シンガポール マレーシア 進出 支援 会計 会社設立

シンガポール マレーシア 進出 支援 会計 会社設立

会社 設立 英語

会社設立 サラリーマンを辞めて、会社設立を考えている人も多いのではないだろうか。

しかし、企業、起業した後それで生計を立てる事はそんなに容易ではないだろう。 あなたがどれだけある特定の業種に関して知識や技術を持ち合わせていても、経営となれば話は別である。利益を出し続けないといけない。

更に、人を雇っている場合なら自分の収入はなくてもお給料を支払わなくてはいけない。

顧客がいなければ、営業なども必要になってくるだろう。

しかし、会社設立は大変な事も多いが、一方では大きなやりがいとメリットがあると言えるだろう。

自分のやりたいお仕事を選ぶ事ができるし、時間に至るまで全てが自由となるだろう。

Source: http://kanko-gakuseifuku.co.jp/company/?p=995



動画を見ます 会社 設立 英語

シンガポール マレーシア 進出 支援 会計 会社設立

詳細について 会社 設立 英語

この度、全国で「カンコー学生服」を展開する菅公学生服株式会社(本社:岡山市北区駅元町社長:尾﨑茂)は、 子どもたちの成長の支援を目指し「菅公教育サポート株式会社」(本社:岡山市北区駅元町社長:尾﨑茂)を新 たに設立いたしました。 また、株式会社拓人こども未来(本社:東京都中央区八丁堀社長:高橋直司)とフランチャイズ契約を行い、同 社が展開する英語学童保育「Kids Duo(キッズデュオ)大元」を岡山市北区西古松に開校することになりまし た。つきましては、概要説明を行う開校説明記者会見を行いましたので、ここにご報告させていただきます。

                         記

「Kids Duo (キッズデュオ)」は、知能教育、学習塾、英会話スクールのノウハウを融合させた学童保育/ プリスクール。ネイティブスタッフと日本人バイリンガルスタッフによるオールイングリッシュの環境の中で アート&クラフト、音楽、運動、ゲーム、読み聞かせ、パターンブロック(Hands on Math) など、自ら 選ぶプログラムと英語レベルに合わせたレベル別プログラムや海外にホームステイしているかのように過ごし てもらうことで、子ども達の「知的好奇心」を様々な角度から刺激します。また、専門スタッフによる送迎サ ポート、セーフティメール導入、近郊の医療施設との連携など子どもたちの安全安心にも配慮します。近郊 の鹿田小学校・大元小学校・西小学校はもちろんのこと、すべての3歳~小学生を対象にKids Duo 大元を 11月に開校します。 戦後から始まった英語教育は現在改革が行われている最中で、今では小学校高学年でも教科外の英語の授業が 行われ、その低学年化も検討されております。また、共働きの世帯数は10年前と比べて10%増加、学童保育 の利用者は60%も増加しております。カンコーブランドが約束としている「子どもたちの学びを応援」、 そして「それを可能にするための環境整備」という両面から、今回の英語で過ごす学童保育/プリスクール 「Kids Duo」に取り組むことにいたしました。この度の英語学童保育「Kids Duo」を始め、今後、地域に 複数校を展開していく計画をしており、これからも様々な形で子どもたちの夢と学びを応援していく所存です。

     1.開催日        2014年11月4日(火)10:30~      2.場所        Kids Duo 大元         岡山市北区西古松1丁目27-25      3.参加者        菅公学生服株式会社 代表取締役社長 尾﨑茂        菅公教育サポート株式会社 事業責任者 田原正彦(菅公学生服㈱取締役)      4.内容        社長挨拶        概要説明        施設紹介・見学

記者会見にて、社長の尾﨑は「今、日本全国で叫ばれている少子化・人口減少の問題に、企業としてやらな ければいけないこと、そして我々が出来ることは何かと向き合った時、「女性の社会進出」をしっかりと応 援していくことこそが重要だと常々考えておりました。ただ、一言で「女性の社会進出」と言っても、「保 育園の待機児童」や「延長保育」、「小学生の授業が終わった後、放課後をどう過ごすかということ」など、 多くの子育て世代は様々な問題に直面されています。また一方で国際化が叫ばれて久しく、現在では小学生 の英語の教科化やその低学年化も検討されており、英語教育が今まで以上に重要視されております。今回、 この2つを両方解決することができる「Kids Duo」のコンセプトに共感し、この度フランチャイズとして岡山 の地にて展開させていただくことになりました。」と述べました。

※参考 Kids Duo公式サイトhttp://www.tact-net.jp/kidsduo/index.php

Source: http://www.delltheatricalcenter.com/0206_setsuritsu.html

別れさせ屋