会社 設立 タイミング

会社 設立 タイミング

会社 設立 タイミング

法人化(会社設立)するタイミングは??

詳細について 会社 設立 タイミング



退職した翌日に会社設立をすることができるか

会社設立をしようと考えているところなのですが、現在は企業での勤務中です。しかし、既に退職する日は決まっている状態です。今から準備を進めておいて、退職した翌日に会社設立をするということは可能なのでしょうか。

会社設立をするためには、手続きに時間がかかるものです。ただ、手続きをする時期について、明確な決まりというものはありません。そのため、企業を退職した翌日に行うことが可能であるのは言うまでもなく、在職中の現在でも手続きを行うことは可能なのです。

ただし、在職中は現在の仕事に専念する義務があるため、会社設立に時間を費やすことが難しいです。退職をした翌日に手続きをすることを考えているのであれば、それに向けて準備を進めていくことが大切です。

退職をせずに会社設立をして副業をするのはリスクがある

会社設立をするなら、退職をしてから行いましょう。在職中に行うと、副業禁止の服務規程に違反してしまい、問題になります。

しかし、最近は在職中に副業を行う人も、珍しくはありません。週末だけビジネスを行うために、退職せずに会社設立する人も増えているのです。これらは週末起業と呼ばれていて、フランチャイズビジネスやインターネットビジネスなどが一般的です。会社員がわずかな時間でできる副業として、人気になっています。

しかし、退職せずに会社設立をして働くと、仕事内容にかかわらず、服務規程の副業禁止に違反します。違反をするとリストラの対象になり、クビを切られることになりかねません。お小遣い稼ぎのつもりで始めた会社設立後の副業でも、退職に追い込まれることはあるのです。

「どうせバレないだろう」と高をくくっていても、税金の関係からバレる確率は高くなります。副業のつもりでも、会社設立は在職中に行うのはリスクがあります。

大阪で会社設立を目指すあなたのお悩みに答えます

Source: http://ep-support.net/article/15298556.html



上述のように、会社設立において個人のマイナンバーは必要ありません。

それでは法人番号(法人版マイナンバー)はどうでしょうか。

実務家レベルにおいては、会社設立後どのタイミングで法人番号を知ることができるかという点が注目されていました。

その理由として、会社設立後には税務署等への様々な届出書提出が必須であり、しかもそれには提出期限が設けられているからです。

では、2016年3月に弊事務所が会社設立をサポートしたある法人のケースを見てみましょう。

※この日が会社の誕生日です。ちなみに水曜日でした。

2016年3月7日 法人番号指定年月日(法人番号指定通知書に記載)

※従ってこの日、または翌日位に法人番号指定通知書が発送されたと考えられます。

2016年3月9日 本店所在地に法人番号指定通知書が普通郵便で届く。

2016年3月11日 午後5時ごろ 国税庁法人番号公表サイトに法人番号が掲載される。

※ちなみに3月11日は午前中の検索では該当情報がなく、午後5時ごろの検索で番号が表示されましたので、この日お昼以降にサイトに掲載されたものと考えられます。

このように設立登記日からちょうど1週間後に指定通知書が届き、国税庁サイトへの掲載はその2日後でした。

マイナンバー制度の運用開始前は、国税庁法人番号公表サイトでの検索が早いと考えていましたが、今回の例で見る限り指定通知書の送達のほうが早そうです。

今のところ、会社設立後に法人番号が必要なのは税務署への届出書ですが、将来的には銀行口座開設など様々な手続きに必要となることも予想されます。

それを考えると 国税庁法人番号公表サイトでの掲載もできるだけ早く、できれば設立登記日の3日後くらいに掲載してもらえるとありがたいと思います。

Source: http://www.office-kitahama.jp/blog/2014/07/post_213.html

http://ac-sodan.info