会社を作るのは後回しでいい:起業失敗パターン①

会社を作るのは後回しでいい:起業失敗パターン①

会社 を つくる に は

会社設立はお近くの専門家に御依頼下さい

会社設立を代行するだけならば、遠く離れた地域の方からも依頼を受けることはできます。実際、弊社でも事務所がある阪神地区から遠く離れた北海道や静岡県、神奈川県、東京都、福岡県、福井県などで会社を設立した実績があります。(御依頼いただいた皆様本当にありがとうございました)

しかしながら、事務所から遠く離れた方には会社設立後の「会社経営に関する疑問」までをサポートすることはできません。

もちろん、インターネットによる電子メールやスカイプ、電話・FAXなどの通信手段を用いてできる限りのサポートはさせていただいておりますが、「気軽に来所して実際にあって相談する」ということは遠く離れた地域の方では時間上・距離上不可能です。

インターネットの普及で「距離の壁が破壊された」といわれていますが、

「大阪や神戸で頑張る起業家を本当にサポートできるのは、大阪や神戸に気軽に足を運べる専門家のみ」

関西で頑張ろうと決意されたあなたを応援する為にこのWebサイトを立ち上げています。皆様のご利用お待ちしております。

格安事務所よりちょっと価格が高いのには訳がある!

甲子園法務総合事務所は「言われたままに手続を代行するだけ」「会社設立だけで、はいサヨナラ」の事務所ではありません!株式会社の設立代行比較表

大きく異なってくるのは事務所が定めている「手続の代行料(依頼料)」の部分。

甲子園法務総合事務所の会社設立依頼料は9万7200円(消費税込み)です。インターネットで検索していると格安代行事務所の価格提示が目立ちますので高く感じられる方もいらっしゃると思います。しかしながら弊社はこの価格にて提供させていただくサービスの内容には絶対の自信を持っています。

上の表をご覧ください。他の格安会社設立代行事務所と弊社との間のサービス内容の比較をしたものです。

◆会社設立にかかる交通費

甲子園法務総合事務所では、兵庫・大阪・京都・奈良・滋賀・和歌山といった近畿地方にて会社設立される場合は、交通費は一切いただきません。 格安代行事務所に御依頼される場合は、   「何円分の交通費までが依頼料に含まれているのか?」   「私が依頼した場合、どれぐらいの交通費がかかるのか?」 を必ずご確認ください。普通に考えれば3〜4万円の依頼料にて手続代行している事務所が1万円といった交通費を負担できるはずがないのです。

◆会社実印代

会社を設立する際に「会社の実印(代表印)」の作成が必要になります。個人の実印でも代用できますが、あまり格好良くなく見た目が悪いのでおすすめしません。通常会社の印鑑セットは購入すると安くても1万円ほどします。格安代行事務所の依頼料の数十%を占めることになりますので、当然サービスには付いていないはずです。会社の実印なんていままで作成したこと無いはずですので、ご自分で購入すると結構手間です。 甲子園法務総合事務所は「会社実印」「銀行印」「角印」の法人印鑑3本セット込みの価格です。お客様のご購入の手間も省かせていただきます。

◆会社設立時のメール相談料

格安代行事務所に多いのが、 「初回メール相談のみ無料。2回目からは3000円の有料メール相談

Source: http://inqup.com/10things-to-prepare



動画を見ます 会社 を つくる に は

会社を作るのは後回しでいい:起業失敗パターン①

詳細について 会社 を つくる に は

スタートアップや週末起業という言葉が頻繁に使われるようになった昨今、「自分も将来は会社を…」と考えている方は多いのではないでしょうか。

実際に会社の設立する時には、資本金や設立費用の他にも用意しておくべきものがあります。

以下の図をご覧になって下さい。これは、会社設立の大まかな流れをあらわしたものです。※合同会社の場合は「定款の認証手続」のステップが不要で、登記書類も少ないため、比較的簡単に設立することができます。

このように見てみると、会社設立の手続きは意外とシンプルであることがお分かりだと思います。

そして、実際に会社を設立する時に、事前の準備をしっかりと済ませていると、その後の流れが非常にスムーズになります。そこで、当ページでは事前に用意しておきたい10個の項目をご紹介します。ぜひ、あなたが独立・起業する時のために参考にして頂けると嬉しいです。

