【禁聞】中国で不良債権急増 処理会社が大儲け

【禁聞】中国で不良債権急増 処理会社が大儲け

中国 会社 設立

【禁聞】中国で不良債権急増 処理会社が大儲け

詳細について 中国 会社 設立



トップページ>日本企業が中国に進出するメリット

今まで、日本をはじめとする外資企業が中国に進出する・投資するというと、そのほとんどが安価で豊富な労働力を使って低コストの製品を生産し、本国に輸出する基地を確保するとことが主な目的でした。「世界の工場」と言われていました。

 しかし最近の中国の事情「労働者の賃金の上昇、元高の進行による輸出競争力の低下、輸出に対する優遇政策の撤廃など」を踏まえると、今までのように中国に工場を作り生産を行うメリットが少なくなってきております。

一方で、中国の人々の収入は年々増加し、特に、年収2万5000米ドル(300万円)を超える富裕層と呼ばれる人たちが100万人単位で増えていくことが今後、予想されています。このため、私たち日本人が得意とする「高品質・高付加価値 サービス、商品」「専門性の高いサービス」の市場やニーズが今後、急速に拡大していくことが見込まれております。

実際、日本ではごく当たり前に行われるサービスが中国には無いといったことはたくさんあり、まさにこれからがビジネスチャンスです。

上記のように、世界の工場から市場へと変わりつつある中国の今後はまさに、大きな工場が必要な大企業・メーカーだけでなく、様々なサービスを提供する日本の中小企業にとっても、ビジネスチャンスがあるでしょう。

中国 上海 会社設立・進出サポートセンターでは、これから中国に進出しようとされる日本の会社様・経営者様向けに上海への進出支援、上海での会社設立・設立後の会計・税務手続き等のサポートを行っております。

中国上海での会社設立手続き、中国市場進出を専門家がサポート致します。

中国(上海)進出を考えている日本の会社様、上海に会社設立を考えている経営者様など、上海で事業をスタートしたい方はお気軽にご相談ください。

〒101-0041 東京都千代田区神田須田町一丁目5番地 翔和須田町ビル6階 TEL:03-6680-0097 [email protected]

Source: http://shanghaikaisha.com/flow.html



トップページ>上海 会社設立までの流れ

(日本企業が全額出資する場合<独資の会社形態>で設立する場合の一般的なフロー)

上記のような流れで手続きを進めます。

※会社設立にかかる期間について

設立申請については、申請必要資料を準備後、申請手続きを開始してから関係機関の初期登記手続きが終了するまで、業種、地域により異なりますが、約3カ月(特殊認可を除く)は最低かかると思って頂いた方が良いかと思います。

法人設立に必要な書類

設立にあたっては、以下のような書類を準備します。

(日本企業が全額出資する場合<独資の会社>を設立する場合)

【出資者が用意するもの】【法定代表者が用意するもの】【董事・監事・総経理・副総経理・財務責任者・税務担当者が用意するもの】中国 上海進出を専門家がサポート致します。

中国 上海 会社設立・進出サポートセンターでは、上海に会社設立を考えている経営者様向けに、設立形態の選択に関するご相談から具体的な設立手続きまでサポートしております。

〒101-0041 東京都千代田区神田須田町一丁目5番地 翔和須田町ビル6階 TEL:03-6680-0097 [email protected]

Source: http://shanghaikaisha.com/

免許合宿