アリババと中国軍需大手が衛星位置情報サービス会社設立

アリババと中国軍需大手が衛星位置情報サービス会社設立

会社 設立 法律

アリババと中国軍需大手が衛星位置情報サービス会社設立

詳細について 会社 設立 法律



1円で会社設立ができるって本当?(最低資本金制度撤廃) 取締役1人で会社設立ができるって本当ですか? 類似商号調査が不要になった? 払込金保管証明書が不要に 現物出資・財産引受の調査が不要になった?

1.1円で会社設立ができるって本当?(最低資本金制度撤廃)

新会社法の制定により、最低資本金制度が撤廃されましたので、1円の資本金でも会社を設立できるようになりました。

※会社法ができる前は、株式会社は1000万円、有限会社は300万円の資本金が無ければ会社を作ることはできませんでした。

株式会社の資本金については、当サイト内のこちらのページも是非ご参考ください。

ただ、会社設立には登記費用などもかかりますから、まったく1円だけで会社が作れるというわけではありません。

それでは、株式会社の設立に際して必ず必要となってくる費用(法定費用)の詳細を見てみましょう。

<株式会社の設立に必要な法定費用>定款認証時に必要な費用(約90,000円)

定款認証手数料:50,000円 印紙代:40,000円(電子定款を使用すれば印紙代40,000円は不要) 定款紙謄本の交付手数料:約2,000円

※上記印紙代40,000円を節約、0円にしたい方はこちら → 電子定款認証代行サービス

登記申請時に必要な費用(約150,000円)登記簿謄本などの取得費用(約4,000円)

登記簿謄本:約4,000円(登記簿謄本は1通につき1,000円) 会社の印鑑証明書:約1,000円(会社の印鑑証明書は1通につき500円)

※このほか、会社代表者印の作成代金が別途必要になります。 → モヨリック行政書士事務所の法人印作成サービス(高材質5,800円~)

2.取締役1人で会社設立ができるようになった?

新会社法では取締役1人で会社を設立できるようになりました。

旧商法では、株式会社には取締役3人、監査役1人が必要でしたので、株式会社を設立しようとした場合、自分以外に最低3人は集めなければなりませんでした。 この規制のせいで「役員」の名前貸しといったことも頻繁に行われていたのです。

前述の最低資本金制度の撤廃と合わせると、これからは、 1円の資本金と自分1人で株式会社が設立できることになりますが、正確には、全ての株式会社がたった1人で設立できるわけではありません。

新会社法では、大きく分けて、4種類のタイプがあります。

株式譲渡制限タイプの中小会社(非公開会社)

このうち資本金1円、取締役1人で会社を設立できるのは、株式譲渡制限タイプの中小会社です。

※株式譲渡制限会社とは、全ての株式の譲渡について、会社の承認を必要とする旨の定めを、定款に規定している株式会社を言います。

3.類似商号調査が不要になった?

今までは、会社を設立する際、類似商号チェックという事前手続が必須でした。 現在は、原則、類似商号チェックが必要ではなくなりました(旧商法19条、商業登記法27条の廃止により、類似商号禁止の規制が廃止)。

会社を設立しようと考えるときに、1番重要なのは会社の顔でもある商号だと言っても過言ではありません。会社の顔とも言える「名前」ですから、色々と考えて決めたいものですね。

新会社法が施行されるまで禁止されていた「類似商号」とは、一体どのようなものだったのでしょうか?

類似商号の禁止とは?

「営業の同一性」を基準に、会社の事業目的を同じくする同一市町村内の会社は、「同じあるいは似たような商号」を付けることができない

今回の法改正で、この規制が撤廃され、事業目的に関係なく、同一住所で同一の商号の会社を登記しない限り、登記は認められることとなりました。

これにより会社設立手続は迅速に進められるようになったのです。

ただし、不正競争防止法(登記の有無に関わらず、不正競争防止の目的で商号一般を保護している法律)もありますので、調査にかかる時間・労力は今までほどではなくなりますし、念の為、類似商号チェックを行っておいた方が安心です。

4.払込金保管証明書が不要に

従来は、会社設立手続において資本金を金融機関に払込み、「払込金保管証明書」を取得する必要がありました。

払込金保管証明書とは、出資金の払込確認+設立時にその出資金を使うことができることを、金融機関に証明してもらう書面のことを言います。

詳細は省きますが、この払込金保管証明書をもらうためには、時間・費用がかかり、また、証明すること自体を金融機関から断られるなんてこともありました。

新会社法では、発起設立の場合、資本金の払込みについては、払込金保管証明書ではなく、「残高証明で足りる」としています。

※募集設立の場合は、従来どおり、払込金保管証明書が必要となります。

これにより、より迅速に会社設立手続を進めることができるようになりました。

ところで、「残高証明で足りる」とはどういうことでしょうか?世間一般に言う銀行の「残高証明書」では無いので、ご注意下さい。

従来の払込金保管証明書の代わりに利用するする書面は「払込証明書」になります。

「払込証明書」とは、発起人代表者個人の口座に、出資者が資本金の払込みを行い、代表者がその払込みがあったことを証明するものです。

この払込証明書の作成は、金融機関に何かをしてもらうといったこともなく、自分で簡単に作成できますので、時間も費用もかからなくなりました。

5.現物出資・財産引受の調査が不要になった?

