登記 都内 経費削減

登記 都内 経費削減

会社 設立 費用 経費

登記 都内 経費削減

詳細について 会社 設立 費用 経費



会社設立費用について安く設立するには結局、会社設立費用はいくら?

 まず結論から、合同会社60,000円、株式会社200,300円です。 しかし、これだけでは設立できません。これらは役所に納める額です。この他にどのような費用が必要かを説明します。この他の費用を抑えることが安く設立するポイントです。

自分で会社設立をすれば、安く設立できます。

 余計な人件費がかからないからで当たり前です。ただ少しだけ条件があります。その条件や安く設立する為のポイントも紹介します。 少しでも安く設立したい方は必見です。

安く設立するポイント

 安く法人を設立したいならば、合同会社の設立を検討しよう!設立手続も簡単で、14万円も安く設立できるのが魅力です。  合同会社を知らない方も多いと思います。ここで簡単に説明しておきます。 合同会社は平成18年の法改正で有限会社が設立できなくなった替りに誕生した、新しい形式の会社です。 出資者の数が少ない個人経営の会社に適しています。よく合同会社は知名度が低いという事をデメリットとして上げられる方もおりますが、最近では年間1万件以上の設立件数があり、スーパーの西友やアップルの日本法人も実は合同会社です。Amazonも合同会社に変更されるます。あと数年すればメジャーになるでしょう。(いやもうメジャーです。)  個人経営の会社を設立するなら合同会社で十分です。 合同会社をもう少し知りたい方は合同会社設立をお読みください。

やっは株式会社にすればよかった!

  万が一、合同会社を設立した後に株式会社にしておけばよかった!ということになっても、 「かんたん会社設立」を利用して設立しておけば安心です。 合同会社を株式会社に変更する書類作成システムが利用できますので、司法書士代がかかりません。直接、株式会社を設立するより、合同会社を設立してから株式会社に変更した方が かえって安く株式会社が設立できます。

まずは正確な会社設立費用を把握しましょう!

 会社を設立するのにいくら必要か? 説明をしていきます。

Contents 1 安く設立するには 1.1 結局、会社設立費用はいくら? 1.2 自分で会社設立をすれば、安く設立できます。 1.3 安く設立するポイント 1.4 やっは株式会社にすればよかった! 1.5 まずは正確な会社設立費用を把握しましょう! 2 株式会社の設立費用 2.1 資本金 2.2 法定費用 2.3 その他の費用 2.3.1 ①電子定款の作成費用 2.3.2 ②会社の実印作成費用 2.3.3 ③印鑑証明書 3 合同会社の設立費用 3.1 合同会社を設立するのにいくら準備すればよいか? 3.2 資本金 3.3 法定費用 3.4 その他の費用 3.4.1 ①会社の実印作成費用 3.4.2 ②電子定款の作成費用

株式会社の設立費用  費用の性質から、大きく3つに分けて説明します。 以下の3つを足したものが会社設立に必要な費用となります。その他の費用を抑えることが安く設立するためのポイントです。 (1)資本金 (2)法定費用 (3)その他の費用 資本金1000万円未満の会社として説明します。 資本金  資本金は使ってしまうお金ではなく、会社に預けるお金なので費用ではありませんが、必要なお金という意味であげておきます。  昔は最低1000万円以上必要でしたが、今では1円の株式会社もOKということになっています。 また現物出資を利用して現金を0円とすることもできます。上限はないのですが、 資本金を1000万円未満にすると、消費税の免税業者に�

Source: http://q.hatena.ne.jp/1248765683



http://www.houko.com/00/02/S40/097.HTM

法人税法施行令 第14条「繰延資産の範囲」

1.創立費(発起人に支払う報酬、設立登記のために支出する登録免許税その他法人の設立のために支出する費用で、当該法人の負担に帰すべきものをいう。)

2.開業費(法人の設立後事業を開始するまでの間に開業準備のために特別に支出する費用をいう。)

これらに該当するものは、法人の費用に帰属するものと考えられます。

司法書士などに払う設立のための登記手数料等は会社の創立費になるでしょう。

「会社にしようかどうか迷っている」というときの相談料までは個人でもいいかもしれませんが。

Source: http://kaisyasetsuritsu.jp/hiyou

別れさせ屋