会社 作り方 1 円

会社 作り方 1 円

会社 作り方 1 円

会社設立 手続きの流れ 設立に必要な費用は?税理士法人Yuse

詳細について 会社 作り方 1 円



オンラインで請求業務が完結するクラウドソフト / これから起業する方へ。会社設立全部おまかせ / うちの価格は適正?税理士報酬の相場が気になる方へ  

将来の起業を目指して、今はサラリーマンとして実力をつけ人脈を培っているという方や、個人事業主としてフリーランスで活動していて将来は会社の社長を目指している方は、きっと沢山いることでしょう。

起業のタイミングは思いがけず訪れるものです。

さて、多くの方は起業する際に、株式会社の設立を視野に入れているのではないでしょうか?そこで、本日は、初めての人でも1週間で行える株式会社の設立方法をご紹介します。もちろん、初めて株式会社を設立する時には慣れない作業で思いがけず時間が取られることもあるでしょう。

そのため株式会社の設立を自力で1週間で済ませるには集中して手続きを進める必要があります。

そこで、当ページでは、初めての方でも出来る限り迷わず、スムーズに作業を進められるように、必要な書類の雛形を用意しております。また、事前に用意すべきものや手続きの手順などを出来るだけ具体的にご説明しています。自力で株式会社を設立する場合はもちろん、会社設立代行業者に頼む場合でも、一通り手続きを知っておくことでスムーズに進められることでしょう。

あなたが株式会社を設立する際にお役に立てて頂ければ嬉しく思います。

0. はじめに:本当に株式会社を設立するべきなのか?0.1 株式会社を設立するメリットは?

もし、あなたが「独立するなら、まずは株式会社を作らなければ始まらない」とお考えだとしたら、その考えは少し安易かもしれません。株式会社を作るには、メリットとデメリットがあります。最低限知っておきたい部分を簡単にまとめてみましたのでご覧下さい。

メリット 信用度が高い:これが株式会社を作る一番のメリットでしょう。法人になっていなければ取引不可の企業もあります。 節税の選択肢が広くなる:個人事業の時は経費として認められないものも経費として扱うことができます。 所得税と法人税のバランスを見て手元に残るお金を最大化できる:優秀な税理士がついていればキャッシュフローを最大化することができます。 デメリット 社会保険料:最もキツいのは従業員を雇うコストが倍増することです。 法人税の均等割:赤字であっても年間7万円を納めなければいけません。 報酬:社長の給料は1年間変更できません。これは税金面からも重大な問題となります。 必要な手続きが多い:源泉徴収の納付や各種保険の手続きなどやるべきことがとても多いです。 

一つアドバイスをさせて頂くと、まだ売上げや利益計画に確実な見込みがない場合は個人事業主から始めるのも良い選択肢です。または、株式会社より設立費用の安い合同会社という選択肢もあります。

※合同会社のメリットは、『急増中!起業を考えているなら知っておきたい合同会社のメリット6つ』をご覧下さい。

一方で、例えば、合同会社や個人事業主をあまり信用しない中小企業がメインのターゲットの場合は、株式会社を選択するのが現実的でしょう。また、個人事業が軌道に乗り、収入が1千万円を超え、そのビジネスに一生を捧げるぐらいにやり甲斐を感じているなら、事業拡大のために株式会社化するというのも良い流れでしょう。

参考:『どこから得なん?個人事業から法人化にする損益分岐点|リサイクルジャパン』

独立・起業の際に取れる選択肢は何も株式会社の一つだけではありません。どの事業形態で始めるのが最もあなたに適しているのかをしっかりと判断するようにしましょう。

0.2 株式会社の設立に最低限必要な費用

株式会社を設立するには、資本金とは別に登記手数料等の費用が合計で25万円ほど必要になります。最低限必要な金額の内訳は以下の通りです。

株式会社の設立に最低限必要な費用 定款に貼る収入印紙代:4万円(※注1:電子定款の場合は不要) 定款の認証時に公証人に払う手数料:5万円 登記手続きに必要な定款の謄本手数料:約2000円(250円/1ページ) 登記手続きの際の登録免許税: 最低15万円(※注2:厳密には資本金の額×0.7%) 合計:約25万円

