1円株式会社に銀行口座の開設が難航!会社設立後では遅い起業会社相談

1円株式会社に銀行口座の開設が難航!会社設立後では遅い起業会社相談

1 円 会社 設立

皆さんは、株式会社や有限会社を資本金1円で設立できることをご存じですか。そういうと、そんなはずはない、最低でも、有限会社で300万円以上、株式会社だと1000万円以上の資本金を用意しないと設立できないことになっているはずだと思われるかもしれません。

 確かに、商法や有限会社法によって、株式会社では1000万円、有限会社では300万円の資本金が必要とされています。法がこのような最低資本金規制を設けているのは、もちろん理由があります。

 株式会社や有限会社が倒産した場合でも、社員(この「社員」というのは、日常使われているような従業員という意味ではなく、会社に対する出資者のことを言い、株式会社の場合は「株主」と呼びます。)は会社が負担していた債務を弁済する義務を負わないため(有限責任)、会社に対して融資をした金融機関や売掛債権を持っていた者(会社債権者)が、会社が倒産した場合のリスクを負担することになります。最低資本金規制は、会社を設立する時点で最低資本金以上の財産を保有させることにより、このような会社債権者のリスクを軽減することを目的としているわけです。 ところが、昨今の大型倒産事件から明らかなように、資本金の額が大きいからといって倒産しないと言うわけではありません。また、会社設立の時点で会社の保有する財産が多額であったとしても、その後の会社経営に失敗した場合には、倒産することになります。

 他方で、これから会社を設立して起業しようとする者のうち、必ずしも資金力・信用力が十分ではないサラリーマン・主婦・学生等にとっては、最低資本金規制は起業に向けての高いハードルとなっていました。そこで、やる気と能力のある中小・ベンチャー企業等の育成・発展を進め、我が国の経済活性化と雇用拡大を実現するため、平成14年秋の臨時国会において成立した中小企業挑戦支援法により、新事業創出促進法の一部を改正し、同法第2条第2項第3号の「創業者」であることについて経済産業大臣の確認を受けた者が株式会社・有限会社を設立する場合には、最低資本金規制を設立後5年間は適用除外とする特例を設けました。

 その結果、確認を受けた創業者が設立する株式会社・有限会社の資本金は1円でもよいことになったわけです。この特例は平成20年3月31日までの時限措置です。

 以下、最低資本金規制の特例のポイントを説明します。

 この特例の適用を受け得る主体は、同法第2条第2項第3号の「創業者」であることについて経済産業大臣の確認を受けた者でなければなりません。この「創業者」とは、事業を営んでいない個人であって、2ヶ月以内に新たに会社を設立してその会社を通じて事業を開始する具体的な計画を有する者を言います。個人事業主、法人の代表権のある役員は、事業を営んでいない個人から除外されます。

 なお、この特例によって設立された会社は「確認有限会社」「確認株式会社」と言います。ただし、名刺やパンフレットに「確認」と入れる必要はありません。

【5年以内に最低資本金額まで増加】

この特例は、会社設立の日から5年間のみの適用となります。したがって、設立後5年以内に有限会社で300万円、株式会社で1000万円まで資本金を増やす必要があります。

 もし、5年以内に最低資本金まで増やすことができなかった場合、合名会社、合資会社(有限会社)に組織変更するか、解散するしかありません。

 配当はできます。ただし、通常であれば、営業年度末の純資産額から「資本の額」や資本準備金等を控除して配当可能利益を算出するところ、「資本の額」(例えば1円)に代えて最低資本金額(300万円もしくは1000万円)を控除することとしています。これも、最低資本金規制を5年間免除することの代償措置として、会社債権者の保護のために認められたのです。

毎営業年度終了後3ヶ月以内に、経済産業局に「貸借対照表」「損益計算書」「利益処分案」を提出することが必要です。提出された貸借対照表は、経済産業局において公衆の縦覧に供されます。

Source: http://www.aiben.jp/page/library/chukei/c1505.html



動画を見ます 1 円 会社 設立

1円株式会社に銀行口座の開設が難航!会社設立後では遅い起業会社相談

詳細について 1 円 会社 設立

当サイトを訪問していただきありがとうございます。

「会社設立の手続と補助金制度情報」では資本金1円で株式会社を設立する方法と設立後の補助金、助成金についての情報を掲載しているサイトです。

資本金制限の緩和によって、個人事業または独立を志す人達が増えてきています。 そのような方達のお役たてれば嬉しいです。

朗報:平成17年6月29日公布、平成18年5月1日施行の『新会社法』によって、最低資本金規制が撤廃されました。施行後は1円からでも株式会社を設立できますので、最低資本金規制特例制度を利用した確認会社は廃止されます。 確認会社として設立した場合も、設立後5年以内に増資する義務もなくなりました。ただし、「解散事由の定め」を削除する登記が必要になります。

Source: http://establish-company.com/

パンチラ