会社 を 起業 する に は

会社 を 起業 する に は

会社 を 起業 する に は

実際に起業しようとしたときには、一体どれくらいのお金が必要になるものなのでしょうか。もちろん、業種や規模によって異なりますから、具体的な金額を計算する事は難しいのですが、いくつか気をつける必要があります。

 平成18年の5月1日より株式会社に関する法律が改正され、それまで1000万円のお金を用意しないと設立することのできなかった株式会社を1円でも設立できるようになりました。そのため「起業が容易になった」とも言われていますが、実際問題1円で起業出来るはずもないことは、想像に難くないでしょう。

 それでは、実際に起業しようとしたときには、一体どれくらいのお金が必要になるものなのでしょうか。もちろん、業種や規模によって異なりますから、具体的な金額を計算する事は難しいのですが、以下のような点に気をつける必要があります。

会社を設立するときにかかるコスト

 まず、そもそも株式会社を設立するためには、そのための費用がかかります。会社の憲法ともいえる定款を作成し、それを公証人に認証してもらう費用(電子認証の場合には収入印紙代はかかりません)や、法務局に設立の届出をする際の登記費用など、数万円から十数万円がかかります。さらに、これらの手続きを専門家に依頼した場合、その手数料が安くても数万円はかかります。

 次に、会社を設立する場合には、場所(住所)が必要になります。自宅で開業する場合を除けば、その賃貸費用も必要となるでしょう。そして、事務所を借りる場合、保証金(敷金)は、家賃の6ヶ月分から10ヶ月分を要求されるのが一般的で、不動産屋さんへの仲介手数料や、礼金なども支払う必要があります。すなわち、例えば月額10万円のオフィスを構えようと思ったら、約1年分の120万円くらい必要になる可能性があるということ。近年、保証金の金額が低くなってはいるようですが、事務所費用が起業時の大きな負担となることは間違いありません。なお、この点については、レンタルオフィスを利用して、コストを抑えるという方法も効果的です。

 さらに、事務所の備品が必要になります。机、イス、パソコン、電話などは、どんなビジネスであっても必需品でしょう。どんなに安くそろえようとしても、数万円から十数万円はかかるでしょう。

 そして、いざ会社ができあがれば、日々の経費がかかります。水道光熱費をはじめ、電話代などの通信費、移動のための交通費など、1つ1つはたいした金額ではなくても、月々数万円のコストは避けることができないでしょう。ちなみに、備品についてもレンタルという選択肢があります。

どんなビジネスでも少なくとも300万円は必要

 なお、ビジネスやプロジェクトをはじめるに当たって、とにかく最初に必要になる金額を「初期投資」と言います。ビジネスが軌道に乗るまでは、お金は出て行く一方ですから、数ヶ月間の支払いに耐えられるだけのお金を初期投資として計算し、その分のお金を用意しておくことが、スムーズな事業展開へとつながるはずです。

 そう考えると、どんなに小さな会社で、どんなにコストのかからないビジネスでも、少なくとも300万円、当初から従業員を雇う計画があるのであれば、そのコストも上乗せした金額を用意する必要があるでしょう。

Source: http://www.dondonnet.com/how-to-succeed-in-your-new-business-with-english-skills/



動画を見ます 会社 を 起業 する に は

起業するには|個人事業と会社どちらが良いか

詳細について 会社 を 起業 する に は

英語能力を生かした起業で成功するポイントとは

「今まで頑張って磨いてきた自分の英語能力を生かして起業したい」

そのように考える人が多いので、今回は、「英語能力を生かした起業で成功するポイントとは」というテーマで、これから起業&会社設立をする人を対象に、英語をビジネスに生かして起業するポイントについて解説しましょう。

英語能力を生かした起業で成功するポイントとは

あなたの英語能力を生かすことができる業種はさまざまですが、あなたはどのような業種で自分の英語力を活用していきたいと考えていますか?

たとえば、以下のような業種が代表的です。

このように、英語を使う業種はさまざまですが、英語だけではなく、プラスアルファのスキルが必要になることがわかりますね。

起業時に見極める英語能力に加えるスキル

英会話教室の開設の場合、あなた自身が英語に詳しくても、それだけでは不十分ですね。

その教え方のスキルが重要になります。

翻訳会社を設立する場合でも、翻訳に対するニーズは多業種に及びます。いくら英語力があったとしても、翻訳を行なう業種に関連した知識がなければ、適切な翻訳はできません。

多くの翻訳家も、自分の得意分野と不得意分野があるように、翻訳会社を設立するのなら、どのような分野の翻訳を行なう会社にするのか、この点を十分に検討する必要があるでしょう。

輸入代行業の開業であれば、個人輸入の代行を行なうなどのサービスが考えられますが、輸入に関するトラブルが発生することも多く、そのトラブルが発生した時にどのように対処するのかによっても、輸入業者に差が生じます。

英語だけではなく、英語圏の商習慣にも詳しくなり、対応するスキルが求められますね。

貿易会社の設立になると、輸入だけではなく、輸出を行なうケースも多いでしょう。輸入とは違う知識と経験も必要になる輸出ビジネス。ここでも、英語能力以外のものが求められますね。

このように、英語だけでは、起業しても起業後の売上に悩むことになってしまいます。

英語にプラスして、どのようなスキルを生かしたビジネスをするのか。

この点を十分に考えたいものですね。

実は、私たち「会社設立サポーターズ」では、

行政書士・司法書士が会社設立手続きの代行を行なうだけではなく、

マーケティングのコンサルタントが売れる仕組み作りに関連したアドバイスを行なっています。

英語を生かしたビジネスを起業しようとしても、

あなたの会社が対象とするお客様の選定方法が間違っていると、

あなたの会社の特徴を際立たせることが難しくなり、

集客数・購買率・成約率等に将来悩むことになるでしょう。

そのような事態に陥る前に、しっかりと事業プランを考えたいものです。

私たちの「会社設立コース」には、この事業プラン等に関連した売れる仕組み作りのためのアドバイスが含まれています。

これから新規に設立する会社では、インターネットの活用も欠かせないので、「ホームページの正しい始め方」という教材も差し上げています。

あなたの英語スキルを生かした会社が成功するように、

どのような仕組みを起業時に作れば良いのかをご一緒に考えていきましょう。

英語スキルを生かした起業と会社設立

会社設立というと躊躇する人がいますが、実は2006年5月に新会社法が施行され、1円の資本金でも、1人の取締役でも株式会社が設立できるように規制緩和が行なわれました。

とっても法人化しやすくなっています。

法人化すると、お客様からの信用が全く違います。

どんどん売上を増やす仕組みが作りやすくなるので、ぜひ法人化しましょう。

法人化の難しい手続きは、私たちの行政書士等がしっかりと代行します。

会社設立時に必要となる税金が45,000円少なくなるという方法も取り入れているので、私たちの「会社設立コース」を利用する大きなメリットになっています。

あなたの英語スキルを生かして、しっかりとビジネスとしての形を作っていきましょう。

「成功して良かった」と一緒に喜び合えるように、私たちも頑張っていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

Source: http://www.dreamgate.gr.jp/knowhow/accounting/id=438

別れさせ屋 大阪