智頭杉 会社設立4点セット

智頭杉 会社設立4点セット

会社 設立 印鑑 セット

株式会社設立の実務2012.02 行政書士開業講座

詳細について 会社 設立 印鑑 セット



自分で手続きするより安い当事務所の合同会社設立サービス

■名古屋市北区の合同会社設立サービス!

■弊所の合同会社設立書類作成プランは、合同会社設立に関する書類を全て作成します。  合同会社設立書類作成プランの詳細はこちら お客様は出来上がった書類を法務局に提出するだけ。 電子定款を作成するので、紙ベースの定款に貼り付ける印紙代(40,000円分)が不要。 そのためご自分で書類を作成するより設立費用が節約できます。 弊所ではお客様のご予算に応じ3つの合同会社設立プランをご用意しております。 各プランの詳細はこちらからどうぞ

合同会社設立のご依頼・お問い合わせ

■合同会社設立のご依頼・お問い合わせ   お電話のお客様は  052-618-6346     (年中無休 8:00〜23:00)

  メールのお客様は        (年中無休 24時間受付)

合同会社の定款雛型 無料ダウンロード!合同会社設立サービス提供地域

愛知県名古屋市全域 (熱田区、北区、昭和区、千種区、天白区、中川区、中区、中村区、西区、東区、瑞穂区、緑区、港区、南区、名東区、守山区) 愛知県愛西市、安城市、一宮市、稲沢市、犬山市、岩倉市、尾張旭市、瀬戸市、春日井市、北名古屋市、清須市、江南市、小牧市、日進市、豊明市、大府市、東海市、知立市、みよし市、東郷町、稲沢市、津島市、あま市、大治町、蟹江町、弥富市、飛島村、大口町、扶桑町、豊田市、岡崎市、長久手町、刈谷市、高浜市、碧南市、西尾市、半田市

更新情報合同会社の基礎知識

■合同会社とは  ■合同会社の設立手順   ■合同会社の設立費用 ■株式会社と合同会社の違い  ■合同会社の資本金 ■現物出資について  ■資本金の払い込み ■合同会社の定款  ■電子定款とは ■合同会社の定款変更  ■個人事業の法人化  ■合同会社の事業年度   ■合同会社の略称  ■合同会社の本店所在地   ■合同会社の事業目的  ■外国人の会社設立  ■合同会社の出資者

合同会社設立後の手続き

■税務署への届出 ■社会保険事務所への届出

公的融資申請レポートプレゼント合同会社設立に関するお問合わせ

合同会社を設立したい、合同会社の設立を考えている こちらからお気軽にお問合わせください ご相談は無料です。        

ご予算に合わせた当事務所の3つの 合同会社設立プラン

■とにかく費用を抑えたい方には   印紙代4万円が節約できる   合同会社設立電子定款作成プラン

■お客様にお願いするのは書類の提出だけ  自分でやるより安くできる   合同会社設立書類作成プラン

■忙しくて時間がない方には   全てお任せ   合同会社設立フルサポートプラン  プランのお申込みから設立までの流れ

合同会社の基礎知識開業資金の調達方法合同会社で起業する税理士無料紹介

Source: http://www.gifu-kigyou.com/



これから起業をされる方、もしくは起業されて間もない方(起業から2年以内程度)の融資申請・融資獲得をサポートします。

創業融資獲得支援 サービス内容

事業計画書の作成 売上・経費推移表の作成 企業概要書の作成 など、主に日本政策金融公庫への融資申請に必要な書類作成の代行を行います。

創業融資獲得支援サービスの流れ

まずは、お気軽にご相談ください。ご不明な点などございましたら、お気軽にお尋ねください。

当事務所にご依頼をいただく申込書にサインをしていただきます。また、着手金として54,000円をお支払いただきます。(後日のお振り込み等でも結構です) その後、事業内容・起業の動機・売上・経費、など書類作成に必要な事項についてヒアリングさせていただきます。 (ヒアリングと言っても事前にご準備をいただくようなことはなく、当事務所からのご質問に順にお答えいただくだけで結構です。)   

