費や交通費といったことも含めて、ざっと合計しても24万円~26万円はかかることになります。 つまり、1円で会社は作れませんが、概算でも30万円あれば会社は作れるということになります。 また、印鑑など必要なものも作らなければならないので、そのぶんのお金も必要となってきます。 しかし、会社設立には、どのような会社にするのか、事業内容などをしっかりとしておくことが大切です。 そうしなければ、会社を設立することができたとしても、その事業をしっかりと続けることが出来なくなってしまい、何のために会社を設立したのかがわからなくなる、ということにもなりかねないからです。

Source: http://kabu-kaisha.com/useful/



今日は初歩的なことではありますが、会社の実印(印鑑)についてです。

会社を設立する際には、会社の代表取締役が使用する印鑑を法務局に届出しますが、この印鑑が会社の実印(代表者の実印)ということになります。

また、会社の実印であることの証明を印鑑証明書といいます。

会社の設立時には、役員及び発起人個人の実印と会社の実印の両方が必要(取締役会を設置する会社等、例外はあります)な為、混同されがちです。

個人の実印は、市役所や区役所に届出をされた印鑑ですが、会社の実印は法務局 に届出をされる印鑑と言う違いがあります。

なお、会社の実印届出には、印鑑届書という用紙に会社の実印を押印しますが、印影ににじみや欠けがあると法務局で受付して貰えない場合がありますので、ご注意ください。

それから、会社の印鑑証明書は、実印の届出をしただけでは、発行されません。

個人の場合と同様に、印鑑カードが必要になります。これは、登記完了後に、印鑑カードの交付申請書を提出して発行されるものになります。

従いまして、順番的に会社の印鑑証明書は、登記審査完了後でないと発行されな いものになりますので、念の為、ご留意ください。

この様に、設立登記を完了した後にも、法務局へ行かなければなりませんので、 地味な部分ですが、意外と手間が掛かります(当事務所のフルサポートプランは、 印鑑の届出や印鑑カードの発行、登記簿謄本の発行(実費分除く)手続きも全て 無料サービスとなっております)。

あまり面白みの無いテーマではあると思いますが、この部分を解説したホームペ ージはあまり無い上に、比較的良く受ける質問でもありましたので、今回解説さ せていただきました。

今日は、個人事業か法人にするか迷っていらっしゃる方と、既に 個人事業をされていて法人化を検討されている方が注意すべき点について お話したいと思います。

今回は、上記の中でも、営業をするのにあたって、「許認可」が必要な 業種の方が対象です。

「許認可」とは、あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、 簡単に言いますと、行政からの「許可」や「登録」、「免許」、「届出」、 「認可」と言ったものをまとめた言葉です。

具体的には、建設業許可、宅建業免許、特定労働者派遣事業届出、 飲食店営業許可、古物営業許可、旅行業登録等があります。

これらの許認可は、個人で取得して、たとえ代表者や事務所、従業員に変更が なくても法人化すると、(例外はありますが)改めて許認可を取得しなければ なりませんので、十分ご注意下さい。

従いまして、個人か法人かを迷っている場合は、許認可のことも視野に入れて 考える必要があります。

(近いうちに法人化の予定があれば、手間や費用を考えて、法人化してから 許認可を取得すると言う選択肢もあります)

また、個人での許認可を取り消して、法人で新規の許認可を申請する場合に、 空白期間が生じて、その間、営業が出来ない事態になることもありますので、 この点も、事前に担当の役所に十分確認をする必要があります。

それから最後に、法人として許認可を取得する場合に重要なこととして、 法人の事業目的に許認可を受けようとする業務が明記されている必要があります。 事業目的に許認可に必要な文言を入れ忘れてしまいますと、 株主総会議事録を作成して変更登記が必要となり、余計な手間や費用、 時間が掛かってしまいますので、くれぐれもご注意下さい。 それでは、今日はここまでです。

