【買取再販のリノベーションやリフォーム費用の原価算出方法】★不動産会社の為のリフォーム戦略

【買取再販のリノベーションやリフォーム費用の原価算出方法】★不動産会社の為のリフォーム戦略

不動産 会社 設立 費用

なぜこんな安い費用でできるのか?

このような低価格で会社設立の手続をお任せできるのには理由があります。

不動産会社を設立する方だけにこのサービスを限定しているからです。 当事務所では、会社設立後、不動産会社を営む方と、 よいビジネスパートナーとしての関係を築ければと考えています。 不動産登記など当事務所のサービスをいくもの不動産会社の方に ご利用いただいています。 電子定款を利用するからです。 当事務所では「定款を紙ではなく、電子書面(PDF)で作ります。 紙で作られた定款だと、4万円分の収入印紙を貼る必要がありますが、 電子定款(電子書面で作ったもの)の場合、 収入印紙代が無料になるのです! ※定款とは、会社設立に必要な書類で、会社を運営する上での決まりごとなどをまとめたものです。 ※お客様が自分で電子定款を作ることもできますが、電子定款を造るには、初期費用が約4万円かかります。結局安くなる収入印紙代4万円は消えてしまいます。 会社設立の申請をオンラインで行うからです。 オンラインで手続すると、税金(登録免許税が5千円安くなります。)

不動産会社専門の会社設立アドバイザーです。

はじめまして、私、不動産会社設立アドバイザー/司法書士法人アミーズ横浜事務所の 司法書士佐藤健太郎といいます。

会社設立の費用を少しでも安く抑えてもらいたい。 この想いから不動産会社設立限定サービスを始めました。

といいますのも、不動産会社は宅建業の免許申請に200万円弱もかかります。 免許申請には1〜2ヶ月かかり、この間業務はできません。 売り上げを作ることができず、大変なこともあると感じるからです。

不動産会社設立を司法書士に任せると・・・

時間を節約し、あなたは、事業の準備に専念できます。 (手続は司法書士が行うので) 会社を作るのに必要な書類の作成を、司法書士に任せられます。 法律的に正しい内容で手続がすすみます。 わからないことだらけで、役場で質問しまくる、といった機会がなくなります。 法務局、公証役場などを、たらい回しになることがなくなります。

不動産会社設立後、司法書士には、こんなことを任せられます。

不動産売買を仲介したときの不動産登記 賃料未払いが発生したときの対応や相談 借主が賃貸の店舗を又貸しし、トラブルに発展したときの解決 店子が出て行かないときの対応 敷金や更新料の返還についてのトラブル対応

司法書士法人アミーズ横浜事務所の特長

会社設立までがスピーディ 通常は、定款の内容が決まってから会社設立の申請まで、 20日前後かかることも珍しくありません。 当事務所では定款の内容決定後、 14営業日以内に会社設立の登記申請を行います。 早くビジネスをはじめたい方によろこんでいただいています。 万が一、 期間をすぎて会社設立がされた場合、 司法書士報酬の全額を返金しています。 返金保証あり 会社をつくろう!そう決めたら、少しでも早く会社を設立したいものではないでしょうか?当事務所では会社設立の依頼時に、お客様と設立予定日を決め、その日に手続が間に合わなかった場合、手続費用を全額返金しております。間に合わなかった理由は一切問いません! 明朗な価格とサービス内容 手続きの費用を、 ↓のように不透明にしている事務所が多くあります。 「費用○○万円〜」、「実費・消費税は別途」など・・。 また、行政書士の中には、 「司法書士に会社設立を依頼するのとちがい、 お客さまが法務局にいかないといけない」 といった、 お客様に不利益な会社設立のサービスの内容を、 伏せている行政書士もあります。

横浜・東京の会社に限り、次のサービスをご利用できます。

会社の設立日を指定(1万円相当) オンラインで会社設立を申請(5千円税金が安くなります。) 登記事項証明所の取得手数料が無料(1,000円相当) 印鑑証明書の取得手数料が無料(1,000円相当)

申し込みや相談を今すぐにでもご利用どうぞ。

不動産会社では、時期によって売り上げに波があることがあります。 3月、9月の決算期、2〜3月の引越しシーズンなどです。 会社設立のタイミングをまちがうと、 稼ぐことができた売り上げをみすみす逃してしまうことにもなりかねません。 だからこそ、 信頼して相談できる会社設立のプロを選び、会社設立への一歩を踏み出してください。

すると、会社をつくったその日から、 すでに同業他社より頭ひとつ抜きん出ているはずです。

次の2つの方法をご利用できます。 1 フリーダイヤルで 2 申込み・無料相談利用フォームで(↓にあります)

(安心ください。クリックしただけでは申込みページに移動するだけです。)

通話料無料のフリーダイヤル 24時間受付中です。 (携帯電話からもつながります。)

当事務所では、不動産会社を始める方と会社設立について連絡を取り合い、 司法書士がきちんと考えた上で定款(会社のきまりごと)を作っています。 当事務所の司法書士の人数の関係上、 不動産会社設立の申込みは毎月5社限定としております。 ご相談は、1日限定1組までとさせていただいています お早めに準備をすすめたい方は、今すぐご連絡をどうぞ!

