合同会社の設立をお考え方へのご案内です

合同会社の設立をお考え方へのご案内です

会社 設立 費用 相場

合同会社の設立をお考え方へのご案内です

詳細について 会社 設立 費用 相場



ご依頼者がご自分で会社設立した場合にかかる費用当事務所が会社設立を代理申請した場合の費用

ご依頼者さまがご自身で会社設立をされる場合でも上記のように(電子定款を使わず、書面申請した場合で謄本1通含)242,140円がかかります。 自分で会社設立される費用にに約2万円プラスするだけで、「司法書士が完全代理申請&設立後の継続サポート」を利用できます。 サポート内容は会社設立後のサポートをご参照ください。

・会社設立後の登記事項証明書は、1通は必ず取ります。(謄本の実費のみ必要。1通目の手数料はかかりません) 2通目以上もご希望通数取得可能です。 また、印鑑証明書の取得も可能です。(どちらも 報酬1通につき540円+実費)

・印鑑カード交付申請手続きは上記費用に含まれています。(ただし、郵送費の実費のみをご負担頂いております)。

・直接当事務所で書類にご捺印頂けない方でも郵便によるやり取り(近ければ訪問によるやり取り)が可能です。 その場合は、郵便費または交通費がかかります。

・法務局・公証役場までの交通費実費がかかります。

・オンライン申請で登録免許税が安くなる場合があります。(H26現在オンラインの特例が実施されておりません)

・設立に必要な会社の代表印の作成手続き代行も行っております。 ※ご予算や材質などはご希望をお伺いします。(代行手数料無料)

・実際の請求額は司法書士報酬の源泉所得税として約5000円程度上記額より少ない額となります。

実際の支払い額例 大阪市内で会社設立し、謄本を1通取得するケース(書類のやり取りがご来所の場合) ⇒実際のご請求額例26万1,846円 ※報酬、実費すべて込みです。 司法書士報酬の源泉所得税を引いております。(源泉所得税は設立後税務署に収めて頂く必要がございます)

・確実に設立したい日が決まっている場合(オンライン申請を使用しません)、現物出資がある場合やイレギュラーなケースは上記と異なりますので見積りご依頼をお願いいたします。 特急での会社設立もご相談可能です。 詳しくは特急の会社設立をご覧ください。 ※なお、以上はすべてインターネット限定の価格です。

電子定款の作成のみのご依頼はこちら。

会社設立 会社設立の流れ 会社設立の費用 特急の会社設立 会社設立の必要書類 その他法人などの設立

Source: http://www.sigyo.net/shihoushoshi/fee.html



会社・法人設立登記手続会社変更登記手続不動産登記手続一般民事(貸金・賃貸・労働トラブルなど)訴訟・交渉*4債務整理その他法律相談等

*1 主な実費以外に、必要に応じて法務局までの交通費・通信費及び完了後登記簿謄本代など    がかかります。

*2 電子定款によらず、従来の紙ベースの定款認証方法の場合には、別途収入印紙代4万円が    必要です。

*3 平成20年12月1日施行予定の「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」に伴い、    中間法人という名称は廃止さ れ、全て一般社団法人に移行することが予定されています。

*4 司法書士が代理人として活動できるのは、紛争金額が140万円以内のものに限ります。    裁判所に提出する書類の作成代行は、140万円を超えるものであっても可能です。

*5 着手金は事件の受任時に頂戴するもので、報酬金は勝訴したときなど事件終了時に    頂戴するものです。

Source: http://www.shihou-syoshi.net/business/kaisha/kaisha3/

www.wakare-pro.com