会社 の 作り方

会社 の 作り方

会社 の 作り方

資本金っていくらにした方がいい?★会社設立時に悩みますよね

詳細について 会社 の 作り方



会社案内・事業案内の書き方

ホームページや会社案内に欠かせない「事業案内」。ここではシンプルでわかりやすく書き出すための手順とコツを紹介します。複数の事業部を持つ法人でも個人事業主でも、組み立ての基本は変わりません。作業の棚卸しをしながら1つずつ確認していきます。

※無料PDFにまとめたものもあります。

ホームページや会社案内に記載する「事業案内」は、やっている事業すべてを書き出すものではありません。あなたの会社がお客様に貢献できること、貢献したいと考えていることを絞って紹介する「抜き書き」です。まず、自社で自信がある事業ベスト5を選び出します。

やっているけれどコストがかかりすぎる事業、あまり気乗りがしない事業をわざわざ紹介する必要はありません。個々のお問い合わせで必要だと感じたときお客様にご案内すればOKです。

「事業案内」に必ず記載するべき3要素

書き出した5つから、個別の事業について考えていきます。それぞれの事業で以下の3要素を見つけて書き出してみましょう。箇条書きで構いません。

 ■ あなたの会社はその事業について何をしているのか?  ■ それはお客様にどんなメリットがあるのか?  ■ 同業他社と何が違うのか?

少なくとも上記3要素さえ入っていれば「事業案内」として成り立ちます。

先ほど見つけた3要素を文章にしていきます。もっともシンプルな「事業案内」は1要素1行にまとめて並べることです。その際に使える文章フォーマットがあります。

空欄部分に3要素をはめ込みます。事業によって言い回しや表現は違いますので前後の言葉は変更して構いません。骨子である【これをやっている→こんなメリットがある→それは他社とここが違うからだ】という流れを崩さなければ大丈夫です。

シンプルな「事業案内」だけでも役目を果たすことができますが、文章量が必要な場合は肉付けをしていきます。もっとも簡単なのは、先ほどの3文にまつわる情報を補強する方法です。

上記は架空の例ですが、実際の事業者であればもっと具体的な記述を取り出せると思います。

材料になる情報が揃ったら並べて、整えていきます。先ほどと同じように【これをやっている→こんなメリットがある→それは他社とここが違うからだ】という流れが崩れないようにします。文章を整えるときのコツは以下です。

「…ます。…ます。」や「…です。…です。」と同じ語尾が続くより「…です。…ました。…ます。」など違う語尾が混じるほうが読みやすくなります。同じ語尾が並んでしまったら、替えられる文末を探して語尾を替えます。

 ■否定的な言葉を肯定的な言葉に置き換える

ネガティブな印象を持つ言葉は、なるべくポジティブな逆の言い方に変換します。

これらの表現は「絶対にダメ」ではありませんが、何度も出てくると気になります。言い換えられる場合はなるべくポジティブな表現を選ぶようにしましょう。

「事業案内」を書くための手順はまとめると以下になります。

自社の事業ベスト5を選ぶ それぞれの事業の3要素を書き出す 必要があれば内容を足す 取り出した情報を並べて文章にする 作った文章を見直す

最初に行う「ベスト5を選ぶ」作業がポイントになります。ここが見つかれば「事業案内」作成の半分が済んだといっていいかもしれません。最初にも書きましたが、やっていることすべてを文字にしようとすると詰まってしまいます。お客様に「本当に頼んでほしいこと」に絞っていくのがうまくまとめるコツです。

書き方・聞き方の無料PDF集 事業案内、自己PRやプロフィール、推敲の方法、聞き方のコツなど

Source: http://learningweb.hatenadiary.jp/entry/20140724



かれこれ組織人事の業界も10年ほどになり、最近色々なスタートアップ経営者の方と話す機会が増えてますが、「ビジョンを作ることの大切さ」についてますます実感するこの頃です。「思想」「ストーリー」という言葉を使うこともあります。