会社設立時の現物出資・財産引受において、検査役の調査が不要になる要件が一本化されるとともに、その財産の範囲が拡大されました。

小額財産の特例

これまでは、会社設立時の現物出資・財産引受(現金以外の財産、たとえば、有価証券、土地・建物、車などの現物を出資し、それを会社の財産とすること)は、原則的に裁判所で選任された検査役の調査が必要でした。ただし、例外も認められていて、現物出資の価額の総額が「資本金の5分の1以下」かつ「500万円以下」であれば、検査役の調査は不要でした。

新会社法では、会社設立手続きの緩和を目的に、「資本金の5分の1以下」と言う要件が廃止され、現物出資の価額の総額が「500万円以下」と言う要件のみに一本化されました。

有価証券の特例

これまでは、現物出資の目的財産が「取引所の相場のある有価証券」の場合、その相場以下の価額で出資するときは検査役の調査が不要でした。新会社法では、それら財産の範囲が「市場価格のある有価証券」に拡大されました。

市場価格のある有価証券とは…

株券、新株引受権証書、国債証券、地方債証券、社債券等の有価証券または有価証券とみなされる権利であって、証券取引所に上場、またはその他の市場で取引されているものを言います。

現物出資に関する関係者の責任

取締役、発起人の現物出資の目的財産の価額をてん補する責任が、新会社法では、過失責任(発起設立の場合)、無過失責任(募集設立の場合)となります。

同カテゴリー内の記事 ココが変わった!新会社法!株式会社設立5つのポイント! 株式会社設立で得られる10のメリット 株式会社を設立するには?【株式会社を作る際に決めなければならない8つの事項】 会社を作るには何が必要?【会社設立に必要なもの】 株式会社の資本金って? 株式会社設立までの「流れ」と「手続き」ポイント解説。 株式会社設立時の必要書類一覧&押印マニュアル あなたもスグに定款作成できる!1番くわしい定款作成・認証ガイド 株式会社の定款記載事項(絶対的記載事項、相対的記載事項) 公証役場での定款認証って? 株式会社の登記事項 代表取締役を複数名(2名以上)置く場合の株式会社の設立手続きについて 会社設立に際して許認可が必要な業種一覧 株式会社設立後に届け出なければならない8つの税務書類を把握しよう 会社設立後に行う官公署への各種手続 発起設立及び募集設立 設立手続の流れ 株式会社設立Q&A 株式会社設立サービス費用 電子定款認証代行サービス

印紙代が0円に!自分でするより安くなる【電子定款認証.com】のご案内

定款認証に必要となる印紙代4万円を賢く節約!自分で設立するより30,200円も安くなる!

年間250社以上の定款認証実績がある定款雛形(ワードファイル)もパターン別で6種類ご用意しています。現物出資にも対応。上記サイトより、ご自由にダウンロードしていただけます。

事業目的検索も充実しています。あなたのお金と時間の無駄を省いて起業を応援!

→電子定款認証代行ドットコムはこちらから

Source: http://smg.or.jp/qanda/qa54.html



はじめに・・・会社法とは?

会社法とは平成18年5月1日から新しく施行された法律です。 といっても全く新しい法律ではなく、以前から存在していた商法の中にあった「第2編 会社」の部分とそのほかにあった有限会社法や特別法などがまとめられたものとなっています。

新会社法のポイント会社の設立の容易化

これまで会社を設立するためには最低資本金が株式会社1000万円、有限会社300万円とされていましたが、それらが撤廃され資本金1円でも会社が設立可能になりました。

資本金と同じようにこれまでは会社に最低でも取締役が3人、監査役1人が必要となっていたものが取締役が1人でも会社を設立することが可能になりました。

以前は同じ市町村内で同じ営業目的、同じ事業を行う会社がある場合その会社に同一もしくは類似した商号を登記することはできませんでした。 そのため、商号を変えるか地域を変える必要などがありましたがその規制が無くなり、同一商号を登記することが可能になりました。

設立登記するためには資本金を預け入れた銀行から保管証明を発行してもらう必要がありましたが手間暇もかかるうえ、登記終了まで資本金は使うことができないなどいろいろなデメリットがありました。新会社法では残高証明書で事足りるとなりました。

会社の種類・組織

発行株式に対しその譲渡制限を付けている場合、その企業が大企業、中小企業に関係なくその会社の組織である取締役会や監査会などを設置しなくてもよくなりました。

新会社法の設立により、新規での有限会社を設立することはできなくなりました。 基本的にはすべての有限会社は譲渡制限付きの株式会社にかわることになりますが経過措置として、すでに設立している有限会社はそのまま継続していくことが可能となっています。

今後、有限会社に替わって設立されることが増えてくると思われる新しい会社形態です。 これまである株式会社と合名会社、合資会社の中間のような位置づけになります。 合同会社(LLC:Limited Liability Company)の特徴は「有限責任」と「定款自治」となっています。 「有限責任」は出資額以上の責任を出資者は負う必要がないことで「定款自治」は出資額によらず利益配分や権限などを取り決めることができることです。 株式会社と違うところは「定款自治」の部分で、利益配分などを株主総会決議においてその持ち分に応じた決議により行わなければならない一方、合同会社は株式会社よりも意思決定が迅速に行えるというところです。

おもに中小企業において決算書の信頼性を向上させるために、公認会計士や税理士を関与させることを目的としています。設置はあくまでも任意ですが、取締役会を設置し、監査会を設置しない場合には設置義務とされています。

現在、商法上では取締役の任期は2年とされています。しかし新会社法では譲渡制限株式会社についてはその定款に定められている場合最長で任期を10年とすることができます。

会社の会計

これまで、利益配当(余剰金配当)は定時株主総会の時とされていましたが、期中にいつでも配当が可能になりました。

これまでの利益処分案(利益処分計算書)がなくなり、株主資本等変動計算書に変更になりました。

Source: http://office-tsuda.net/kaisyahou.html

別れさせ屋 長野