起業するなら個人事業と法人事業どちらがおススメか?《攻める経営のススメ》【長野経営コンサル】

起業するなら個人事業と法人事業どちらがおススメか?《攻める経営のススメ》【長野経営コンサル】

会社 を 起業 する

 起業するときに、個人事業主の方が良いのか、会社の方が良いのかと質問されます。

介護業界など許認可の関係で会社じゃないと営業できないような場合を除けば、多くの人が悩むポイントです。

ネットで検索すると、やれ税金やら社会保険でどちらが有利だのという難しい話ばかりで余計わからなくなってしまうのではないでしょうか?

1.会社はお金がかかる

事業を始めて、ちゃんと売上と利益が出せるかどうか不安であれば、まずは個人事業主として始めることをオススメします。

 会社は個人事業よりもはるかにお金がかかるからです。

たとえば、株式会社を作るには、自分で手続きをしても25万円くらいします。

個人事業主であれば、税務署に開業届を出すだけなので費用はゼロです。

会社であれば、安くても毎月2~3万円の顧問料を払いますし、決算のときは顧問料とは別に20万円くらい払います。

個人事業主であれば、毎月の顧問料はせいぜい1万円くらいで、確定申告のときも数万円が妥当な金額ではないでしょうか。

社会保険も個人と会社では違います。

会社だと社長一人でも社会保険に加入します。

個人事業主であれば、従業員が5人未満であれば加入しなくても良いことになっています。

個人事業主は赤字であれば税金を払う必要はありません。

会社は赤字でも法人市県民税を払います(年間約8万円)

2.消費税の免税期間をフルに使う

ザックリ言うと、消費税は開業してから最低2年間は免除されます(例外あり)。

これは、個人事業主も会社も同じです。

なので、初めは個人事業主で始めてみて3年目に会社にすれば、合計4年間消費税を納めずに済みます。

これが、最初から会社でスタートしてしまうと3年目から消費税を納めることになってしまいます。

3.会社だと信用力がアップする?

会社だからと言って信用されるとは限りません。

たしかに、株式会社とか代表取締役って聞くとカッコよくて信用できそうです。

会社だから銀行はお金を貸すのでしょうか?

会社だから取引先は仕事をくれるのでしょうか?

もしそうなら、起業する人はみんな会社を作りますよね。

信用も実力もすぐにはついてきません。

僕のお客さんの個人事業主さんは、取引先から『ウチは会社じゃなきゃ取引しないんだけどあなたは例外』と言われて仕事を頂いているそうです。

個人事業主として小さく始めて、実力が付いたら会社にしてビジネスを大きく育てていく。

特に社長1人や家族経営でスタートするのでしたら、これが理想かなと僕は思います。

Source: http://shachou-yobikou.hatenablog.com/entry/2016/12/24/173446



動画を見ます 会社 を 起業 する

起業するなら個人事業と法人事業どちらがおススメか?《攻める経営のススメ》【長野経営コンサル】

詳細について 会社 を 起業 する

ホーム > アフィリエイト・内職 > 現在の記事

アフィリエイトで株式会社を設立するまで ネットビジネスで起業した方法

法人成りの1つのボーダーラインとして 「年収1000万円を越えたら」とよく言われています。

私は2003年からネットビジネスをスタートして 2010年にようやくアフィリエイト収入が年1000万を越えたので 去年、節税目的で個人事業から株式会社に法人成りしました。

今回はこれからネットビジネスで起業する人のために 会社を設立したメリットや実感したことをまとめてみましたので 「独立して起業したい!」という人の参考になると嬉しいです。

私が会社を設立した経緯は 近くの税理士事務所に節税相談に行った流れでの設立でした。

特に会社を設立しよう!と思って行った訳ではないのですが 「3日ほどで会社を設立できますよ」ということだったので 節税面について相談した上で思い切ってお願いしてみました。

自力で設立する場合は登記作業にかなりの労力を要しますが 代行した場合はステップに沿って動くだけで ほとんど手間を感じずに設立が完了しました。

特に登記作業は自分でやっても行政書士に頼んでも 金額がほとんど変わらないことも多いので ムダな時間や労力を使わずに代行することをオススメします。

基本的には全ての作業をやってくれるのですが いくつかの作業は自分でやらなくてはいけません。

と言ってもハンコ屋さんで「代表印と実印」を作成したり 楽天銀行とゆうちょで「法人口座」を作成したぐらいで 後は会社名の決定や資本金の設定などの簡単なものでした。

後は書類にポンポン印鑑を押していくだけで 定款やら社会保険の加入やら全てスムーズに終了します。

今回、会社を設立して最初に感じたことは 「個人事業と大して変わらない」ということでした。

会社の設立ってすごく手間がかかるものだと思っていましたが 設立作業も、設立後も全く手間がかからないんですよね。

私はずっと会社設立など全く考えていませんでした。

会社になれば面倒な作業も出てくると思ってましたし、 「起業への憧れ」というのも全くなかったからです。

起業前までは経費を出すのも面倒で全く申告せず、 今思うと節税とは全く逆のことをしていました。

そんな面倒くさがりな私でも起業したのは 会社設立に非常に大きなメリットがあったからです。

法人成りには様々なメリット・デメリットがありますが 私の環境では以下のようなものがありました。

●メリット1 節税ができる 税理士の人にどこまで経費になるのかを聞いて ギリギリまで判断して膨大な経費を出せるようになりました。 ただ、毎月の税理士報酬・決算報酬も支払っているので 大きなプラスにはなっていないのですが(^^;)

●メリット2 手間が少なくなる 「手間をなくして正確に記帳できる」のは大きなメリットです。 税理士に領収書・口座の入金履歴を渡すだけで毎月の税務作業が終わります。 領収書を渡すだけなので少額の経費も面倒くさがらずに入れられるのがいい。

●メリット3 信用面でのメリット 銀行や取引先・外注時の信用面が上がります。 個人事業と株式会社ではやはり信用度が抜群に違いますね。

●メリット4 代表取締役という肩書き 起業するまで興味がなかったのですが 一旦、代表取締役という役職がつくとかなり自信がつきます。 知り合いに仕事を聞かれた時もハッキリ答えられるのは大きいです。

●デメリット1 少しだけ勉強しないといけない。 税金面は基本的には税理士の方に任せていますが 節税するのなら税金面に関して少し勉強しないといけません。

●デメリット2 設立時にお金がかかる。 合同会社や株式会社などによっても料金は変わりますが 定款認証料・登録免許税・謄本代などで25万円ほどの設立代金がかかります。

他にも多くのメリット・デメリットがあるのですが 詳しく勉強したい人は以下の書籍などを参考に。 個人事業を会社にするメリット・デメリットがぜんぶわかる本

株式会社を設立した上で実感しましたが 「所得が1000万円を越えるなら絶対にやった方がいい」でしょう。

特に記帳作業がめんどくさいという人にはオススメです。

面倒な記帳は税理士さんに全部任せればいいですし、 経費をギリギリまで使えば金銭面でもプラスに働きますしね。

ただ、収入があまり大きくない場合は手間の割に節税効果が薄いので やはり年収1000万円をボーダーとして考えるのが良いかと思います。

関連「結局、何をしたら稼げるのか?」-今から始める27のお金の稼ぎ方 関連[最新版]ブログアフィリエイトでお金を稼ぐための8つのノウハウとSEO 関連Youtubeアフィリエイトでお金を稼ぐたった1つの方法 関連ブログ1年間のアフィリエイト収益・ポイントサイト収入をまとめてみた。

Source: http://kanemotilevel.com/add/kizi258.html

別れさせ屋