会社設立の手順は、定款認証が先!税法の有利規定は仕組んであるか?

会社設立の手順は、定款認証が先!税法の有利規定は仕組んであるか?

会社 設立 登記 申請

会社設立 手続きの流れ 設立に必要な費用は?税理士法人Yuse

詳細について 会社 設立 登記 申請



「合同会社(LLC)」 合同会社(LLC)は、出資者の責任は有限責任でありながらも、出資比率に基づかない自由な意思決定や利益分配ができる新しい会社の形態で、社員1名から設立できる会社です。社員(出資者)は株式会社の出資者と同じく、出資額の範囲までしか責任を負いません。また、定款自治が広く認められるという特徴があります。

「合同会社(LLC)定款の絶対的記載事項」 合同会社(LLC)定款の絶対的記載事項は、下記のとおりです。  目的 商号(会社名) 本店の所在地 社員の氏名又は名称および住所  社員全員が有限責任社員となる旨 社員の出資の目的及びその価格 など

「公証人による定款の認証は不要」 合同会社(LLC)定款は、株式会社の定款と異なり、公証人による認証は不要です。

「合同会社(LLC)設立登記の登録免許税」 合同会社(LLC)設立登記の登録免許税は、下記のとおりです。 ・本店所在地における登記 6万円  (資本金の1000分の7 この金額が6万円に満たない場合は6万円) ・支店所在地における登記 9千円

「合同会社(LLC)の代表社員が法人の場合の添付書類について」 合同会社(LLC)の代表社員が法人の場合には、設立登記の際、下記書類の添付が必要になります。 ・登記事項証明書 ・職務執行者の選任に関する書面 ・職務執行者の就任承諾書

「合同会社(LLC)の設立手続きの流れ」 合同会社(LLC)の設立手続きの流れは、下記のとおりです。 1.定款の作成 2.代表社員の選任(定款で代表社員を定めていない場合) 3.本店所在地の決定(定款で本店所在地を定めていない場合) 4.出資の履行(出資金の払込等) 5.設立登記

Source: http://llc.toukishinseisyo.com/



 さて会社を設立する場合、独立開業であれ個人事業からの法人化であれ、法人設立手続き・設備投資や運転資金・求人募集や各種役所への届出・業種によっては許可申請など、避けて通れない事務手続きが多くありますが、立ち上げの時は何かと忙しいものです。

 事業内容に関してアナタはプロですが、法人設立は未知の分野。そんな事に時間を取られてしまうようも、アナタは立ち上げ準備や本来業務に専念して頂いた方がスムーズに設立できますし、結果として安上がりでもあると考えます。

 そんな起業家の方はぜひ、会社設立の専門家である私達「新潟市会社設立センター」をご活用ください。あなたに代わって書類作成・手続きを進め、確実に会社を設立いたします。

 建設業や人材派遣業、リサイクル業や飲食店など、許認可を取得しなければ開業できない業種では許認可申請が必要になります。弊所は行政書士事務所でもありますので許可申請の経験も豊富、会社設立から許可申請までワンストップで開業に向けたお手伝いが可能です。

 国は経済の活性化や雇用拡大の為「創業助成金制度」を設けています。弊所は社会保険労務士事務所でもありますので創業助成金の申請経験が豊富にございます。必ず受給できる保証はありませんが、受給できれば資金面で「ゆとり」ができます。

 銀行口座の開設・事務所の賃貸契約・電話の引込み等は登記後でないと法人としての実態確認が取れず、各種インフラの契約ができません。電話番号が決まらなければ名刺も作れないわけですから、開業希望日に向けて早めの会社設立(登記)が大事です。

立上げ準備・勤め先での引継ぎや残務整理が忙しくて、

設立手続きどころじゃないかもしれませんね。でもご安心ください、

そんなアナタの為に新潟市会社設立センターがあります。

お急ぎでしたら、確実な会社設立を御希望でしたら、

まで、まずはお電話ください。お待ちしております。

Source: http://niigata-kaisha.com/

別れさせ屋 栃木