この中で、定款をPDFなどの電子定款にした場合、定款の収入印紙代は不要になるので、4万円を節約することができます。しかし自分で電子定款を作るには特別な機器が必要となるので、結果的に割高になる場合が非常に多いです。(→参考:『電子定款の作り方』)

また、会社設立やその準備にかかった費用は、設立する会社の経費として算入することができます。領収書などは全て保管しておきましょう。

0.3 株式会社の設立手続きを自分でやるべきか任せるべきか?

上記の費用は、自分で株式会社を設立した時にかかる費用です。しかし、株式会社を設立するためには、初めての方には耳慣れない書類を用意したり、役員の配置を決める機関設計や株主の構成など、注意して決めておきたい事項もあります。

機関設計や株主構成を決める際に最低限抑えておいて頂きたい注意点は、当サイト内でご説明させて頂いております。しかし、不安な場合は、別途10万円程度の費用がかかりますが、司法書士や会社設立の代行会社に依頼するのも良い選択でしょう。

下記のリンクは、設立代行会社や司法書士を利用して株式会社を設立した方の実体験や代行サービスです。これから当ページでご説明させて頂く株式会社設立のステップの理解を深めるためにも、参考になりますので一度目を通しておきましょう。

『定款作成、融資相談、節税相談、助成金サポート全部おまかせ|Q-TAX会社設立センター』 『誰でもできる株式会社の創り方〜バーチャルオフィス登記編|Startup Reality�

Source: http://zeimu-soudan-mado.com/column/start/shihonkin/



資本金とは、会社設立時に出資するお金のことです。

資本金が多ければ会社経営は楽になりますし、創業時から借り入れする必要もなくなります。

と考える人も多いので、対外的な信用を得ようと思ったら、ある程度のまとまった資金を用意する必要があります。

ならば、多ければ多いほど得? と考えがちですが、設立時から資本金が1,000万円を超えると、初年度から消費税の課税対象となります。

1,000万円未満なら、創業から1年間は免税されます。※

※2期目は資本金1,000万円未満かつ特定期間の課税売上高が1,000万円以下または特定期間の給与等支払額の合計額が1,000万円以下の場合のみ免税されます

また法人住民税も、資本金1,000万円未満の事業者は7万円ですが、資本金1,000万円~1億円の事業者は18万円を納付しなくてはなりません。

最適な資本金の額は、その人の自己資本力、事業内容・規模、取引先などによって変わります。

起業前に綿密な事業計画を立てて、事業に合った資本金を用意するようにしましょう。

「資本金1円で株式会社設立が可能」

という言葉を耳にしたことがある人もいると思います。

2006年の新会社法の施行により、最低資本金制度が廃止になりました。極端な話、現在、株式会社は資本金1円でも設立できます。

しかし、本当に1円で会社を経営できるかというと、現実的には難しいでしょう。

設立後すぐに債務超過に陥ってしまいますし、資本金が少額だと、銀行の法人口座が開設できないケースもあります。

業種にもよるので、一概にはいえませんが、少なくとも100万円以上の資本金は用意したほうがいいです。

ちなみに、廃止前は、株式会社設立には1,000万円以上、有限会社設立には300万円以上の資本金が必要でした。

平均的な資本金額

総務省の統計によると、全産業の90%近くを資本金300万円~3,000万円の会社が占めています。

建設業、情報通信業、卸売・小売・不動産、サービス産業などは300万円~500万円、電気・ガスや鉱業、採石業など国のインフラを担う事業は1,000万円以上がほとんどです。

中には資本金数億円の会社もありますが、ほんの少数です。 (参考資料:統計局ホームページ/企業産業分類)

資本金の決め方

「初期費用+3カ月分の運転資金」を少なくとも用意してください。

・株式会社設立費用(定款作成費用、登記費用など)

