認定NPO法人について ① 認定NPO法人の概要 メリット・デメリット

認定NPO法人について ① 認定NPO法人の概要 メリット・デメリット

Npo 法人 設立 費用

あなたはこんなことでお悩みではありませんか?

もし一つでも当てはまるなら、お気軽にご相談してください。 丁寧に、分かりやすく対応いたします。

ご注意下さい!設立よりも設立後のことを考えないとすぐに解散となってしまいます

早く安くNPO法人を作りたいと思っている方が多いですが、それだけではせっかく作ってもすぐに活動できなくなってしまいます。

実は、NPO法人は設立することより運営していくことの方が難しい重要しです。 実際に解散しているNPO法人や事実上休眠のNPO法人が多いです。

毎年100万円単位で代表者がお金を出さないと、運営ができなくなっているNPO法人もあります。 数字 数十万~数百万

せっかくNPO法人作っても、運営がたちいかなくなり、代表者の自己資金を投入し続けているNPO法人が多くあるのです。

その結果、それも長く続かずに解散や休眠をせざるを得ないNPO法人がたくさんあります。

安く早く設立することではなく、設立してからの運営に関する費用や方法について考え長く活動していくことが重要です。

では、失敗しないNPO法人設立のコツはなにかと言いますと・・・

NPO法人設立で失敗しないためのコツとは?

多くの行政書士事務所がNPO法人設立のサービスを行っております。 しかしどこに頼んでも「値段以外は同じ」というわけではありません。

現にNPO法人は全体の数としては増えてはいますが、解散している法人も多いです。 解散していなくても実際に活動していない法人も多くあります。

解散や実質的に解散してしまったNPO法人の多くの原因が運営資金が少なかったことによります。

財政規模も無回答の法人を除くと45%のNPO法人が30万円以下の財産規模で活動していますので、資金的に余裕をもって活動している法人は少ないと言えるでしょう。 (参照:内閣府NPO資料)

もちろん団体としての資金が少ないから長く活動できないということではありませんが、

と考えてしまうのは大きな間違いです。

設立費用だけでなく運営にかかる費用を考えないとすぐに立ちいかなくなってしまいます。

NPO法人の「設立」だけでなく「運営」を見据えて設立することが重要です。

当事務所は「設立して終わり」ではなく、長期に活動していっていただけるように、 ・運営のサポート・アドバイス ・毎年の事業報告書の提出 ・助成金の申請 ・税務申告が必要になった時の対応(信頼できる税理士の紹介、社労士などの紹介) も行っています。

NPO法人の設立・運営をお考えなら、ぜひ一度ご相談下さい。

当事務所の5つの強み(1)設立して終わり・・・ではない!設立後の運営サポートもお任せ下さい

役所への手続だけでなく運営に必要な資金の確保のアドバイス、経理の方法などの運営のアドバイス・サポートをします。

活動に専念できるように毎年の事業報告書、役員を変更した場合の手続、などもサポートします。

(2)面倒な手続きはすべてお任せ!丸投げも可能!

などなど、NPO法人の運営だけに全ての時間、労力を割きたい場合には全部お任せ顧問プランで全てをお任せいただくことも可能です。

(3)200万円の助成金を得られた実績あり!助成金の申請もお任せ下さい!

助成金だけに頼る運営方法は非常に危険です。 いつその助成金が受給できなくなるか分からないためです。 しかし助成金は基本的に返さなくてもいいお金なので、NPO法人にとっては重要な資金源になります。 NPO法人だから助成金をもらえるのではなく、「そのNPO法人の支給要件に合った助成金」をまずは探すことが重要です。 そういった情報を定期的にお知らせすることができます。 実績書く 数字を使う

(4)代表自身がNPOの役員にもなっています!運営のポイントも熟知しています

当事務所の代表の荒川自身もNPOの役員をしています。 役所の手続だけではなく、そのNPOのPR活動もしています。

そのためNPO法人がどんな悩みがあるのか?どのような手続きでお困りなのかがよくわかります。 設立段階でも抑えておきたいポイント、後々やっておけばよかったポイントなどをお伝えすることができます。

(5)安心の初回出張無料相談!(期間限定)

まず、NPO法人は設立だけが重要ではないことを知ってもらうために、初回出張無料相談をしています。 ご相談いただいたときは、設立に関するご相談はもちろんですが、運営方法のアドバイス、長く運営し続けている法人の特徴とすぐに解散してしまった法人の違いなども説明させていただきます。

横浜市内は交通費も無料です。 ※ 横浜市外でご相談の場合は、交通費のみ実費をいただきます。

NPO法人の設立・運営に関してじっくり話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡下さい。

NPO法人設立の料金表

Source: http://npohoujin-setsuritsu.com/hiyou.html



動画を見ます npo 法人 設立 費用

認定NPO法人について ① 認定NPO法人の概要 メリット・デメリット

詳細について npo 法人 設立 費用

NPO法人設立に必要な費用

NPO法人の設立では、株式会社などの設立時に必要な資本金や登録免許税、定款認証手数料などの費用は不要です。 なお、申請を行う場合に必要な書類のうちで、役員人数分の住民票準備に手数料が必要となります。

さらに、登記を行う場合、法人印(設立登記申請時に使用)を作成しておく必要があります。

NPO法人の設立登記完了後に、登記簿謄本(履歴事項全部証明書)を取得する場合は、1通につき1,000円必要となります。

また、法人名義で銀行口座を開設する際には登記簿謄本(履歴事項全部証明書)や会社の印鑑証明(1通500円)が必要になる場合があります。

NPO法人設立代行に必要な費用

NPO法人の設立には 事務所が事務所が単一政令指定都市内のみの場合の政令指定都市長による認証と、 単一都道府県内のみの場合の都道府県知事認証と、複数都道府県に事務所を設置する場合の主たる事務所が置かれる都道府県知事認証の3種類があります。 当社では、どちらの認証でも、費用は200,000円(税別)から承っております。

※案件の難易度等に応じて、事前にお見積もりいたします。詳しくはお問い合わせください。

お気軽に下記の電話番号までご連絡下さい(無料相談)。

Source: http://npo-houjin-setsuritsu.com/

パンチラ