脱サラ4ヶ月目で会社設立した後のビジョン 〜ネットビジネスが良い点〜

脱サラ4ヶ月目で会社設立した後のビジョン 〜ネットビジネスが良い点〜

インターネット 会社 設立

インターネットに よる通信販売は、比較的手軽にはじめられるビジネスとして、起業する場合に選択されることが多いものです。では、通信販売をはじめるにあたってはどのよう なことに注意すればよいのでしょうか。今回はこの問題を考えてみます。

1.通信販売とは

 通信販売とは、郵便などにより申し込みを受けて、商品やサービスの提供を行うものです。一般的に、通信販売と聞いてイメージされるのはカタログや チラシによるものだと思いますが、最近ではインターネットによる通信販売も相当増えています。

 通信販売は、消費者から購入の申し込みを受けた通販事業者が、その後にメーカーに発注する形態をとることも可能です。この場合、通販事業者が在庫 リスクを抱えなくて済みます。また、店舗を必要としないために、起業にあたっての初期投資費用が少なくて済むというメリットもあります。このようなリスク の少なさから、新たに事業をはじめる人にとっては魅力的な選択肢であるといえるでしょう。

2.適用される法律

 それでは、通信販売をはじめるにあたっては、どのような法律の規制を受けるのでしょうか。まず、通信販売特有の法律として重要なのは「特定商取引 に関する法律」(「特商法」といわれます)です。この法律は、通信販売という販売手段の特性を考えると消費者保護の要請が大きいことから、通信販売につい ての規制を設けています。ここでは、通信販売の広告において記載しなければならない事項が具体的に定められ、また、誇大広告や消費者の意に反するような契 約の締結を禁止しています。これらの特商法上の規制に違反した場合には、行政庁による指導の対象となったり、重大なものについては業務停止処分を受けたり する可能性があります。

 また、景品表示法や消費者契約法にも注意が必要です。景品表示法は、提供される景品の上限規制を設け、また商品表示の適正を目指すものです。消費 者契約法は、消費者にとって一方的に不利となる契約条項を無効とし、消費者の保護を図るものです。なお、一定期間は契約の取り消しができるとするクーリン グオフ(返品)の制度については、通信販売においては法律上求められていませんが、実際には一定期間の返品を認める事業者が多くあります。そこで、自社で はどのように対応するかを考えておく必要があります。

このほか、インターネットによる通信販売では、電子消費者契約法が適用されます。インターネットの場合、操作間違いによる誤発注が起こりやすいた め、事業者が消費者に対して注文の意思を確認するようなシステムの構築が求められます。

 これらの法律のほかにも、取得した個人情報の量(5000人分以上)によっては個人情報保護法の適用を受けることになります。また、扱う商品(特 に医薬品やお酒、中古品)によっては、各種の許認可が必要とされることがあります。

これからインターネット通信販売を行う場合、社団法人日本通信販売協会が作成している、通販ビジネスについてのガイドライン(http://www.jadma.org/01kyokai/05h-guideline.html) を参考にするとよいでしょう。

Source: http://www.1daykaisya.com/contents/costs.htm



動画を見ます インターネット 会社 設立

脱サラ4ヶ月目で会社設立した後のビジョン 〜ネットビジネスが良い点〜

詳細について インターネット 会社 設立

トップページ>会社を設立する際に必要な法定費用

株式会社を設立するためには、以下の法定費用・その他必要な実費があります。

  定款認証費用 定款認証料+紙代・・・約52,000円 定款に貼る印紙・・・4万円    電子定款で定款に貼る印紙代4万円が不要に! 1日 会社設立.comでは、電子定款認証に対応しております。 会社設立完全サポートをご依頼の場合は、法定費用(印紙代)のうち、定款認証に必要な4万円分の印紙が不要になります。ぜひご相談ください。   登記申請 登録免許税・・・株式会社15万円   その他必要な費用 該当者の印鑑証明書取得代・・・1通300円 印鑑セット・・・お店、材質によっても違いますが、代表者印・角印・銀行印の3本セットで1万5千円から3万円程度 会社の登記簿謄本(履歴事項全部証明書)取得・・・1通1,000円 会社の印鑑証明書・・・1通500円 ※設立後、各役所や金融機関、取引相手など、謄本の提出を求められるケースが多々あります。 3〜5部程度は取得しておくと良いでしょう。 ※印鑑証明書に関しては、1〜2通取得しておけばよいと思います。

以上が株式会社設立にかかる目安の費用です。

合同会社に必要な費用

合同会社を設立するためには、以下の法定費用・その他必要な実費があります。

  定款認証費用 定款に貼る印紙・・・4万円 ※合同会社は、定款認証が不要ですので、定款認証手数料はかかりません。ただし4万円分の印紙が必要になります。   登記申請 登録免許税・・・合同会社 6万円   その他必要な費用 該当者の印鑑証明書取得代・・・1通300円 印鑑セット・・・お店、材質によっても違いますが、代表者印・角印・銀行印の3本セットで1万5千円から3万円程度 会社の登記簿謄本(履歴事項全部証明書)取得・・・1通1,000円 会社の印鑑証明書・・・1通500円 ※設立後、各役所や金融機関、取引相手など、謄本の提出を求められるケースが多々あります。 3〜5部程度は取得しておくと良いでしょう。 ※印鑑証明書に関しては、1〜2通取得しておけばよいと思います。

以上が合同会社設立にかかる目安の費用です。

費用についてよくあるご質問上記のような会社設立前に使う費用は、設立後の会社の経費にできないのでしょうか?

通常開業前に開業のための支出は「開業費」として繰延資産に計上し、開業後任意償却にて経費化することができます。設立登記し、開業するまでは経費になりませんが、開業後は経費になります。

細かい事務用品等にかかった費用も同様ですので、きちんと領収書等を管理し、帳簿に記載しておきましょう。

開業費として認められるものは、以下のような費用です。

仕事用の物品の購入費 印鑑や名刺の作成費 業務案内や広告用チラシ等の作成費 調査費や資料代 接待費(相談者との飲食代等) 準備活動に要した交通費等

また、会社設立にかかった法定費用(登録免許税代や定款認証費用など)や、専門家に手続を依頼した際の会社設立に関する報酬なども経費になります。

  定款認証費用

   電子定款で定款に貼る印紙代4万円が不要に!

1日 会社設立.comでは、電子定款認証に対応しております。

会社設立完全サポートをご依頼の場合は、法定費用(印紙代)のうち、定款認証に必要な4万円分の印紙が不要になります。ぜひご相談ください。

  登記申請  その他必要な費用

※設立後、各役所や金融機関、取引相手など、謄本の提出を求められるケースが多々あります。 3〜5部程度は取得しておくと良いでしょう。

※印鑑証明書に関しては、1〜2通取得しておけばよいと思います。

Source: http://www.dreamgate.gr.jp/knowhow/legal/id=1501

合宿免許