チッソ新会社設立:被害者救済法という名の加害者救済法による分社化

チッソ新会社設立:被害者救済法という名の加害者救済法による分社化

会社 設立 会社 名

このページでは、合同会社(社員1名のみの場合)の「定款記載例」について解説しています。

合同会社(LLC)サポートでは、合同会社の設立・電子定款をサポートしています。

合同会社(LLC)の設立・電子定款をお考えの方! お気軽にご相談下さい!

(電子定款のみのご依頼も歓迎致します! → 合同会社−電子定款Bコース)

印紙税4万円が不要になります! 合同会社 電子定款    6,800円(全国対応可) 印紙税4万円が不要になります!     株式会社電子定款認証 9,800円(全国対応可) 株式会社の設立・電子定款認証をお考えの方はこちらへ → (合資会社・合名会社の設立・電子定款も合同会社と同価格で対応させて頂きます。)

合同会社定款 − 記載例(社員1名のみの場合)

−社員が1名のみの合同会社の定款例です−

○○商事合同会社 定款   第1章 総 則 (商号) 第1条 当会社は、○○商事合同会社と称する。 (目的) 第2条 当会社は、次の事業を営むことを目的とする。   1 ○○の製造販売   2 ○○の売買   3 ○○の設計、製造及び販売   4 上記各号に附帯関連する一切の事業 (本店の所在地) 第3条 当会社は、本店を○○県○○市に置く。 (公告方法) 第4条 当会社の公告は、官報に掲載する方法により行う。 第2章 社員及び出資 (社員の責任) 第5条 当会社の社員の全部を有限責任社員とする。 (社員及び出資) 第6条 当会社の社員の氏名及び住所、社員の出資の価額は次のとおりとする。      金○○万円        兵庫県○○市○○町一丁目1番1号          ○○ ○○ (社員の地位の相続等の特則) 第7条 社員が死亡した場合又は合併により消滅した場合は、当該社員の相続人    その他の一般承継人が当該社員の持分を承継するものとする。 第3章 計 算 (事業年度) 第8条 当会社の事業年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。 第4章 附 則 (最初の事業年度) 第9条 当会社の最初の事業年度は、当会社成立の日から平成○年3月31日まで    とする。 (定款に定めのない事項) 第10条 本定款に定めのない事項は、すべて会社法その他の法令の定めるところに     よる。   以上、合同会社○○○○設立のためこの定款を作成し、社員が以下に記名押印する。    平成18年○月○日          社員  ○○ ○○      電子定款ご利用の場合には、社員の押印は不要です。

無料ダウンロード書式はこちら → 無料ダウンロード書式(社員が1名のみの場合)  

(注意) 合同会社設立の際に作成した定款は、公証人の認証は不要ですが、4万円分の収入印紙を貼付しなければなりません。 ただし、電子定款の場合には、4万円分の収入印紙を貼付する必要はありません。

※ 上記「定款‐記載例」はあくまでも一例です。会社の実情に合わせて作成して下さい。  

定款作成についての詳細は 電子定款認証・定款変更サポート をご覧下さい。

合同会社(LLC)設立・電子定款のことならお任せ下さい! 西本社労士・行政書士事務所では、お客様のご希望・ご要望にできる限り対応させて頂けるよう合同会社(LLC)設立・電子定款作成代行業務について、 「電子定款への変換のみの代行(電子定款Bコース−6,800円)全国対応」から 「合同会社設立の完全代行(完全サポートコース−89,800円)」まで、 6つ のサポート・メニューを用意しております。 (合資会社・合名会社の設立・電子定款も合同会社と同価格で対応させて頂きます。) 合同会社(LLC)の設立・電子定款をお考えの方、お気軽にご相談下さい! 合同会社設立・電子定款

第1条 当会社は、○○商事合同会社と称する。

第2条 当会社は、次の事業を営むことを目的とする。

  4 上記各号に附帯関連する一切の事業

第3条 当会社は、本店を○○県○○市に置く。

第4条 当会社の公告は、官報に掲載する方法により行う。

第5条 当会社の社員の全部を有限責任社員とする。

第6条 当会社の社員の氏名及び住所、社員の出資の価額は次のとおりとする。

     金○○万円        兵庫県○○市○○町一丁目1番1号          ○○ ○○

第7条 社員が死亡した場合又は合併により消滅した場合は、当該社員の相続人    その他の一般承継人が当該社員の持分を承継するものとする。

第8条 当会社の事業年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

第9条 当会社の最初の事業年度は、当会社成立の日から平成○年3月31日まで    とする。

第10条 本定款に定めのない事項は、すべて会社法その他の法令の定めるところに     よる。  

以上、合同会社○○○○設立のためこの定款を作成し、社員が以下に記名押印する。  

         社員  ○○ ○○     

電子定款ご利用の場合には、社員の押印は不要です。

Source: http://yamashita-legal.com/cms/%e4%bc%9a%e7%a4%be%e8%a8%ad%e7%ab%8b/%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ab%e3%81%ab%e8%a7%a3%e8%aa%ac%ef%bc%81%ef%bc%81%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be%e8%a8%ad%e7%ab%8b%e6%99%82%e3%81%ae%e7%99%ba%e8%b5%b7%e4%ba%ba%e3%81%a8%e5%8f%96/



動画を見ます 会社 設立 会社 名

チッソ新会社設立:被害者救済法という名の加害者救済法による分社化

詳細について 会社 設立 会社 名

株式会社の設立を本やホームページで調べると必ず出てくる発起人。では発起人はどういう人を指すのでしょうか。また取締役とは何が違うのでしょうか。今回は分かるようで分かりにくい発起人と取締役について解説します。

1.会社設立時の発起人

発起人とは会社の設立を企画し、中心となって手続きをしていく人です。 発起人は1名以上で、必ず1株以上を引き受ける必要があります。 つまり発起人は必ず何円かは出資し株主となります(発起設立に限定して解説しています)。

(かなり簡単にいってしまうと、設立当初の株主となる人=発起人です)

発起人は「定款」認証や、会社の組織形態、取締役人事など会社設立にかかる全てのことを決定し企画していきます。

公証人による定款認証には印鑑証明書の提出が必要になるため、印鑑証明書が取得できない場合(未成年で15歳未満)には注意が必要です。

もっとも発起人になるための年齢制限はないため、未成年でも親権者の承諾をもって発起人としての行為は可能です。

発起人の仕事のなかで「会社法に従って組織を決定する」、「定款の認証を受ける」などは当事務所がサポートするためどんな難しい作業があるのかと心配する必要はありません。

発起人として気を配る点はいくつかかありますが、まずは発起人=設立時の株主 ですから持株比率に注意してください。

株式会社の意思決定機関は基本的に「株主総会」になります。そこでは持株数に応じた議決権が与えられます。

大まかにいって通常株主総会では議決権の過半数、特別�

Source: http://llc.nishi-jimu.com/teikan1_0201.html

別れさせ屋 愛知