会社 設立 ハンコ

会社 設立 ハンコ

会社 設立 ハンコ

会社のはんこ、それは会社経営を続けていく限り、ずっと使っていくものなので会社にとって、とても大切なものです。

そんな会社の印鑑ですが、「なんとなくはんこ屋に行って、なんとなく言われたとおりに買っている」そんな人が多いのが現状です。

素材によって会社の印鑑と一言で言っても、「手彫りなのか機械彫りなのか」、「材質は何を選んだらよいのか」などしっかりと見極めなければいけないポイントがあります。

当事務所では、今まで会社設立時だけでなく派遣許可や古物商許可など各種手続でこれまで500社以上の会社の印鑑を見てきました。

とても押しやすい印鑑もあれば、押しにくくて綺麗に押せないものもありました。

ここでは、そんな経験をもとに会社の印鑑の失敗しない作り方をご

Source: http://kaisya-tsukuro.net/kabushikinavi/inkan.html



動画を見ます 会社 設立 ハンコ

会社設立時に必要な印鑑の種類は?札幌の税理士。

詳細について 会社 設立 ハンコ

会社を設立するには、登記申請書と一緒に会社の印鑑を法務局に届け出る必要があります。ここではその印鑑を作成しましょう。 会社印は、俗に3点セットといわれる代表印、銀行印、角印の3つを用意するのが一般的です。このうち法務局に届け出るために絶対作成しなければならないものが会社代表印です。これは会社の実印のようなものだと考えていただければよいと思います。

会社名の中に「代表取締役之印」と入れるのが一般的です。

次に、銀行印は口座の開設など銀行取引に使用するものです。代表印を使いまわすことも可能なのですが、実印を銀行印にする人が少ないのと同様に代表印を銀行印にしてしまうのは安全上あまりおすすめできません。銀行印は代表印とは別に作成するようにしましょう。

最後に角印ですが、これは領収書に押したりするのに使うもので、3つの中では一番気軽に使える、言い換えれば重要性が低い印鑑であると思われます。会社設立時には使う機会もないかもしれませんので、絶対に作るべきとも言い切れない印鑑ではありますが、印鑑は3点セットで買うとお得だったりするので、これも一緒に買ってしまった方がいいかと思います。

印鑑をつくるのにかかる費用ですが、一般的な街のはんこ屋さんに依頼すると、3点セットで2~3万円といったところだと思います。何かと出費がかさむ会社設立時には痛い金額です。 ただし、最近は安く印鑑を作成できるサービスも出てきています。私どもが運営する「会社設立・経営サポートセンター」でも印鑑3本に高級感のあるケースを付けたセットを9,800円から販売しています。  

ご興味がある方は「こちらのページ」をご覧下さい。会社設立の専門家が販売する印鑑ですので、間違いなく法務局に登録可可能で安心な印鑑、手前味噌ですがオススメです。  

[前のページ]  [目次]  [次のページ]

Source: http://kigyo.office-ichikawa.com/chishiki_kaisyain.html

www.ac-sodan.info