今日は会社を設立する際に、よく勘違いされがちな事 としまして、資本金の払い込みについてのお話をさせて 頂きたいと思います。

資本金の払い込み先である金融機関の口座は、法人(株式会社) としての口座ではなく、個人の口座になります。

これは、法人としての口座は、会社の設立登記が完了 してからでないと開設出来ない関係で、設立前の資本金を 払い込む口座は、暫定的に個人(通常は代表者)の口座と なる為です。

この個人の口座は、これまで使用されていた口座でも 結構ですし、新規で開設されてももちろん結構ですが、 払い込み方法に下記の様に若干の違いがあります。

1.個人の既存の口座をそのまま使用される場合

出資者は、それぞれ割り当てられた株式数に応じた金額を 振り込みますが、口座名義人(通常は代表取締役)は、 たとえご自身の口座であっても、預け入れではなく振込みを しなければならない点にご注意下さい。 これは、預け入れでは、 金額の前に氏名が表示されませんので、誰が入金したのか 分からない為です。

この場合の口座名義人は、ご自身の出資する金額を、 ぴったり預け入れて通帳を作ることによって、振込みは 不要となります。 (このケースでは、口座名義人の氏名が、通帳の明細部分に 記載されませんが、問題無いという扱いです)   ただし、他の出資者は既存の口座を使用する場合と同様に、 通帳の明細部分にそれぞれの氏名・払込金額が記載されるように、 ATMまたは窓口で、出資金額を振込む必要があります。

なお、法人としての口座は、設立登記の完了後に、会社の 登記簿謄本と会社の代表者印(金融機関によっては、 この他に定款や印鑑証明書等が必要な場合があります)を ご持参の上、開設手続きをします。

今日は「会社名の決め方」についてのお話をしたいと思います。

会社名を決めようとする場合に、注意するポイントは8つあります。

1.読み仮名(ルビ)を付けたり、社名を併記することは出来ない。 具体的には、「champion株式会社」のchampionの上にカタカナでチャンピオンと表記した会社名や、「champin(チャンピオン)株式会社」というような表記のものは、登記出来ません。 2.「銀行」、「保険」、「証券会社」の文字は使用できません。 ただし、実際に銀行業、保険業、証券業を営む場合は可能です。 3.「株式会社」という文字を会社名の最初か最後に必ず付けなければなりません。 例えば、「チャンピオン株式会社」ならOKですが、「チャンピオンCo.Inc.」や、「チャンピオンCo.Ltd.」は不可です。 4.賭博や売春と言った、公序良俗に反する言葉を社名に入れることは出来ません。 5.会社名の前後に会社の一部門を示す言葉を入れることは出来ません。ただし、代理店や特約店は可能です。 例えば、「チャンピオン株式会社特約店」はOKですが、「チャンピオン株式会社東京支店」は不可です。 6.トヨタやソニー、日立と言ったような、社会的に認知された名前や、既にある商品名やブランド名は使用出来ません。 これは、たとえ意図的ではなくても、知らなかったでは通用せず、訴訟に発展し、多額の損害賠償金を請求された例が実際にありますので、十分注意が必要です。 7.会社名に使用出来るのは、「漢字」、「ひらがな」、「カタカナ」、「ローマ字」、「アラビア数字」、「&」、「’」、「,」、「-」、「.」、「・」の11種類の文字(記号)です。 ただし、「&」は、字間の区切りとしてしか使用出来ませんので、会社名の先頭や末尾に付けることは出来ません。 8.同一商号、同一本店の禁止 これは、同じ場所で同じ商号の会社は登記出来ないということです。たとえ、会社の事業目的が違っていてもNGです。 特にマンション等の集合住宅で、注意が必要です。 例えば、先に登記をしている会社が部屋番号(101号室等)を含めて登記をしていれば、こちらも部屋番号を含めることによって、本店所在地が違うことになりますのでOKですが、先行登記の会社が、部屋番号を含めずに登記をしていた場合は、たとえこちらが部屋番号を含めて登記をしようとしても認められませんので、ご注意下さい。