・オフィス費用(家賃、敷金・礼金など)

・事務用品関連費用(パソコン、ファックスといったOA機器、文房具関連など)

・広告関連費用(企業ロゴ、ホームページ作成費用など)

またBtoBの場合、資本金が受注に影響を及ぼすこともあります。

資本金が少額だと、倒産のリスクが高いと判断され、取引を敬遠されてしまいます。

もし資本金が審査対象になる取引先があるならば、事前に相談しておいたほうがいいでしょう。

逆にBtoCは、資本金が顧客獲得に大きな影響を与えることは少ないです。

資本金が多いことのメリット

1,000万円以上資本金があると、消費税や法人住民税の面でデメリットが生じます。

しかし、資本金が多いことは、会社の信頼性を高め、さまざまなメリットをもたらします。

1.融資の審査に通る可能性が大きい 例えば、金融機関からお金を借り入れるとき。

資本金10万円の会社と300万円の会社でしたら、300万円の会社のほうが融資の審査に通りやすいです。

なぜなら、金融機関は資本金が多い会社のほうが事業運営のための体力があると考えるからです。

2.受けられる融資額が増える 日本政策金融公庫の制度融資である「新創業融資制度」。

数ある創業融資の中でも、新創業融資制度の特徴は「無担保、無保証、連帯保証人不要」で、審査に通れば創業時に最大3,000万円を2%台の金利で借りることができます。

融資額はケースバイケースですが、自己資金の9倍が上限です(最大3,000万円)。

自己資金が100万円だったら、900万円。

自己資金が300万円だったら、2,700万円を借り入れることができます。

会社の信用力が乏しい創業期に、これほどの大金を上記の条件で借りられる制度はほかにありません。

新創業融資制度で多額を借り入れるためにも、資本金は多めに用意しておきましょう。

3.許認可が必要な事業も行える 一部の事業を運営するには、許認可が必要です。

事業運営の許認可を受ける際、資本金が条件になることがあります。

例えば、人材派遣業許可には2,000万円以上、職業紹介事業許可には500万円以上の資本金が必要です。

会社設立後に、許認可を受けるための条件に気づき、後から増資するとなると、ムダな手間と費用がかかってしまいます。

会社設立時は、何かとお金が入り用になります。

後悔しないためにも、最初の運転資金はできるだけ多く準備しておきましょう。

資本金が少ないほうが得なケース

「資本金は多いほうがいい」といわれても、最初から個人が大金を集めるのは難しいです。

例えば、手元に預金が500万円あるとします。

このうち、いくらを資本金にするのが良いでしょうか? 答えは人それぞれ異なりますが、最低限の生活資金は手元に取っておくようにしてださい。

例えば、300万円を資本金にしたら、残り200万円で生活しなくてはなりません。

たとえ1人株式会社であったとしても、会社のお金に個人が手を出すのは好ましいことではありません。

200万円で生活が苦しくなったとき、会社から個人にお金を貸し付けることはできますが、経営上、税務上ともにあまり良いことではありません。

金融機関からも公私混同と見なされ、融資の審査に不利になるケースも見受けられます。

逆に、200万円を資本金にして、300万円を生活資金とします。

この場合、もし運転資金が不足したら、個人が会社にお金を貸し付けることができます。

貸し付けたお金は、売り上げが上がったときに引き出しても良いですし、そのまま資本金へ振り替えることもできます。

上記のようなケースでは、資本金を多くするより、個人の預金に余裕を持たせたほうが経営上のマイナスが少なくなります。

資本金の額は、会社設立時の最重要決定項目の一つです。

事業内容、会社の規模、取引先、設立の目的などによって、適切な資本金額は変わっていきます。

会社設立後の資本金額の増減は可能ですが、法務局への変更登記申請など手続きは煩雑で、登録免許税といった費用もかかってきます。

設立後に「もっと考えてから決めれば良かった」とならないよう、会社設立時には担当の税理士と相談して、適切な金額を設定しましょう。

Source: http://inqup.com/how-to-start-company

http://1or0.info