日本政策金融公庫などに融資のお申込みに出向き、融資申し込みに必要な書類一式(申込書など)をもらってください。(後日、郵送で送られてくるケースもあります。)

                ↓

4.融資申請書類の作成、内容のご説明

当事務所が作成した事業計画書等の内容や売上予測の根拠などについてご説明させていただきます。

                ↓

できあがった書類を日本政策金融公庫など金融機関に提出していただきます。 その後、担当者の方との面談となります。 (面談時のアドバイスについても行いますのでご安心ください。)  

               ↓ 6.融資の可否の連絡

面談から早ければ一週間程度で融資の可否の連絡がきます。(通常は2~3週間はかかります。) 融資が獲得できた場合、当事務所へ成功報酬をお支払いただきます。(残念ながら融資が受けられなかった場合は、着手金以外の費用は発生しません。)

創業融資獲得サポート サービス料金

当事務所の融資サポートの報酬は、着手金と成功報酬の2本立てになっております。

1.着手金は融資申請額に関わらず、一律54,000円となります。(融資の可否に関わらず発生)

2.成功報酬は融資の決定額に応じて決定いたします。(融資獲得時のみ発生)

当事務所では合同会社の設立代行を行っております。 合同会社の設立の流れに従って、ひとつひとつの項目について、ご説明をしながら進めて参ります。 お客様は合同会社を設立するための専門的な知識がなくても、スピーディに会社を立ち上げることができます!

合同会社設立サポートの流れ

まずはお気軽にご相談ください。会社設立の疑問点などお気軽にお尋ねください。          ↓ 2.業務のご依頼

合同会社設立に関する委任状にサインをしていただきます。 また、114,000円(登録免許税:60,000円、当事務所報酬:54,000円)をお支払いただきます。        ↓ 3.定款の作成、定款の認証

定款の作成に必要な事項をお決めいただきます。(必要事項について、当事務所がヒアリングをしていきますので、お客様は専門知識がなくても問題ありません。) その後ヒアリング内容をもとに定款を作成いたします。(株式会社設立で必要となる、公証役場での定款認証は合同会社の場合、必要ありません。)        ↓ 4.出資金の払込 出資金(資本金)の振込をしていただきます。

これはお客様ご自身に行っていただきますが、必要な準備・手順等についてはアドバイスいたしますので、ここも専門知識は不要です。        ↓ 5.会社設立の登記申請、印鑑カードの作成

法務局で会社の登記を行います。また、会社の実印の登録を行います。 会社設立登記は登記の専門家である司法書士の方が行います。会社設立の登記を司法書士へご依頼される場合、当事務所から信頼できる司法書士の方へ依頼いたしますので、ご安心ください。(会社設立の登記を司法書士へご依頼される場合、別途司法書士手数料が必要になります。※30,000円~40,000円程度)

合同会社設立の費用総額比較

合同会社設立の費用総額について、お客様ご自身で手続きを行うケースと当事務所が代行するケースを比較いたします。

合計で100,000円必要になります。(登録免許税・・60,000円、収入印紙・・40,000円)

合計で114,000円となります。(登録免許税・・60,000円、当事務所の報酬・・54,000円) 当事務所が代行する場合、収入印紙代40,000円が不要となります。

当事務所が代行する場合、普通に考えると当事務所の報酬54,000円分増えるはずですが、上記の通り、ご自身合同会社の設立を行うと場合比較すると、実質14,000円で会社設立を専門家に丸投げすることができます。

なぜ、自分で合同会社を設立をするより当事務所に依頼をする方が安くなるのか?

