個人事業を会社にすると税金(所得税、住民税、法人税、消費税)のメリット・デメリット

個人事業を会社にすると税金(所得税、住民税、法人税、消費税)のメリット・デメリット

会社 設立 税金

個人事業を会社にすると税金(所得税、住民税、法人税、消費税)のメリット・デメリット

詳細について 会社 設立 税金



経営者の皆さんで、会社が納めている税金が高いと感じているの人は多いのではないでしょうか。しかし、実際に会社がどのような名目の税金を納めているのかを把握している方は、たぶん少ないかと思います。会社が払う税金で最初に思い浮かぶのは法人税ですが、その他にも多く種類の税金を納めています。今回は、会社が納める税金について、どんなものがあるかをご紹介していきます。

会社が納めるおもな税金1.法人税(国税)

法人の所得に対し、課税される税金です。国税です。 個人や個人事業主の所得税に相当するものです。会社が納める法人税は下記の通りです

・資本金1億円未満の場合  課税所得金額  800万円以下  800万円超  法人税率     15%     25.5%

・資本金1億円以上の場合は、25.5%です。

2.復興特別法人税(国税)

平成23年に公布され東日本大震災からの復興の財源のための税金です。平成24年4月1日から平成27年まで施行されます。

3.法人住民税(都道府県税・市区町村税)

地方自治体の住民サービスに対しての、必要経費を広く住民に負担してもらうための税金です。所得の有無に関係なく必ず課税される「均等割」と法人税額に一定の割合を掛けて課税される「法人割」、その他に利子に付く「利子割」が有ります。

均等割 その法人の事業規模によって、利益に関係なく納税するものです。 詳細は、下記をご参照下さい。 ご参考URL:東京都主税局 法人都民税均等割

法人割 ・資本金1億円以下で法人税額1000万円以下の場合  税額=法人税額x17.3%です。 ・いずれかの条件を超える場合   税額=法人税額x20.7%です。

東京都の場合ですが、事務所が23区内の場合は、上記の17.3%に相当する税額を都税事務所に申告して一括納付します。市町村に有る場合は、5%を都税事務所に、12.3%を市町村役場に申告して納付します。

詳細は、下記をご参照下さい。 ご参考URL:東京都主税局 法人都民税について 税率は

利子割 金融機関などからの利子等に対しては、都道府県民税として5%の税率で源泉徴収(天引き)され納税されます。法人の所得税としては15%源泉徴収されます。

(1)非課税  外国法人が受け取る利子等、金融機関や公共法人などが受け取る一定の利子等

(2)法人税、法人都道府県民税からの控除  源泉徴収された利子割については、15%の所得税は法人税額から、5%の地方税は法人住民税額から控除できます。控除しきれない額は、還付されるます。

詳細は、下記をご参照下さい。 ご参考URL:東京都主税局 法人都民税について 法人と利子割

4.法人事業税(都道府県税)

すべての事業者が負担する税金です。法人住民税とともに都道府県税事務所へ納付します。

注意:「法人事業税」と「地方法人特別税」は損金算入が認められていますので、決算で計算されて税金を次の事業年度に納めると、その金額だけ所得金額が小さくなり、翌年度の法人税や住民税が安くなります。

ご参考URL:東京都主税局 法人都民税について 法人事業税の概要

5.地方法人特別税(国税) 地域間の税源偏在を是正するため、 法人事業税の一部を分離して、平成20年に出来たのが地方法人特別税です。 各法人の法人事業税と地方法人特別税とを合わせた税負担は、以前に比べて増えることはありません。

ご参考URL:東京都主税局 法人都民税について 地方法人特別税の概要

6.消費税(国税)

消費活動に対して課される税金です。 資本金又は出資の金額が1,000万円未満の法人は、課税売上高が1,000万円を超えたら納税業者になり、翌々年度から納付が始まります。特例が有り早まる場合が有ります。 事業年度開始日の資本金の額又は出資の金額が1,000万円以上である法人は、設立時より2事業年度は納税業者となります。

詳細は、下記をご参照下さい。 ご参考URL:国税庁 納税義務者 ご参考URL:国税庁 納税義務の免除

7.印紙税(国税)