「思想が大事」とかいうと、「そうそう!」とスッと伝わることもあれば、「ふーん・・・経営理念ならあるけど・・・」とピンとこない顔をされることもしばしば。この辺の感度は個人差があるものだと思いますが、ビジネスがソフト化し、またグローバル化していくと、「人にものを買ってもらう」「入社して仲間になってもらう」上で魅力的なビジョンが必要不可欠になっていきます。なかには僭越ながらお会いしていて「もっと良いビジョンが作れるはずなのに勿体ないなぁ・・・」と、感じる企業もしばしばあります。

そこで今日は僕の経験と独断に基づいて「ビジョンの作り方」についてまとめておくです。きれいにMECEになってないですが、必要なことはなるべく盛り込んでみました。参考になれば幸いです。

1.ビジョンは「自分にしか分からない独り言」から始まる

逆説的なものの言い方ですが、ビジョンは「人に伝えて人を動かすためのもの」ですが、一方で「簡単には人に伝わらない」ものであることも大事です。 ビジョンとは「景色」です。人は、「見たことのある景色」には惹かれません。「見たことのない景色を見ている人」に、ついていきたいと思います。 「今は僕しか見えないけど、こんな素晴らしい景色があるんだ(一緒に見に行かないか?)」と「自分が実現したい、今はまだ無い世界」について熱っぽく語れることが大事です。この段階では8割くらいの人の頭の中に「?マーク」が浮かぶくらいでちょうどいいと僕は思っています。 孫正義社長はソフトバンクを創業した時に「これから我々はお金を豆腐のように一丁、二丁(兆)と数える会社になる!」と宣言して、初期の社員が「こいつは頭がおかしい」と辞めてしまった、と言っています。また、ホンダの本田総一郎は「他人に理解できるような夢は、本当の夢ではない」と言ってのけています。ここまでのスケールのビジョンを持つのは簡単ではないですが、初期段階は特に自分が夢想するビジョンを信じることが必要だと思います。

突き詰めれば人間は動物なので、「論理では無く感情」で動きます。ワクワク、ドキドキ、ウキウキ、で動くわけです。論理とは人間が社会を円滑に動かすために後から作ったツールです。ビジョンは直感的に人を動かすものでなくてはいけないので、「感情」がメインで「論理」がツール、という関係性を理解する必要があります。また、「感情は伝染する」という科学的なメカニズムがあります。自分の感情が強く動いているか?が良いビジョンのバロメーターだと思ってください。

ビジョン(vision)は、visual(視覚)と語源を同じくする、「目で見るもの」です。「耳で聞くもの」「文字で読むもの」ではありません。良いビジョンは脳の中に「映像」を浮かばせます。映像を浮かばせるにはどうしたらいいか。それは「ストーリー」を使うことです。ストーリーとは、「昔々あるところにお爺さんとお婆さんが・・・」というような、「ある情景を描写する物語」のことです。 「10年後に売上○○億円で、業界ランキング1位の起業になります」はストーリーではありません。「10年後のあなたを想像してみてください。目の前にお客様がいます。お客様は業界で最も信頼される企業である我々を頼ってくださっています。そしてある時、お客様はこう言いました・・・」という「情景」がストーリーです。脳内でも良いですし、動画等の脳外でもよいので「情景」を描くことが大事です。ちなみに良質な映画やCMが世界中で流通するように、この「ストーリー化」をうまく行えば、ダイバーシティの高い海外組織も束ねることが可能になります。

4.「ビジョンターゲット」を設定する

次にその映像に登場する人は誰なのか?を具体的に考えます。つまり「最もファンにしたいステークホルダーは誰なのか」を具体的に考えます。若者なのか?ビジネスマンなのか?富裕層なのか?子育て世帯なのか?などを考えます。マーケティングで言う「ペルソナ」です。つまりターゲットの顔や生活がイメージできればできるほど、ビジョンも尖ります。B2Bであれば、もしお客さんを「1社」だけ選ぶとしたらどこなのか?を考えます。大手なのか?ベンチャーなのか?製造業なのか?日系企業な�

Source: http://edi-labo.com/jigyouannai.html

別れさせ屋 東京