会社を設立する際に必ず作成する定款は印紙税法上の課税文書に該当するので、定款の原本に40,000円の収入印紙を貼付しなくてはいけません。しかし、定款を紙ではなく電磁的記録による方法で作成すれば、印紙税法上の課税文書でなくなるため、40,000円の収入印紙が不要となります。この電磁的記録とは簡単に言ってしまうと、PDF文書のことです。PDFデータの定款は、電子文書という取り扱いになり、印紙税法上の課税文書の対象外となり、収入印紙が不要となります。当事務所は定款を紙ではなく電磁的記録による方法で作成するため、40,000円の収入印紙が不要になります。 ※電磁的記録による方法で作成しても、定款としての効力は紙で作成したものと同じですし、また、PDFの状態で保管されている定款を印刷して取引先に渡すなどもできますので、会社経営上、不具合になることは特にございません。

ご自身で会社を設立する場合も、電磁的記録による方法で定款を作成することは可能ですが、この方法で定款を作成する場合には、アクロバットのような文書をPDF化するソフト(電子署名が出来るもの)や電子証明書の準備が必要となります。それらを揃えるだけで数万円は必要になり、パソコンでの様々な設定も必要になるので、一回限りの使用ですと費用・時間からみて、揃えるのはあまりお得とは言えないかも知れません。 ※なお、専門家に頼めば全ての人が電子定款を作成するわけではなく、専門家であっても設備を持っていなければ通常通り紙での定款となり収入印紙の40,000円が必要になりますのでご注意ください。

まずはお気軽にご相談ください。会社設立の疑問点などお気軽にお尋ねください。

株式会社設立に関する委任状にサインをしていただきます。また、264,800円(登録免許税:150,000円、定款認証手数料:50,000円、当事務所報酬:64,800円)をお支払いただきます。

定款の作成に必要な事項をお決めいただきます。(必要事項について、当事務所がヒアリングをしていきますので、お客様は専門知識がなくても問題ありません。)

ヒアリング内容をもとに定款を作成し、公証役場で定款の認証を行います。(定款認証も当事務所が代行いたします。※岐阜県・愛知県に本社を置く場合のみ)

出資金(資本金)の振込をしていただきます。これはお客様ご自身に行っていただきますが、必要な準備・手順等についてはアドバイスいたしますので、ここも専門知識は不要です。

会社設立登記は登記の専門家である司法書士の方が行います。会社設立の登記を司法書士へご依頼される場合、当事務所から信頼できる司法書士の方へ依頼いたしますので、ご安心ください。(会社設立の登記を司法書士へご依頼される場合、別途司法書士手数料が必要になります。※30,000円~40,000円程度) また、法務局で会社の実印を登録していただきます。

合同会社は基本的に、会社に出資をした人全員が経営権を持ち、会社を代表する権利を持ちます。 なので例えば3人で出資をして合同会社を設立した場合、3人ともが会社を代表する権利を持つことになります。 また出資者の中に法人が入っている場合、その法人も会社を代表する権利を持つことになってしまいます。

実際の会社運営上は代表権をもつ人が複数いたり、法人が代表権をもっているより、誰かを代表とする方が社内的にも対外的にも業務運営が行い易いと思います。

そこで合同会社の組織構成は定款で定めれば、出資者のうち特定の人を代表社員(株式会社でいう代表取締役のような役職)とすることができます。 ちなみに合同会社の代表者は代表社員という名称になり、代表取締役とは名乗ることができません。(合同会社には取締役という役職が存在しないため)

合同会社の組織構成例

合同会社のいくつかの組織構成例をご紹介いたします。

1.1人で合同会社を設立した場合 →自動的に設立者(=出資者)が代表権を持ちます。

2.2人で合同会社を設立した場合 →原則として2人ともが会社の代表権を持ちます。ただし定款で代表権を持つ人を定めることにより、代表権を持つ人をひとりに絞ることができます。

3.個人(1人)と法人の出資で合同会社を設立した場合 →個人と法人の従業員が業務執行社員に選ばれた場合、2人とも代表権を持ちます。法人を業務執行社員と定款に定めた場合は、個人のみが代表権を持つことになります。

Source: http://llc-nagoya.com/

別れさせ屋 茨城