印紙税は、日常の経済取引に伴って作成する契約書や金銭の受取書(領収書)などに課税される税金です。

詳細は、下記をご参照下さい。 ご参考URL:国税庁 印紙税の手引

8.登録免許税(国税)

登録免許税は不動産、船舶、会社、人の資格などについての登記や登録、特許、免許、許可、認可、認定、指定及び技能証明について課税されます。

詳細は、下記をご参照下さい。 ご参考URL:国税庁 登録免許税あらまし 9.所得税(国税) 法人では、利子や配当金などに課税されます。 10.固定資産税(区市町村税) 保有する土地・建物・有形償却資産である、固定資産に課税される地方税です。 11.自動車関連の税  ・自動車税(都道府県税)   軽自動車や特殊車両を除く自動車の税金です。自家用車、営業車は、排気量によって決まります。   賦課期日は毎年4月1日で、納期は原則として5月中(青森県と秋田県は6月中)です。5月頃に送付される納�

Source: http://inqup.com/tax-of-the-company0001



Image by Shyha via Flickr

Dans ce dernier billet de ma série d’introduction à la méthodologie Scrum, j’aborde le calcul de la vélocité des équipes.

On a vu dans les billets précédents que le travail se fait par itérations. Au début  de chaque Sprint, l’équipe de développement fait une rencontre de planification avec le Product Owner et le Scrum Manager afin de déterminer le lot d’histoires qui seront traitées pendant cette itération. Ce choix se fait par un jeu d’estimation des différentes histoires.

Estimation des histoires

Le calcul de la vélocité est étroitement lié aux estimation de complexité des histoires. Lors de la réunion de début d’itération, l’équipe de développement estime le ‘poids’ de chaque histoire par sa complexité. Traditionnellement, on accorde une unité par demi-journée de travail. Ainsi, si l’équipe s’entend pour dire qu’une histoire donnée prendra 2 jours à réaliser, on lui accorde 4 points. Il s’agit de 4 unité de travail. Si deux travailleurs doivent unir leurs efforts pendant deux jours, on attribuera plutôt 8 points (4 points x 2 personnes). Et ainsi de suite.

On utilisera donc la valeur qui suit immédiatement notre estimation si celle-ci ne correspond pas exactement à un chiffre de la suite. Dans notre exemple, si l’on estime 4 points pour l’histoire, on attribuera donc la valeur de 5.

Calcul de la vélocité

Une fois les histoires évaluées, viens le moment de déterminer quelles histoires feront parti de l’itération qui débute.

Dans mes lectures sur Scrum, j’ai vu autant de forme de calcul de la vélocité que de blog différents sur le sujet. Certain l’expriment en pourcentage, d’autres encore avec des calculs trop complexes. Mais en général la vélocité s’exprime par le nombre de points d’histoires qu’une équipe peut réaliser entièrement dans un seul Sprint.

Le calcul se veut donc ré-évalué après chaque Sprint. À plus long terme, on peut avoir une idée assez précise de la vélocité moyenne d’une équipe au fil du temps. La mesure deviendra encore plus précise si l’équipe reste la même sur une très longue période.

Il faudra donc quelques Sprint initialement pour connaître avec suffisamment de précision la vélocité d’une équipe. Par exemple, si au Sprint initial du projet, on estime que l’équipe livrera l’équivalent de 80 points d’histoires, et qu’en réalité seulement l’équivalent de 60 points d’histoires ont pu être livrés, l’équipe a une vélocité de 60 points. Avec l’équipe, le Scrum Master devra évaluer les raisons pour lesquelles la vélocité réelle n’était pas égale à la vélocité projetée (ici, 80 points).

En réajustant à chaque Sprint le nombre de points d’histoires estimés pouvant être livrés, l’équipe tendra rapidement à atteindre sa vitesse de croisière.

Il faut en plus tenir compte des autres occupations des membres de l’équipe. En effet il est assez rare, surtout dans les petites boîtes, de voir une équipe de développement entièrement dédiée à un seul projet à la fois.

Importance de la vélocité

Il y a de multiples raison

Source: https://deveniragile.wordpress.com/2011/10/11/introduction-a-scrum-velocite-dune-equipe/

www.wakare-pro.com