三鷹市 決算書 行政書士 金融検査マニュアル別冊 定性評価項目

三鷹市 決算書 行政書士 金融検査マニュアル別冊 定性評価項目

会社 設立 マニュアル

格安で会社設立できるサポートサービスを徹底比較!

本サイトでは、東京での会社設立をサポートするサービスをランキングにまとめています。

重視したのは、【格安度(費用)/サービス特徴】。費用をわかりやすく数字で出している上、会社設立の複雑な手続きにかんしてもきちんと実績のあるサービスを集めています。東京での起業を考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

おススメは会社設立.com

東京での会社設立をサポートするサービスを比較した結果、会社設立.comを1位に選出しました。以下にその理由を説明します。

驚きの低価格で会社設立を実現

会社設立.comでまず注目したいのが、費用のリーズナブルさ。独力で会社設立を行った場合、最低でも以下の費用がかかります。

ところが会社設立.comに依頼すれば、13万9,980円での会社設立も可能!お祝い金の贈呈というかたちで、設立費用の削減に貢献してくれるのです。何かと物入りな会社設立に際し、これ以上ないサポートシステムですね。

会社設立.comの情報をより詳しく

親身なサービスにも定評アリ

会社設立.comは低価格だけでなく、事業主目線で親身に対応してくれると、評判です。

初回の無料相談は、電話やメールではなく、必ず面談を実施。手続きや資金繰りなど、さまざまな不安を抱えるユーザーの話をじっくりとヒアリングしてくれます。

その際はこれまでにサポートした会社事例を参考に、設立後のビジネス発展を視野に入れたコンサルティングも行ってくれるとか。

豊かな経験に裏打ちされたプロの目からのアドバイスは、ビジネス開始のモチベーションを、ぐっと引き上げてくれそうです。

所在地は新橋駅から徒歩5分と、アクセス至便。営業時間は平日の9~18時ですが、会社勤めを続けながら、事業開始を計画している人のために、時間外での対応も行ってくれるそうです。

設立後のサポートも充実

会社設立はあくまでスタート。設立後、どう発展させていくかが大切なのは、言うまでもありません。会社設立.comは、定款作成や登記手続きをサポートするだけでなく、設立後の財務・税務サポートもしっかり行ってくれます。

提携する複数の経験豊富な税理士を、ワンストップで紹介してくれるから、決算ギリギリになって記帳などの業務に忙殺されることもなく、業務に集中できます。

丁寧な提案と頼りがいのあるサポート、そして魅力の低料金と、3拍子揃ったサービスを提供する、会社設立.com。まずは1度、問い合せてみることをおススメします。

Source: http://www.e-gyoseishoshi.com/kaisha0b15.htm



動画を見ます 会社 設立 マニュアル

株式会社の設立手続きの概要

詳細について 会社 設立 マニュアル

 TOP > 株式会社設立マニュアル

その他の必要書類の作成その他の必要書類の作成<1>取締役が複数の場合

設立時取締役全員が集まり、代表取締役を決定します。

「代表取締役選任決議書」を作成します。 設立時の代表取締役を、設立時取締役の過半数の一致によって決議したことを証するものです。 ※設立時取締役の過半数によって、代表取締役を決定する文書です。 これは、発起人が行う仕事ではないので、定款で定めることは出来ません。 取締役全員によって、過半数で決定します。 この書面(決議書)には、商号(会社名)と出席した取締役全員の氏名を記名し、個人の印鑑(認印)で押印します。 ただし、代表取締役となる人は、実印で押印して下さい。

実印で押印することで、代表取締役の就任承諾書が省略出来ます。 ※法務局によっても、若干、取り扱いが違いますので、ご注意下さい。 この決議書の日付は、払込日以降の日付にします。 払込日や調査報告書の日付と同じ日付でも大丈夫です。

取締役全員の「就任承諾書」を作成します。 取締役に選任されたことを承諾する書面です。 取締役ひとりづつ、別々に1枚の就任承諾書を作成します。 発起人が取締役に選任された場合には、定款の記載を援用出来ます。 ※募集設立の場合で、創立総会議事録に取締役が就任を承諾した旨の  記載がなされている場合には、創立総会議事録の記載を援用するこ  とが出来ます。

<2>代表取締役、監査役、会計参与または会計監査人等を置いた場合

それぞれの役員の「就任承諾書」を作成します。 各々の役員が、選任されたことを承諾する書面です。 ※役員ひとりづつ、別々に1枚の就任承諾書を作成します。 ※募集設立の場合で、創立総会議事録に取締役が就任を承諾した旨の  記載がなされている場合には、創立総会議事録の記載を援用するこ  とが出来ます。

<3>現物出資がある場合

現物出資がある場合には、以下の書類を作成します。 調査報告書 現物出資がある場合には、設立時取締役が評価額が相当であるかの調査を行い、「調査報告書」を作成しなければなりません。 調査報告書には、商号(会社名)と取締役全員の氏名を記名し、個人の印鑑(認印)で押印します。 調査報告書の日付は払込日以降の日付にします。 払込日と同じ日付でも大丈夫です。 ただし、設立登記の申請は、調査が完了してから2週間以内にする必要がありますので、注意して下さい。

財産引継書 現物出資がある場合には、現物出資の給付がなされ、会社が引き継いだことを証明する「財産引継書」を作成します。

資本金の額の計上に関する証明書 会社法施行当時は、すべての会社に関して必要な書類でしたが、現在では、設立時の出資財産が現金のみの場合には不要となっています。

その他、場合によって、以下の書類が必要になります。 ○弁護士等の証明書     ※(現物出資が500万円以上の場合のみ) ○不動産鑑定評価書     ※(現物出資が不動産の場合のみ) ○有価証券の市場価格を証する書面     ※(現物出資が有価証券である場合のみ)

<4>募集設立の場合

発起設立でなく、募集設立によって設立する場合には、株式の割当を受けた株主による、創立総会を必ず行わなくてはいけません。 また、株式の申込みを行い、株式の割当を行わなければなりません。 そのため、募集株式申込証を作成する必要があります。

◎株式の申込みを証する書面 ◎創立総会議事録

会社設立手続マニュアルのトップページへ戻る

会社設立代行についての詳細はこちら

Source: http://www.compstup.net/

www.ac-sodan.info