ファイナンシャルサービス紹介動画

ファイナンシャルサービス紹介動画

会社 設立 資格

外国人の方が日本において会社を設立したい場合

以前日本に住んでいた外国人が自分の国に帰ったが、数年後日本において起業をしたいといったような場合どのような方法があるのでしょうか。

大きく分けて起業の方法は2つ方法があります。 �@日本において新しく会社を設立する �A自分の国に会社があれば、当該会社の営業所を日本に設置する。

ここで、日本において会社を設立する場合注意しなければならないのが、 「外国人が、日本に会社なり営業所を設立するときは会社の代表取締役又は代表する者が、日本に住所を有さなければならない」 という約束があることです。

 日本国内で当該外国人が信頼できる友人もしくは知人ないしはビジネスパートナーがいれば、その人に、会社であれば代表取締役、営業所であれば代表者になってもらえれば良いということになるのですが、   そのような方がいらっしゃらない場合、日本において会社を設立したい外国人が、日本へ短期滞在という形で、日本に来てもらい(当該外国人の取引先のだれかにに招へいしてもらうなど)ます。   その後、短期滞在にて日本に来れば外国人登録ができ、そして会社設立・各種手続きの際に必ずと言っていいほど必要となる印鑑登録を外国人登録に基づいて作成していくことになります。 以下、さらに詳細に説明をしてきます。

1、日本国内で会社の代表者になれる人物がいる場合

(1)新会社設立の場合は、日本国内の会社の代表者と雇用契約ないしは委任契約を結び、   当該外国人が「人文知識・国際業務」などの在留資格で査証を取得し、入国した後に、   当該会社の代表取締役に就任して、「投資・経営」の在留資格へ変更する方法。 (2)営業所があれば、営業所設置後、当該外国人が「企業内転勤」の在留資格で査証を申 請し入国し、当該営業所の代表者に就任して「投資・経営」の在留資格に変更する方法。 →ただし、新らしく会社を設立する場合、会社の安定性の問題から人文知識・国際業務の在 留資格にて日本に来るのは難しい現状があります。   そもそも、人文知識・国際業務などで仕事を日本においてしていくことができるのであれば、資格に拘らない限り、そのままにしておいた方が良いと考えられる。

2、日本国内で会社の代表者になれる人物がいない場合

まずは、短期滞在査証で入国し(取引先もしくは現会社から商用目的にて招へい手続をしてもらう。) 日本に来てから、市区町村役場にて外国人登録を行う。 その後印鑑登録後、公証役場に手、定款認証及び会社設立まで行うこと。 その後、短期滞在の在留資格より「投資・経営」の在留資格に変更手続きを行い、在留資格を変更すること。

なお、会社設立から法務局への登記まで要する費用は以下の通りである。

*法務局への登記は行政書士は代理できませんので、予めご了承ください。 ご希望の方は、司法書士の方を紹介いたします。 ビザ申請へのお問い合わせ

スケジュール

(1)会社の定款の原案作成及び投資経営としての在留資格を得るための事業計画書の作成

�@会社設立作業�A事業計画書の作成

  (a)取引先のピックアップ及びコンタクト   (b)今後1年間にかかる費用及び売上計画書

�B在留資格に関して

  (a)質問用紙への回答(特に行おうとしている事業に関して)   (b)出生公証書・国籍公証書を公証処にて、2部作成 (2)公証役場における定款認証・法務局への登記及び在留資格変更申請を行うための日数  とお客様の短期滞在にて、日本に滞在してもらうための日数を合わせる。 (3)お客様の来日後、上記(1)、(2)で用意させてもらった書類及び手続きを進めていく (4)税務署・市区町村役場・都道府県・職業安定所(ハローワーク)・労働基準監督署・社会  保険事務所への各種書類の提出〜各種提出書類に関しては以下参照のこと。

注意点(1)日本での居所

日本において会社を外国人が作るためには、日本において、住所を有しなけれいけません。

(2)定款作成にかかる日数(3)法務局への登記にかかる日数

お急ぎの方、ご不明な点がございましたらお気軽にご連絡ください→078-200-6039 神戸帰化申請    神戸元町中国語教室   神戸遺言相続書類作成 Copyright(C)2006-2016 神戸大阪でのビザ申請取次事務所. All Rights Reserved.

