会社 設立 法人 税

会社 設立 法人 税

会社 設立 法人 税

会社設立 手続きの流れ 設立に必要な費用は?税理士法人Yuse

詳細について 会社 設立 法人 税



決算・法人税申告サポートお悩みやニーズに合わせたサポートが充実★ 人によってお困りごとは様々です! そこで、あなたにピッタリな申告サービスはどれかをぜひ診断してみてください!当事務所のスペシャルサポートスペシャルサポート1: 税務代理権限証書の添付スペシャルサポート2: 銀行融資に強いチェックリスト付き!スペシャルサポート3: 書面添付も積極的に取り組み中!

書面添付制度とは、申告書とともに、「この税務申告書は適正な処理のもとに作成されたものです」と申告書の品質を保証する旨の書面を添付するものです。 <書面添付のメリットとは?>  1.税務調査が少なくなるまたは、簡略化される可能性があります。  2.金融機関からの信頼性が増し、借入れ時に有利になります。 ※オプションサービスとなります。

作成する決算書類総勘定元帳

会社の日々の取引(経理データ)を一冊にまとめたものです。 科目ごとに記載された帳簿で、設立1年目の会社でもかなりのページとなります。 この総勘定元帳は7年間の保存が義務付けられており、税務調査でも必ずチェックされる資料です。 決算書類の中でも最も重要な資料といえます。

領収書つづり

領収書などを日付順に整理し、つづったものです。 こちらも作成と7年間の保存が義務付けられており、税務調査でも必ずチェックされる資料です。

決算報告書

・貸借対照表 ・損益計算書 ・製造原価報告書 ・株主資本等変動計算書 など を作成します。

法人税申告書に添付する書類でもあり、銀行融資の際にも提出を求められます。

税金対策や銀行融資対策も最大限行います!

作成する法人税申告書法人税申告書

会計ソフトで算出された利益を元に税金の計算をした税務計算書類や、決算報告書や勘定科目明細書をつづった形になり、最低でも20ページ以上の厚さになるものです。 

消費税申告書

2年前の売上が1,000万円を超えた場合、必要となります。 また売上が1,000万円を超えていない会社であっても、資本金を1,000万円以上で設立した会社や課税事業者を選択した会社も申告が必要となります。 

事業概況書

会社の概要を記載する書類で、事業内容、支店数、従業員数、経理の状況、事業形態、税理士の関与など約20項目に関して記載するものです。  法人税申告書とともに添付します。 

地方税の申告書

いずれも法人税の計算を元に記載をします。 

申告書の提出代行&電子納税

当事務所にて税務署への申告書提出を代行いたします。 提出後は、申告書の控えや元帳などの資料一式を郵送させていただきます。 電子申告が可能な地域は、電子申告で対応いたします! 押印の打ち合わせが省略でき、期日ぎりぎりの対応も可能です。 電子申告の届出は弊所が一切を行います。 料金等の負担もありません。

また、インターネットバンキングを活用した電子納税にも対応しております。 銀行窓口に並ばずに済むので、お忙しい方には最適です!

・はじめての法人税申告で何をしたらいいかわからない。

・決算・法人税申告のみ依頼したい。

・顧問税理士さんがいないので、申告を頼める人がいない。

・申告期限まで1ヶ月を切っていて、自分では期限に間に合わない。

・請求書、領収書がそのままで、まだ何もやっていない。

Source: http://sakai-ac.com/%E5%80%8B%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E4%B8%BB%E3%81%A8%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E8%A8%AD%E7%AB%8B%E3%81%A9%E3%81%A3%E3%81%A1%E3%81%8C%E5%BE%97%E3%81%AA%E3%81%AE%EF%BC%9F%EF%BC%88%E7%A8%8E%E9%87%91%EF%BC%89.html



 「個人事業と会社設立どっちが得なの?」という質問はよくうけます。 両者には様々なメリットデメリットがありますが、今回は「税金」に焦点を当ててどちらが有利か見ていきたいと思います。

個人の所得にかかる税金・法人の利益にかかる税金

 まず初めに会社とは法人です。会社を設立すると個人から法人になります。個人事業主の場合、所得(利益)に対して所得税、住民税、復興特別所得税、事業税がかかるのに対して、法人の場合、利益に対して法人税等がかかります。

 多くの中小企業にとっては、会社の利益は基本的に会社のオーナーである社長の給与となっていきます。その場合会社に利益は出ず、当然法人税も発生しません。実際日本の会社の7割が法人税を支払っていないと言われますが、会社の利益が社長の給与として調整されることが多いためです。

※イメージ図          個人事業主の場合                            法人の場合

これを前提にすると、どちらのほうが税金が得か判断するためには個人事業主の利益(所得)に対してかかってくる税金と社長の給与に対してかかってくる税金を比較しなければならないことが分かると思います。

では具体的な数字を見ていきましょう。

利益が400万円の場合(1万円未満切り捨て)

※個人の事情によって税額に差があります。おおまかな目安として捉えてください。 ※復興特別所得税は省いていますが所得税の2.1%かかります。

利益が600万円の場合(1万円未満切り捨て)

Source: http://www.seturitu-mie.jp/320/

別れさせ屋 宮城