以上ですが、会社名一つとっても、意外と細かいルールがあると思われたのではないでしょうか。

ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。 それでは、今日はここまでです。

1.読み仮名(ルビ)を付けたり、社名を併記することは出来ない。 具体的には、「champion株式会社」のchampionの上にカタカナでチャンピオンと表記した会社名や、「champin(チャンピオン)株式会社」というような表記のものは、登記出来ません。

2.「銀行」、「保険」、「証券会社」の文字は使用できません。 ただし、実際に銀行業、保険業、証券業を営む場合は可能です。 3.「株式会社」という文字を会社名の最初か最後に必ず付けなければなりません。 例えば、「チャンピオン株式会社」ならOKですが、「チャンピオンCo.Inc.」や、「チャンピオンCo.Ltd.」は不可です。

4.賭博や売春と言った、公序良俗に反する言葉を社名に入れることは出来ません。 5.会社名の前後に会社の一部門を示す言葉を入れることは出来ません。ただし、代理店や特約店は可能です。

例えば、「チャンピオン株式会社特約店」はOKですが、「チャンピオン株式会社東京支店」は不可です。 6.トヨタやソニー、日立と言ったような、社会的に認知された名前や、既にある商品名やブランド名は使用出来ません。

これは、たとえ意図的ではなくても、知らなかったでは通用せず、訴訟に発展し、多額の損害賠償金を請求された例が実際にありますので、十分注意が必要です。 7.会社名に使用出来るのは、「漢字」、「ひらがな」、「カタカナ」、「ローマ字」、「アラビア数字」、「&」、「’」、「,」、「-」、「.」、「・」の11種類の文字(記号)です。

ただし、「&」は、字間の区切りとしてしか使用出来ませんので、会社名の先頭や末尾に付けることは出来ません。

8.同一商号、同一本店の禁止 これは、同じ場所で同じ商号の会社は登記出来ないということです。たとえ、会社の事業目的が違っていてもNGです。

特にマンション等の集合住宅で、注意が必要です。 例えば、先に登記をしている会社が部屋番号(101号室等)を含めて登記をしていれば、こちらも部屋番号を含めることによって、本店所在地が違うことになりますのでOKですが、先行登記の会社が、部屋番号を含めずに登記をしていた場合は、たとえこちらが部屋番号を含めて登記をしようとしても認められませんので、ご注意下さい。

今回は「会社の事業目的の決め方」についてのお話をしたいと思います。

「事業目的」とは、会社が行う事業の内容や目的のことですが、株式会社では、定款で決めた事業目的の範囲内でしか、活動することが出来ませんので、慎重に決める必要があります。

事業目的は、①明確性、②具体性、③営利性、④適法性という4点を満たす必要があります。 (もっとも、①の明確性と②の具体性は、最近ではかなり緩和されてきました)

例えば、過去には「不動産の開発、造成業務」や「ソフト開発及び販売」では明確性の点で却下、「飲食業」や「観光業」は具体性が無いとして却下されました(飲食店業はOK)。

過去却下されても、現在では審査を通過出来るものもありますが、はっきりとした基準が無い為、決める際には前例に倣うか、専門家に確認してもらう必要があります。

ここでは、ご自身で出来る事業目的のチェック方法として2つ挙げておきます。

事業目的を最終的にチェックするのは法務局ですので、ここで確認する方法が一番確実です。 しかし、事業目的の適否は電話では原則として行ってくれませんので、窓口まで足を運ぶ手間が 掛かります(場所によっては、FAXでチェックをしてくれる所もあります)。

2.すでに存在する会社の事業目的を真似る

方法としては、まず、同業で参考になりそうな会社の住所をインターネットで調べます。次�

Source: http://www.unbuildingproject.com/

別れさせ屋 東京