また、当ページで記載している内容は、株式会社でも合同会社でも使えるものです。株式会社と合同会社で用意しておくべき項目が違う場合は、それぞれの項で、その違いも詳しく解説していますのでご安心下さい。

目次:株式会社を設立する前に用意しておくべき10の項目(会社設立の流れ)

※目次をクリックすると各項目に飛ぶことができます。

1.会社名(商号)を決める 1.1 会社名をかんがえる時に知っておきたい5Iルール 1.2 会社名をかんがえる時に参考になる記事のリンク 1.3 会社名をかんがえる時に守らなければいけない4つの決まり事 1.4 会社名を決める時の判断基準2つ 2 事業目的を決める 2.1 事業目的とは? 2.2 事業の目的を決めよう 3 本店所在地を決める 3.1 本店所在地とは? 3.2 本店所在地を決める時に注意すべき2つのポイント 3.3 本店所在地の書き方2パターン 4 資本金の額を決める 4.1 どれだけ必要?資本金の適切な額とは 4.2 資本金を決めるときの注意事項2つ 5 資本金(株主/出資者)を集める 5.1 会社設立時の資本金を誰が出すか? 5.2 発起設立(一般的な株式会社と全ての合同会社) 5.3 募集設立(特殊な場合の会社設立) 6 機関設計 6.1 機関設計とは? 6.2 株式会社の機関設計 6.3 合同会社の機関設計 7 事業年度を決める 7.1 節税に効果的な事業年度の決め方 7.2 消費税免除期間を基準に事業年度を決める方法 8 会社の印鑑をつくる 8.1 会社の運営に必要な印鑑は4種類 8.2 会社用印鑑のおすすめネットショップ 9 個人の印鑑証明書を用意する 9.1 印鑑の登録方法と印鑑証明書の取得方法 9.2 印鑑証明書は2通取得しておこう 10 設立費用を用意する   10.1 会社設立に最低限必要な額とは 10.2 手続きを行政書士や司法書士に依頼する場合の費用

1 会社名(商号)を決める1.1 会社名を考える時に知っておきたい5Iルール

会社名の決定は、創業者に与えられた特権です。それだけに、会社を設立するときに最も悩むポイントですよね。そこで、会社名をかんがえる時には『5I(ファイブアイ)ルール』というネーミングのルールを参考にしてみましょう。

5Iルールとは? Impact:一目で覚えられるようなインパクトがあり Interest:興味を持たれやすく Information:いろいろな情報がこめられており Impression:初めて聞いた人の記憶に残り Idea:それらを含め優れたアイデアがあること

これらのルールを満たした会社名をかんがえるのは決して簡単なことではありませんよね。そこで、実際の会社名を参考にしてみるのもオススメです。

1.2 会社名を考える時に参考になる記事のリンク

以下のリンクは会社名をかんがえる時に参考になると思います。

さまざまな会社名がありますが、会社名を考えるさいは最低限の決まり事を守る必要があります。次に、それらの決まり事を抑えておきましょう。

1.3 会社名を考えるときに守らなければいけない4つの決まり事

今までは会社名として使用可能な文字には、とても厳しい規制がありました。しかし、今では、登記法が改正されて、多彩な社名を作ることができるようになっています。それでも守らなければいけない最低限の決まり事はあります。

 会社名のどこかに必ず「株式会社」という文字をいれる
 : 一般的には会社名の前から後ろにしますが、真ん中に入れても構いません。  記号やアルファベット、数字もつかえる: 記号は「&」「‘」「,」「-」「.」「・」を使うことができます。 「○○事業部」など会社の一部門を示す文字はつかえない: 例えば、銀行業でもないのに「銀行」という文字を使用したりするなど混乱をまねくような文字は法律上、使用が禁止されています。  NTTなど実績のある有名企業の名前を使うことはできない: 上記と同じ理由で、見た人の誤認をまねくような会社�

Source: http://setsuritsu.ii-support.jp/

別れさせ屋