Source: http://www.ac93i.com/gaikokujinnihondenokaishaseturitu.html



動画を見ます 会社 設立 資格

ファイナンシャルサービス紹介動画

詳細について 会社 設立 資格

ポイント1.退職前の確認事項について

まず、退職をする前に上記の5点について確認しておきます。

退職前後の確認事項について

これらの事項についても、確認しておきます。会社へ確認すべきは会社へ。自分の保有物に関しては早めに整理しておきます。

1.会社から受け取るもの2.会社へ返却するもの3.支払い確認が必要なもの4.誰が保管しているのかを確認しておくものポイント2.退職時期のタイミングについて

退職のタイミングは非常に重要です。

それは、働いた日数によって本人が取得できる権利が大きく異なってくるからです。

「あと一週間働いていれば・・・・」といったことがないように、これから、退職時期によって異なる権利の詳細を見ていきましょう。

入社してから・・・14日以上

→在職中・・・解雇予告手当の受給権が発生する。 →退職後・・・特になし。

2か月

→在職中・・・特になし。 →退職後・・・健康保険の任意継続が可能。

6か月

→在職中・・・有休が10日取得できる。 →退職後・・・失業保険が基本手当の90日分受給することができる。

→在職中・・・育児休業、介護休業の権利が発生する。 →退職後・・・傷病手当金、出産手当金が受けられる。 ※45歳以上の方が会社都合による場合は失業保険が倍増する。

1年6か月

→在職中・・・有休の日数が1日増加される。

→教育訓練給付金が経費の20%受給される(上限10万円)

→教育訓練給付金が経費の40%受給される(上限20万円)

10年

→在職中・・・特になし。 →退職後・・・会社都合、自己都合、どちらで退職しても給付日数が増加する。

20年

→厚生年金の加給年金が受給できる。

退職時期でこれだけの権利が異なってきます。

自分にとっての一番いい退職時期を、今のうちから考えておくことをお勧めします。

ポイント3.得する離職の仕方について退職理由が自己都合なのか、会社都合なのか?

退職理由が自己都合なのか、会社都合なのかで、失業保険の給付額に大きな差がでてきます。

もちろん、給付額が多いのは会社都合による退職です。

今までは倒産、解雇などの理由でしか会社都合として認められてきませんでしたが、法律の改正、新制度の成立後からは、会社都合として退職できる条件の幅が広がりました。

特定受給資格者(会社都合での退職者)と一般受給資格者(自己都合での退職者)の違いについて1.失業給付日が異なる2.失業給付の付与日数が異なる3.退職金が異なる

例:勤務年数が20年の課長職を例に挙げた場合

会社都合にできる退職理由について1.採用の際に記されていた労働条件(労働時間、勤務地、職種など)と 著しく違うことを理由に退職した者。

※しかし、退職して一年以上経過した場合は該当しない。

必要書類・・・採用条件が記された労働契約書、職業規則など。

2.労働者に支払われる賃金(残業代、賞与等を除く。)が、当該者に 支払われていた賃金に比べて85%未満に低下した(又は低下することが 見込まれることとなった)ため退職した者。

必要書類・・・労働契約書、就業規則など。

3.事業主又は当該事業主に雇用される労働者から就業環境が著しく 害されるような言動を受けたことにより退職した者。(特定個人を対象とした配置転換、給与体系等の変更、セクハラなど)

必要書類・・・配置転換の辞令、就業規則、労働契約書など。

4.2か月以上連続で賃金の3分の1以上が支払われなかったことを理由に退職した者。

必要書類・・・労働契約書、就業規則、給与明細など。

5.事業所から退職するよう勧奨を受けたこと(従来から設けられている「早期退職者優遇制度」等に応募して退職した場合を除く。)により退職した者。6.10年以上同じ職種に就いていたにもかかわらず、十分な教育訓練も与えられず配転させられ、その結果、専門の知識または技能を十分に発揮できる機会を失い、新たな職種に適応することが困難なため退職した者。