(安心ください。クリックしただけでは無料相談ページに移動するだけです。)

Source: http://www.fudosan-trade.net/business/company.html



動画を見ます 不動産 会社 設立 費用

【買取再販のリノベーションやリフォーム費用の原価算出方法】★不動産会社の為のリフォーム戦略

詳細について 不動産 会社 設立 費用

不動産会社を始めるとき、まずは本拠地となる場所をどこに構えるのか、決めなければいけませんね。これから成功するかどうか。とても大切な決定事項です。

不動産会社を大きく分ければ、1・従来通りの売買・賃貸の仲介業務と相続・事業承継対策や2・不動産流動化などのコンサルティング業務に分けることができます。

1のような業務エンドユーザーを顧客とするなら、人通りが多いところで店舗を構えるのがよいでしょう。2のような業務で特定の人しか来客の予定がなく、事務作業だけこなせればよい、ということであれば、あまりロケーションにこだわる必要はありません。

ただ、宅地建物取引業免許を取得する関係で注意しなくてはならないことがあります。

自宅の一部を利用して事務所にすることも可能ですが、事務所専用の出入口を設けなければなりません。自宅と事務所の出入口を兼ねることはできないのです。

私は、当初、マンションでの開業を考えていて、どうしても出入口はひとしかなく、それでも申請しましたが、やはり県の指導係り(?)に怒られました・・・汗

自宅に限らず、法人の事務所の一角を事務所とする場合においても、出入口は別々に設ける必要があります。

会社の基本事項の決定

同一商号調査と事業目的の確認 同一商号の調査が終わったら、会社印を作成します。

ビジネスを行う際に個人としてやっていくのか、会社としてやっていくのか、の選択があります。

不動産を扱うのであれば、迷うことなく会社にすべきです。

なんといっても社会的信用が違います。ましてや不動産という高額な商品を取り扱うのであればなおさら、です。

新会社法によって、株式会社設立手続きは簡素化されました。

不動産会社の名前で注意しなければならないこと

○○住宅センター、○○流通センター、○○協会といった名称は避けること

定款の事業目的に必ず入れなければならないこと

「不動産の売買」「不動産の売買の仲介」「不動産の賃貸の仲介」など宅地建物取引業を営むことの記載が必要。

これは宅建免許を申請するときの関係で必要になります。

宅地建物取引主任者とは、、宅地建物取引主任者資格試験に合格後、取引主任者資格登録を行い、取引主任者証の交付を受けている者のことです。有効期間は5年間です。

不動産を業として行うには、営業を行う事務所ごとに一定数の取引主任者の設置を義務づけています。

業務に従事する者の5名に1名以上の専任の取引主任者が義務付けられています。6名ならば2名の専任の取引主任者が必要です。

5名の会社が、人を増やして6名体制にしようとしたとき、専任の取引主任者は2名必要となるので、取引主任者を採用するか、今いる取引主任者でないものが頑張って試験に合格するか、しなければならず、あわてて試験勉強をしたりすることもしばしば・・・

また、専任の取引主任者が退職などで不足してしまった場合、2週間以内に補充しなければならないなどの措置をしなければならず、いずれにしても不動産業を営むのであれば、取引主任者はできるだけいたほうがよい、ということになります。

宅建業法では宅建業者とは、次のように定義しています。

「業として行う」というのがポイントです。

誰が見ても不動産業をしているとみることができれば宅建免許が必要、ということになります。

免許申請の大まかな流れ

書類の作成 免許申請 審査(欠格事由の審査及び事務所審査等) 免許(ハガキによる通知) 営業保証金の供託 届出 免許証交付 営業開始

免許申請(法人の場合)の必要書類

必要書類は正本1部・副本1部を作成します。

営業保証金について

営業保証金を供託するか、保証協会へ加入するか、しなければ業務をスタートすることはできません。

この金額の差から見てもお分かりのように、保証協会に加入するのが一般的です。

ただ、保証協会への加入手続きには時間がかかります。計画的に準備しましょう。

(社)全国宅地建物取引業保証協会(ハトのマ―ク)と(社)不動産保証協会(ウサギのマーク)です。

アスベスト、耐震問題、土壌汚染対策法・・・。

それぞれの詳細については、他のページに譲るとします(詳細ページを今後作成する予定です)。

アスベスト、耐震問題、土壌汚染対策法・・・。これらの問題、だれがこの「ツケ」を払うのか、が問題になりますね。

不動産取引は、その「ツケ」を誰が払うのかを決める絶好の契機となるのです。

だれが、「ババ」をひくのか、それが不動産取引というゲームであるともいえます。

だからこそ、取引に際しては十分で徹底したリスク管理が求められるのです。

単にリスクが、財産的なものだけであるならば、価格面を低くすることでリスクを吸収し、解決することができるでしょう。

しかし、それが人の命に係ることであったら、それは単純にお金では解決できません。

人それぞれが異なった捉え方をします。不動産取引では取引の相手方がリスクの本質がわかるように情報提供を行うことが重要です。

具体的には、相手方の視点を取り込むということです。

「業者への指導監督を求めるとともに、法改正によって規制強化が図られたので積極的に取締りを行うこと」

土地の投機的取引が目立つようになってきて、悪質な宅建業者が暗躍してきた背景のなか、宅建業法を活用して検挙して処罰しよう、ということですね。

そのため、取締りを容易に行うことができるように宅建業法は改正を繰り返してきています。

宅建業者の責任義務を明確な証拠とするため、記録しておくべきものとして、『重要事項説明』(法35条)と『事実不告知・不実告知の禁止』(法47条)があります(『事実不告知・不実告知の禁止』は法35条より広く捉える必要があります)。

重要事項説明書に記載されていない事実は、宅建業者が説明していないとみなされてしまうこともあります。これは、重要事項説明書に記載していないというだけで行政処分できるということを意味しています。

リスクを回避するために何より大事なこと、それは、必ず書面で説明した事実について記録しておくことです。

このことから、宅建業法は、取締りを目的とする性質を持つと同時に、情報開示を目的とする性質を持っていることがわかりますね。

Source: http://xn--gmqq1kvyecuro2gca.com/setsuritsu/

www.coop-menkyo.jp