必要書類・・・採用条件が記された労働契約書、配置転換の辞令

7.労働契約上、勤務場所が特定されていた場合に、遠隔地(通勤に報復四時間以上)に転勤を命じられ退職した者。

必要書類・・・採用条件が記された労働契約書、配置転換の辞令

8.事業所の移転、廃止などで通勤時間が往復4時間以上になったことで退職した者。9.使用者の責めに帰すべき事由により、休業が連続3か月以上となっとことで退職した者。10.事業所の業務が法令に違反したため退職した者。

必要書類・・・事業所の法令違反が証明できる資料。

11.希望退職募集

必要書類・・・希望退職募集要項など

12.離職の直前3ヶ月に連続して各月45時間を超える時間外労働を行ったことにより退職した者。

有期労働契約が1回以上更新されて、3年以上継続して雇用されていた場合に、契約が更新されないことを理由に退職した者。

必要書類・・・労働契約書、就業規則など。

13.家庭的事情を抱えた労働者が遠隔地への転勤命令が出されたため退職した者。14.特定の職種で採用されたのにも関わらず、その職種を配転され、賃金が低下し、配転後の3か月以内に退職した者。

必要書類・・・労働契約書、職種転換の辞令など。

ポイント4.すでに退職された方の「自己都合から会社都合」への変更について

まだ、退職されていない方であれば、「会社都合にできる退職理由について」から照らし合わせて、対策を練ることができたり、対策を練らなくても会社都合にできる状態の人は、そのまま、会社都合で退職ができます。

しかし、中には、失業保険についての詳しいノウハウを知らなかったために、何も考えずに自己都合で退職をしてしまった人は多いのではないでしょうか?

また、会社都合にできてたのにも関わらず、自己都合で退職されている方もいるかと思います。

通常、退職前に会社側が本人へ離職証明書を持ってきます。その内容(自己都合での退職)を確認し、「異議あり」、もしくは「異議なし」のどちらかに、チェックしなければいけません。

ここで、「異議なし」にチェックすれば、もちろん、自己都合としての退職とみなされます。

この書類を本人が退職した後にハローワークに提出するわけですが、この後に行う手続きの仕方によっては、自己都合から会社都合として退職にできる可能性があります。

それでは詳しい流れについて説明いたします。

本人が退職する(「異議なし」として)。

会社がハローワークに自己都合と記載されてある離職証明書を提出し、それに基づき会社に離職票を発行。

ここでもう一度、会社から送られてきた離職理由に関して異議がないか答える。※(ここではかならず異議ありにチェックをする)

離職票を持ってハローワークで手続きを開始する。

会社と本人の離職理由が違うため両方に事情聴取を行う。

※最初に異議なしでの退職届を提出していますので、その理由を答えなければならない。「会社との関係をできるだけ壊さず退職したかったから」などと答えれば大丈夫です。

以上のような流れで、会社側に証明できる証拠(給与明細)などをもっていれば自己都合から、会社都合に切り替えることができます。

しかしやはり、退職前から計画だてて準備を行っている方がスムーズに会社都合の手続きがとれることは間違いないと言えそうです。

【全国税理士紹介センター】あなたにぴったりの税理士をお探しなら!

費用、場所、相性、年齢、性別、専門・得意分野など、あなたにぴったりの税理士を全国どこでも無料で紹介いたします。

初回相談・ご面談無料!専門のコーディネーターがあなたの希望をじっくりとお伺い致します。紹介実績30,000件以上のネットワークで強力サポート!

ご相談はいますぐ→実績多数の全国税理士紹介センターへ

Source: http://www.1-kigyou.com/tax10.html

http://xn--48jm9l298kilg8rghvi.com